超良血名牝シーザリオの仔サートゥルナーリアの父はアーモンドアイと同じロードカナロア!

公開日: : 有力期待馬の考察

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

超良血名牝シーザリオの仔サートゥルナーリアの父はアーモンドアイと同じロードカナロア!

 

ホープフルステークスに登場するサートゥルナーリア。

今回は、その有名すぎる父母や兄弟の特徴に迫り、馬券に役立てようという考察をしようと思います。

 

こうした背景を知っておくことで、

 

「強いのはわかったけど、具体的に何が強いのか?また、何が弱点とされているのか?」

 

このあたりを考察していき、しっかり把握したいと思います。

すると、より馬券の精度が上がると思います!!

 

では、早速見ていきましょう!

 

サートゥルナーリアの父ロードカナロアについて

サートゥルナーリアの父は2018年を賑わせたロードカナロア!

アーモンドアイもロードカナロア!ステルヴィオもカナロア!

はい。ということで、2018年を騒がせた産駒であります。

最近だと、オルフェーブル産駒も騒がれましたが、あまり目立った活躍はしていません。エポカドーロくらいかな?

ロードカナロアは1200mのG1スプリンターズステークスや高松宮記念、1600mの安田記念を制覇しており、こってこての最速男。しかも、スプリントの世界で有名な香港競馬でも2度、香港スプリントも制覇し、世界最速の男として降臨していた。いわば、競馬界のウサインボルト。もう誰も追いつけない速さで走ります。というか次元が違います。笑

もう詳しくは説明不要なので、要するに、ロードカナロアは世界最速のボルト!と覚えてもらえれば間違いないかと思います。

 

サートゥルナーリアの母シーザリオ

次は母の名牝シーザリオ。

一番凄いと思ったのは優駿牝馬オークスのレース。何がすごいかというと、

1000m通過が63秒1という超絶スローペースの中、かなり最後方に近い位置から爆発的な末脚で差し切ったこと。

普通なら、1000mが63秒だと前目に付けた馬が楽逃げできるため、スタミナ温存して4コーナーへ進出し、温存した脚で後続の馬を寄せ付けずにゴールというパターンがほとんどだ。なのに、最後方のあたりから、しかも進路が空いたとはいえないところを何とかこじ開けて差し切っている。これは、強い馬しかできない。シーザリオがどれぐらい強いかはぜひ優駿牝馬オークスのレースを見るとわかるのでぜひ見てほしい。それぐらい強いことがわかる。

 

サートゥルナーリアのお兄ちゃんエピファネイアとリオンディーズについて

お兄ちゃんはG1を勝っているエピファネイアとリオンディーズ!

エピファは爆発的な強さでジャパンカップを勝っている。そして、菊花賞も勝っている。2400mと3000mを勝っているスタミナの持ち主。

リオンは朝日杯FS勝ちで、弥生賞は2着、皐月賞とダービーが5着と相当な力があることがわかる。

しかし、この2頭に共通している課題は、

「掛かり癖」。

つまり、折り合いである。ジョッキーがしっかりと折り合いを付けられないと、どんどん前に行き、力を消耗してしまう。すると、最後の大事な直線でスタミナ切れとなりかねない。そこが課題である。リオンディーズは折り合いつけば、他馬を全く寄せ付けない爆発的な末客を使う。しかし、皐月賞が顕著であったが、強風の向かい風の中、1000mを58秒4で通過という高速ハイペースを先頭で通過。その後も先頭で4コーナーまで進んで4着(5着降着)。腕っぷしの強いミルコデムーロでも抑えが効かずに掛かっていった。でも、評価できるのは、なのに、最後まで踏ん張りが効いていたということ。つまり、相当なポテンシャルがあることがわかる。普通の馬なら馬群に沈み、10着以降になるのが普通である。しかも皐月賞のメンバーが相手なら当然。そこを最後まで「おっ!もしや持っちゃう?」と思わせるあたりがさすがの力。だから、掛かり癖がなければ、当然にハイポテンシャル。それをサートゥルナーリアは受け継いでいると考えられる。

エピファも同様である。一番惜しかったのはダービー。ずっとかかっていたため。ミルコが手綱をずっと抑えっぱなし。まあそれでも、最後まで持ちそうな感じがあったが、キズナに差されてジエンド。もし、もし仮に折り合いがついて、余計な力を使わずにいられれば、キズナに差されずに先頭でゴール板を突き抜けただろう。

つまり、シーザリオの子供は爆発的なポテンシャルの持ち主が生まれるが、それが掛かり癖とも表裏一体であるということ。

そのため、サートゥルナーリアもシーザリオの子供なため、相当な力がある。しかし、どこかで掛かり癖が見られるかもしれない。しかし、その辺りは、エピファとリオンを何とか上手く導いていたミルコが手綱を握っているため、要領は得ていると思う。だが、絶大なる信頼は寄せきらないほうが良いため、人気すぎる場合は抑えまで、少し人気落ちな場合は買いというように、よく見極めて馬券は買いたい。軸とするには不安がよぎるだろう。

 

サートゥルナーリアの特徴

新馬戦

新馬戦を見ると、兄のような強い掛かり癖はそんなになさそう。といっても全くないわけではない。多少はあるように見える。だが、そこはデムーロ。しっかり抑えが効いている。しかも、中団で折り合わせ、最後はインから脚を伸ばし、進路を見つけると、しっかりと操縦が効いて空いた進路へ。操縦性があるのはとても素晴らしいこと。馬群にもまれても間を縫って出てこれる器用性は多頭数だとより武器となりうるし、包まれても何とか可能性がある。

その後、空いたスペースを走り、外から、タガノジェロディが被せてきたが、ここでひるまず、むしろ負けん気溢れて、末脚を伸ばしている。ここから、馬体を併せられてもひるまない強さが見て取れる。これは買い要素が高まる特徴。キタサンブラックやこの前勝ったアドマイヤマーズのような強い性格が良い方向に出ていると考えられる。普通の馬ならひるんで少し後退するか、走る気を無くしてジエンドとなる。しかし、サートゥルナーリアはむしろ加速する性格の強さがあるため、馬群の中や外から被されても強い特性があるだろう。つまり、内枠でも全然問題ない馬となる。

 

萩ステークス

これはもう余裕すぎる勝ち。

4コーナーで内の進路が空いたとみるや、ミルコデムーロがすかさず内へ。やはり、操縦性が高い。ミルコの指示通りスムーズに進出している。そして、あとは周りを見渡す余裕も見て取れたため、ミルコも手応え抜群で、ムチ入れずに勝てるとふんだのだろう。流すだけでゴールまで行く。もうなんていうか、小学生と大学生くらいのレベルの差があったんじゃないかというレベル。

これはもう強さが際立っていた。

 

サートゥルナーリアの中山適性について

最後に、中山2000mのホープフルステークスに挑むサートゥルナーリアの中山適性について。

父のカナロアは、中山のスプリンターズステークスを勝っているため、問題なし。

母のシーザリオも中山1800mと2000m勝ちと問題なし。

兄のリオンディーズは掛かり癖が強すぎて本来は勝っていてもおかしくない中だが、4、5着とまずまず。

兄のエピファネイアは、皐月賞2着、有馬記念5着とまずまず。

ということで、適性あり!とは言えないが、悪いとも言えない。まずまずな感じ。

 

まとめ

サートゥルナーリアは

・相当なポテンシャルの持ち主。

・操縦性あり

・掛かり癖がそんなにない

・馬体を併せられても被されても問題なし。むしろ燃えるタイプ。

・中山適性は可もなく不可もない。

以上のことから、これから先、ずっと追っていって良い馬。というか、どこかのG1は勝つ馬。今回のホープフルステークスだけでなく、今後の弥生賞や皐月賞、ダービー、菊花賞、ジャパンカップなどで活躍するであろうことがわかる。

 

継続して注視していきたい。

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それとも穴馬か?〜

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それ

記事を読む

天皇賞秋の最終追い切り診断で状態の良い6頭に絞った!〜スワーヴリチャード&ダノンプレミアムが特に良い!!〜

天皇賞秋の最終追い切り診断で状態の良い6頭に絞った!〜スワーヴリチャード&ダノンプレミアムが特に良い

記事を読む

2020AJCCの予想公開!追い切りや過去データから読み解く!

2020AJCCの予想公開!追い切りや過去データから読み解く! ◎本命馬はこの馬に決定!!

記事を読む

no image

ハービンジャー産駒ニシノデイジーの父母や兄弟の特徴は?

ニシノデイジー 好調ニシノデイジーについて今回は見ていこうと思う。レースを全て見たが、なかなかのポ

記事を読む

2019セントウルステークス〜勝つのはミスターメロディ?タワーオブロンドン?ダイメイプリンセスか〜

2019セントウルステークス〜勝つのはミスターメロディ?タワーオブロンドン?ダイメイプリンセスか〜

記事を読む

2019ローズステークス〜ダノンファンタジーの取捨と穴馬激走の予感〜

2019ローズステークス〜ダノンファンタジーの取捨と穴馬激走の予感〜 秋華賞トライ

記事を読む

2019稼ぐ!愛知杯!分析と予想!レイズアベールが!

ランドネ 前目から勝負でき、今回平均ペース濃厚の中、もしかすると残る可能性あり。アーモンドアイが出

記事を読む

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ!

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ! 新年明けましておめでとうございます!

記事を読む

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

記事を読む

稼ぐ!2019中山牝馬ステークス!ワンブレス&アドマイヤ他!

稼ぐ!2019中山牝馬ステークス!ワンブレス&アドマイヤ他! 今回は高配当狙いのレースじゃ^_

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置と

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑