稼ぐ!2019札幌記念の陣営のジャッジはいかに!?フィエールマンやブラストワンピースの状態や穴馬は⁇

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

稼ぐ!2019札幌記念の陣営のジャッジはいかに!?フィエールマンやブラストワンピースの状態や穴馬は⁇

 

さぁ、札幌記念の予想に入ろうと思うが、めちゃ気になる天気はどうか⁇
というと、まぁ、今のところ晴れの予報☀️だ。
しかし、週中や前日土曜日に降る予報ではあるので、前日の馬場状態はよく見て予想しなければならない。
ということで、札幌記念に出走するメンバーの陣営のジャッジについて見ていこう。
フィエールマン
フィエールマンは台風の接近を考慮して16日に札幌入りする予定とのこと。
名畑助手は「輸送中はカイバを食べなくなるのですが、レース2日前の輸送は京都(天皇賞・春1着)の時と同じ。問題なくクリアしてくれると思う」とコメント。
これは、2日前の輸送は美浦から京都に移動した菊花賞、天皇賞・春の優勝時と同じパターン。
G1級のメンバー相手に必勝ルーティンで臨む。
またまた、名畑助手は「輸送をして1日たつと環境に慣れてカイバも食べる。追い切りは時計以上にハードな内容でした。エンジンがかかると、グッと沈んでいいフォームで走る。力は出せる仕上がりですよ」と好勝負を信じるコメント。
信じていいのか!?名畑くん!笑
嶋田騎手は「久しぶりに乗りましたが、しまいも余力がありました。状態の良かった天皇賞・春の感じ。力もついているし、背中もしっかりしていた。改めて、いい馬だと思いました」とコメント。
更に、「運動していても安定感があってしっかりしている。以前は角馬場でふざけるようなところもあったが、今はない。」とコメントもしている。
なかなか、成長を感じるコメント。
1週前追い切りにまたがったルメール騎手も「一番の目標はフランスだけど、まずはこのレース。春からパワーアップしているのを感じるし、絶対能力があるので勝つ自信はあります」と力を込めたコメント。
続けて、「(凱旋門賞への)トライアルレース。ちょうどいい。ステップレースで、これからコンディションが良くなりそう」と意欲を見せた。
雰囲気は良さそうだが、ルメールのコメントの判断が難しい。「勝つ自信があると言いつつ、ステップレースでこれからコンディション良くなりそう」って、どっちやねん!?笑
フランス人は、ころころ変わるかもな〜どうだろ。
だが、実力あって乗れてるルメールなので、確かに上位評価にはなるだろう。
札幌記念の後は1週間ほどノーザンファーム空港へ放牧に出し、そこから天栄に移動して輸出検疫を受けて9月上旬に出国し、イギリスのニューマーケットに滞在する予定で進めるとのこと。
この馬にはディープインパクトの後継種牡馬としての期待も高いし、そういう意味でも2400メートルの凱旋門賞で結果を出せるように頑張りたい。そのためにもまずは前哨戦のここで勝って日本の代表として行きたい、と陣営のコメント。
ちなみに、重馬場適応だが、「走りはキレイだけど、爪が立っていて蹄底が深いので道悪になっても問題ない。その点に関しても鞍上は大丈夫と言ってくれている。」と陣営のコメント。
まぁ、重い馬場の凱旋門賞に行くんだから、当然だよね?って話だが。
血統背景的に、母系に欧州の血が入ってるので、まぁ重い馬場は大丈夫だろう。
 
ブラストワンピース

目黒記念8着敗戦からの逆襲に向けて、乗り込みは入念。

小回り適性は未知数でも、週末の降雨予報や洋芝替わりはハービンジャー産駒の同馬にとっては歓迎材料になる。
岩藤助手は「体も脚元も問題なくきている。前走は時計の速い馬場を気にしていたのかな。馬は元気で、体調はすごくいい」とコメント。

レース前日に札幌へ移動する。

芝コース5ハロン64秒9-11秒3の好時計で1馬身先着。
川田騎手は「2週前(1日)も調教に乗せてもらいましたが、きょうの方がレースに向けて整った印象ですね。ここまで順調に歩を進められて、何よりだと思います」とコメント。
前走後は福島県・ノーザンファーム天栄でリフレッシュし、7月25日に函館入り。
陣営も「体がフィットしている。前走は絞るのに意識した調整だったので、いい傾向ですね」と笑みを浮かべた。
大竹調教師は「先週の重さも感じませんでしたし、しっかりやって時計も出ましたね。抜け出した後も伸びていました」と目を細めた。
更に、「時計をまとめてこれた。抜け出した後も伸びている」と合格点を与えた。
この中間は従来より、馬体重が6~7キロ絞れた状態を維持。このシェイプアップが反応良化を支えている。前走の目黒記念は高速馬場、59キロの重量もあって8着に終わったが、有馬記念優勝の実績は色あせない。「かなりフィットした感じ」と師。
ちなみに、有馬記念と同じように走れればかなり良い感じだと個人的に思う。川田騎手には、そういうイメージで乗って欲しいと思っている。
川田騎手とは今回初コンビ。

トップスピードに乗るまで時間がかかるブラストの特徴をつかむ意味もあり、これまで2回調教に騎乗した。「十分理解してくれたと思う」と大竹調教師が言えば、鞍上も「2週前と変化があった部分など、自分なりに感じることができました」と不安はない様子。

次に凱旋門賞挑戦を視野に入れているだけに、結果は喉から手が出るほど欲しいはず。
大竹師は、初の札幌芝2000メートルは「やってみないと分かりません」と未知数だが、「位置取りやコーナーの立ち回りが大事だと思う。克服してほしい」とコメント。
個人的に、有馬記念で走れたんだから、克服も何もないやろーって思うが、どうなんじゃろ⁇笑
まぁ、凱旋門賞の叩き台だから、川田騎手が勝ちに動くかどうかは未知数だが、前走負けてるし、今回ある程度掲示板以内くらいの結果は出さないと、なんか微妙な気がする。
しかも、騎手が池添騎手からの乗り替わりのため、これで大敗でもしようものなら、外人ジョッキーに乗り替わりになる可能性もゼロではないだろう。
そのため、川田騎手は本気ではないだろうが、そこそこ良いレース運びをしてくるだろう。
たぶん、中団で脚を溜めて、3コーナーから徐々に進出し、という競馬。
つまりは、「有馬記念と同じように乗ればいい」と思っている。頼むぞ川田騎手!笑
ワグネリアン
昨年の日本ダービー馬ワグネリアン。
14日、札幌競馬場で追い切りを行った。
福永騎手を背に、芝コース5ハロン69秒1-11秒7を馬なりでマーク。
心身両面で進化を見せており、大阪杯3着以来の実戦へ上々の仕上がりだ。
福永騎手は「(ディープインパクトから受け継いだ)弾力があるいい筋肉をしているけど、骨格はキングカメハメハに似ている。(全体的に)だんだんとキンカメっぽくなってきたと思う」とコメント。
更に、「栗東である程度負荷をかけてきたから、きょうは半マイルあたりからピッチを上げていった。いい体の使い方をしていたし、気が張っている面がありつつ、リラックスしているのもいい。体と息に心配はないよ」とも。
ここでタイム。ウエイト。
「体と息に心配はない」って、他に何の心配がおありで⁇笑
ダービー馬だぞ?大阪杯3着だぞ?
その実力あって、体と息に心配なかったら、相手関係が心配か?たしかに相手は強いけど、お前も十分強いぞ!?笑
と言いたい。頑張れ福永。あとは、あなたがちゃんとエスコートするのみぞよ。笑
負けたら、騎手のせいだって言ってるようなもんだからな。笑
福永騎手はここら辺で勘弁したろう。
次!!笑
友道調教師は、「大阪杯でもまだひ弱さがあって追い切り後の反動を気にしなければならなかったけれど、今はそんな感じがない。前走後もすぐに疲れが抜けて、適当なレースがあれば使えたくらい」と言い切る。
「きょうはジョッキーが乗ってもう少しテンションが上がると思ったけどね。1年間、落ち着きが出るように調教してきた成果もある」と手応えを明かした。
友道調教師のコメントが良いぞ。3着の大阪杯でまだひ弱さがあったけど、今回解消されたとあらば、良い状態じゃないかい。
福永くん、あとは君の腕前次第じゃよ笑

担当する藤本純助手「確かに今回、結果は欲しいですよね。洋芝、小回りコースがベストとは思いませんが、体のバランスが崩れていた前走の大阪杯(3着)とは違って、今回はゆがみもなく不安点はすべて解消されていますから」

なるほろ。舞台が合わない可能性ありということか。

福永くんごめんよ笑
負けたら、札幌の芝と小回りのせい。
いや、やっぱり違うわ。
ワグネリアンは母系がキンカメ入ってるから、こなすはずよ⁈
だから、負けたら福永くんの実力怪しいっことにするからな!笑
まぁ、とはいえ、今回は4か月半ぶりの実戦。
しかし、臨戦過程を見れば本気度は明白。
7月6日の初時計から始まり、栗東で長短9本の時計を坂路とウッドでマーク。

札幌入厩は10日前でも、栗東からの移動にノーザンファーム天栄(2泊3日)を挟み輸送リスクを回避する繊細さが、陣営の意気込みを示すかのようである。

友道調教師は、「初の札幌で最初はパドックも普通に歩けない感じだったけど、環境にもなじんできた。前走の反動がなかったのは成長しているということ。ここから始動して3戦くらい行けるかな」とコメント。

過程はかなり良いように見える。
だから、やっぱり、
福永だな笑
クロコスミア
個人的に、おもいっきり思い入れのあるクロコスミア。
なぜなら、昨年のエリザベス女王杯で、単勝30倍以上のクロコスミアがデキと展開等を基に◎評価し、爆発馬券を仕留めせてもらったからだ。
ちなみに、血統は荒れた馬場大好きなステイゴールド。
周りの馬が凱旋門、凱旋門ってうるさいけど、凱旋門賞2着の、あのオルフェーブルと同じ父だよ?
勝ちきれそうだったのに、気性の悪さがゴール直前に発生し、勝利目前にやられたあの凱旋門賞が懐かしい。日本中の競馬ファンがため息ものだったはず。笑
はい、個人的なつぶやき情報いらないですね。
進みやす。
北添助手は、「いつも動くけど、馬なりでこのラスト1ハロンの時計。良かったですね。完全にスイッチが入った感じ。力を出せる仕上がりだし、GIを使うときの雰囲気に近い」とデキの良さに太鼓判を押したコメント。
更に、「昨年の春から秋にかけて成長したし、今春にかけても成長した。昨年(8着)よりもいい。海外を含めていろいろな場所で競馬をしているし、経験値も高い馬ですから」とも。
更に更に、「例年の札幌滞在で馬は慣れたもの。先週時点で態勢は整っており、状態もすごくいいからレースが楽しみ」とも。
更に更に更に、「無理せず疲れが取れたところで使う予定でしたが、リラックスしていい雰囲気なのでここから始動する。前走(ヴィクトリアマイル=3着)で激しい競馬を経験したことが生きてくると思う。秋に向けて、いいスタートを切りたいね
このコメントだけ引っ掛かる。秋に向けてということは、ここは叩き台であるということ。だがしかし、状態が物凄く良いから、札幌記念使うよ!的な。
なんだよそれ、ジャッジ難しいじゃねえか笑
でも、札幌芝2000メートルを逃げて楽勝した実績があるクロコスミア。他に逃げそうな馬がほぼ見当たらないだけに、単騎で行けば侮れないと思う。
人気落ちするなら、積極的に狙いたい。
レース傾向的に、札幌記念は差しが優勢だが、よーく考えてみると、直前が短すぎるのよ。
つまり、直線で鬼脚発揮しても、ある程度の位置どりは必要だし、前に行く馬がそんなにいなければ展開利臨めて、良いんじゃないか?って思う。
それこそ、エリザベス女王杯のときのような再現があるかもしれない。
まぁ、相手が強いからそう簡単にも行かないだろうが、なくはないだろう。
個人的に狙うのおもしろいな〜って思ってる。
サングレーザー
最終追い切り:札幌競馬場。

芝6ハロンから上がり重点の単走追い。道中はリラックスさせて直線で右ムチ2発。11・5秒の好反応でフィニッシュした(83・1―38・5秒)。

浅見助手は、「昨年と同じパターンで調整して仕上がりは順調。馬群を割ってこれる馬だし、力のいる馬場ならさらにいい」とコメント。
川上助手は、「先週までは少し重めだったけど、ちょうど良くなるはず。相手は昨年よりさらに強くなりますが、洋芝は合うし、滞在競馬もいいので」。
GIIに昇格して以降、97&98年のエアグルーヴ以来2頭目の連覇を狙う。
昨年の覇者サングレーザーは、札幌で3戦3勝とパーフェクト
洋芝適性が高いのはもちろんだけど、滞在競馬が合っている。

しっかりと追い切りで攻め切っているのもいい。

去年は逃げ馬が複数いて前半3Fが34秒4。
展開に恵まれた面があったような気がする。
今年は人気どころが差しで先行勢が手薄。
となると、意外と難しい闘いになることが予想される。
でも、舞台はピッタリだから、要注意。
ペルシアンナイト
川合助手は、「当初は環境が変わって馬っ気ばかり出していたが、徐々に落ち着いてきた。(14日の)追い切りはミルコ(デムーロ)に乗ってもらい、本馬場で洋芝の走りを確かめてもらう。今回はブリンカーを装着する予定だし、集中してスムーズな競馬ができれば」とコメント。
Mデムーロ騎手は「ブリンカーを着けて乗ったのは初だったが、いい感じ」と。
待て待て。初ブリンカー出てきた!笑
これは変わり身あるかも分からん。
いつもは、「叩き台惨敗後の次戦は本気ペルシアン」と呼ばれるくらい(いや、呼ばれてないな笑)叩き台は適当に走ってたが、これがブリンカーによってもしかすると、本気ペルシアンにならないとも限らないかもしれない。
むむっ。しかも、ハービンジャー産駒だから、洋芝は合うだろう。こわいな〜と。
武豊ロジクライに窮屈にされた安田記念10着後、放牧を挟んだが、レースの1カ月以上前に帰厩して入念に調整されている。
齊藤助手は、「牧場から乗り込んできたから、休み明けという感じはない。先週までは暑かったけど、涼しくなって馬もシャキッとしてきた」と。
前走はスタート直後に致命的な不利を受けただけに「リズム良く走れれば」とスムーズな競馬を願う。
いや、それにしても、ひどすぎる不利を受けたね。
レースパトロール見たけど、ダノンプレミアムはあれで終了だったね。中内田さんもガックリ。
川合助手は、「調教ではしっかりと反応を示してくれているし動きもいい。まだ(調教後は)ハアハア言っているので、あとは息の部分ができてくれば」と好感触を伝えた。
んっ⁇待て待て。
調教後に「ハアハア」だと⁇⁇⁇
全然走れてねえじゃねーかよ!!笑
いくら、ブリンカーという凄い武器手に入れたかもしれねえけど、武器使う体力なきゃ、掲示板にすらのんねえかもしれんぞ⁇おいおい!!
やっぱりペルシアン、お前は叩き台惨敗後の本気ペルシアンで変わりはなさそうじゃないかよ!!笑
まぁ、スローペースのヨーイドン勝負になれば、ナタのキレ脚&ブリンカー発揮で突っ込んでくるかもしれんが、どうだろ。
ステイフーリッシュ
矢作調教師は、「滞在で体重も安定しているし、追走する形でしっかりやった。京都新聞杯を勝ったときのように、積極的な競馬をして4コーナー先頭のイメージで」とコメント。
更に、「大きくは変わっていない。ゲートを出るようになったので、いい位置で競馬ができれば。 」とも。
更に更に、「上積みはないけど状態は維持。この相手に力勝負では分が悪いので、4角先頭くらいの積極策で挑みたい」と。
更に更に更に、「状態面に大きな変動はない。精神面が以前よりずいぶん良くなった。ゲートをスッと出て、いい位置につけられるようになった。今回はチャレンジャーの立場。積極策でいきたい」と好位戦をイメージしているコメント。
藤田助手は「3週間ほど放牧に出すいつもの調整パターン。馬の雰囲気は前回よりもいいね。前走は同厩のドレッドノータス(4着)が前にいたので少し動きづらい展開。脚を余した感じだった。今回は行く馬がいなければ逃げてもいいくらい。一瞬の脚はないが、長くいい脚を使える、この馬の持ち味を生かせるようなら」
今回は、前目で運び、あわよくばハナをきっても良いくらいの様子。でもまあ、番手くらいで落ち着くかな。
ランフォザローゼス
藤岡佑騎手は、「反応や動きや状態は問題ない。順調にきているし、とにかく乗りやすい馬だと思う」とコメント。
藤沢和師は、「いい雰囲気。血統的にはこれから良くなる馬だけど現時点でどこまでやれるか楽しみ。」とコメント。
ん〜今回は力量を測るものさしとしてのレースとして考えてるみたいだから、勝負度合いはかなり低そう。
今回の強い相手の中で、自分の立ち位置をしっかり見据えて、今後に生かす的な感じではないか。
クルーガー
「2000メートルも合っていたんだろうし、いろいろとかみ合った。帰ってきてからの中間の動きはキビキビしているし体調もだいぶ良さそうですよ」と陣営。
G1馬ショウナンパンドラも手掛けた高野師が、早い時期から「どうにか種牡馬入りさせたい。それだけのポテンシャルがある」と言ってきた素質馬。

次戦はコックスプレート(G1、芝2040メートル、10月26日=豪ムーニーバレー)の予定。

松井助手は、「動きがキビキビして体調も見た目もだいぶいい。先週で544キロ。洋芝適性もあるし乗っていて自由自在で掛かるところがない」と好気配を伝える。

弾むように6ハロン80秒5-11秒5をマーク。
丸山騎手は、「イメージ通り乗りやすかったし、自在性がありそう。気が入っていて反応も良かった。いい動きでしたよ」とコメント。
松井助手は、「豪州遠征のダメージもなかったし、馬体もふっくらと見せている。札幌滞在は3歳時に経験済みだし、器用な脚を使えるので小回りもいいはず」とコメント。
次戦が本番だから取捨が難しいが、状態は良いだろう。オーストラリアで走れてるのだから、洋芝も合うだろう。
ロードヴァンドール
昆調教師は「ハナのほうが粘り強さが増す。雨は降れば降るほどいい」とコメント。
更に、「そこまで馬は変わっていない。ここが目標なので使っている強みを生かしたい。」とも。
クロコスミアと潰し合いになれば差し馬有利、お互い思いやりと優しさの譲り合いなら前残り。笑
さぁ、どっちだろう〜どっちだろう〜♬笑
エイシンティンクル
杉山助手は、「今回もテンションを上げないことを主眼に置いた調整。時計になったのはラスト1ハロン(14・3秒)だけですが、ゴール過ぎも速いスピードで行ってますからね。普段は長めを丹念に乗ってきたし、馬体も含めてデキをキープしています。出遅れても脚を使った前走は収穫ですが、理想はハナ。ポンと行ってマイぺースで運べれば」
上村師は、「あまり時計を出すとテンションが上がるので、いつも通り軽めの調整だが、動きは良かった。ハナにこだわらなくてもいいかも
んっ⁇
助手と上村調教師は喧嘩中ですか⁇笑
ハナ行くの?こだわらないの?
どっちだろう〜どっちだろう〜♬笑
ゴーフォザサミット
藤沢和調教師は、「思った以上に良化。がっちりした体つきになっている」とコメント。
最終追い切り:札幌競馬場。

柴山(レースは石橋)を背に、芝コース5ハロンからタワーオブロンドンとの2頭併せ。2馬身ほど先行して馬なりで併入した(67・4―36・7―11・6秒)。

柴山騎手「休み明けの分少し体や息遣いは重かったが、これでピリッとしてくれば」

前走 4着 ゴーフォザサミットに騎乗した石橋脩騎手のコメント。
「理想通りの好位のインが取れました。前走のような緩い馬場より、こういう馬場(高速馬場)の方が合っています。馬も良くなっています」と。
息遣い重くて芝が合わなそうということで、ここは厳しいのでは⁇
サクラアンプルール
池上助手は、「動きはまずまず。小回りは成績がいいですし、時計がかかれば。少しでも着順を上げてほしい」とコメント。
まずまずの動きでこのメンバーの中、好走できますかね⁇
ちょいと難しいだろうな〜。
ナイトオブナイツ
池添兼調教師は、「状態はいいが、洋芝の10Fは長い」とコメント。
更に、「迫力ある動き。リフレッシュさせた効果で良くなった。ただ洋芝の2000メートルは少し長い気がするので」と。
やや決め手に欠くところがあるのでパワーを必要とする洋芝は得意とする舞台だが、距離不安がどうか。
ということで、ここまで出走馬を見てきたが、「叩き台」の度合いと「メイチ」の度合いをよーく見極めた上で馬券を買う必要があるだろう。
ちなみに、上記のようにハナをきるかどうかで数頭のコメントを見たが、展開的には未知数だろう。
たぶんハイペースにはならないとは思うが、だからと言ってスローペースになるかというとそこもハッキリはしない。
だから、予想がこちとら難しいぞ〜という感じ。
あとは天気も心配だし、予想難解なので、遊び程度で買うのが一番良いレースかもしれない。
他に当てやすいレースはあるから、ここでおりゃー!って勝負しなくても良いかもと個人的に思う。
むしろ、このレースを観戦するのが楽しみ。このメンバーでどんなレースになるんだ??と。
馬券を買う人は、ぜひ的中してくだされ!!
幸運を祈る!
GOOD LUCK!!
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

天皇賞秋の狙える穴馬傾向を掴め!5番人気推定スワーヴリチャードが意外と狙える?

天皇賞秋の狙える穴馬傾向を掴め!5番人気推定スワーヴリチャードが意外と狙える? さて、今回

記事を読む

no image

2019シンザン記念の有力馬を詳細分析!良血馬の取捨は?

2019シンザン記念の有力馬を詳細分析!良血馬の取捨は?   シンザン記念 &nbs

記事を読む

稼ぐ!2019エルムステークス有力馬診断!!

稼ぐ!エルムステークスの有力馬診断!! グリム エルムS(日曜=11日、札幌ダート1700メート

記事を読む

no image

2019稼ぐ!初富士ステークスの分析と傾向を深読みで的中高配当へ!!

初富士ステークス 今週から3場所開催! どのレースに絞るか難しくなるが,ここでおいしいのは

記事を読む

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

記事を読む

2019セントウルステークス〜勝つのはミスターメロディ?タワーオブロンドン?ダイメイプリンセスか〜

2019セントウルステークス〜勝つのはミスターメロディ?タワーオブロンドン?ダイメイプリンセスか〜

記事を読む

稼ぐ!2019京都記念!全頭詳細分析!!マカヒキ復活か!?

稼ぐ!2019京都記念!全頭詳細分析!!   先週は3連勝と完璧で、大いに回収した

記事を読む

2019 キーンランドカップの出走馬の状態〜タワーオブロンドンの適性は?〜

2019 キーンランドカップの出走馬の状態〜タワーオブロンドンの適性は?〜 1400m覇者

記事を読む

no image

中山得意のヴィクトワールピサ産駒ブレイキングドーンの特徴は?

中山得意のヴィクトワールピサ産駒ブレイキングドーンの特徴は? 今回は、ブレイキングドーンについて見

記事を読む

2019サウジアラビアRC〜昨年勝ちグランアレグリア一昨年勝ちダノンプレミアムの大出世レースで勝つのはどの馬だ??〜

2019サウジアラビアRC〜昨年勝ちグランアレグリア一昨年勝ちダノンプレミアムの大出世レースで勝つの

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑