2019 キーンランドカップ回顧・詳細分析〜なぜダノンスマッシュが勝てた?タワーオブロンドンは?リナーテは?〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

2019 キーンランドカップ回顧・詳細分析〜なぜダノンスマッシュが勝てた?タワーオブロンドンは?リナーテは?〜

なぜダノンスマッシュが勝てたのか?
この問いを紐解く前に、ペースを確認しておく。
今回は先行馬が多いという予想通り、ハイペースとなった。
1枠1番という逃げ馬には絶好枠を引いたナックビーナスが予定通り逃げる。
そして、セイウンコウセイや1000m覇者のライオンボスが行く形。
ここまでは想定内。
だが、驚きの数字が出た。笑
はい。そうなんです。
テンの3ハロンが「33.2」という超絶な速さ
これは上がり3ハロンじゃないよ??
ゲートが開いて、よーいドン!から600mまでのタイムだ。
ナックビーナスの刻んだラップは
 
11.9-10.3-11.0だ。
待て待て。真ん中の10.3ってなんだ??
1ハロン200mを10.3という速さで走るナックビーナス。
よく見る中間追い切りとか、1週前追い切り、最終追い切りって新聞とかネットとかで見るけど、1ハロン10.3ってほぼほぼ見なくないか??笑
ていうか、速すぎやしないか??
人間でいうところのウサイン・ボルト並みの速さだよ??
もうね、このタイムで逃げたら、当然のように上がり3ハロンの脚は残らない。
むしろそれで残ったらキタサンブラックだよって話。
でも、その速すぎるタイムで逃げての5着だから、ナックビーナスは負けて強しな内容。
枠に恵まれたのもあるが、もう少しテン3ハロンが遅く入ったら、たぶん馬券内に残ったし、タイミング良ければ勝ちもありえたかもしれない内容だった。
それくらい良かったと思う。
しかし、先行馬が多かったため、その点、展開に恵まれなかった。
だが、遠征明けの叩き台でこの内容なら、次もおもしろいかもしれない。
同型と枠が噛み合えば、1発あってもおかしくない。
さて、ここから、人気通りに決まった上位3頭を見ていくこととしよう。

まず、勝ち馬ダノンスマッシュ。

外枠だったため、前とインの馬を見ながらのいつでも抜け出せるポジションを確保しながらの競馬。
そして終始、川田騎手が多少押しながら前に遅れを取らないようにしていた。
最後の直線でも、スムーズに進路を確保し、後は追い出すだけという強い馬のスタイル。
やはり、川田騎手への乗り替わりは正解
イメージ的には、皐月賞2着のヴェロックス的な感じの乗り方。
川田騎手は前目の馬に乗せたら剛腕もあるし、かなり良い確率で馬券内に持ってこれる。
だから、現在、馬券内率0.566というルメール並みの圧倒的な数字を残せているのだろう。さすが。
本番は次だろうけど、叩き台としては脚を測るのに十分すぎる内容だった。
しかし、1つの懸念としては、スローペースのときの対応だろう。
良い脚は持っているが、かなり切れる脚というわけでもなく、多少ポジションが悪いと差し切れない可能性はあるだろう。
頭鉄板とまでの信頼度は高くはないと思う。
スプリンターズステークスでは、1番人気に推されるだろうが、悩ましくなりそうな気配はある。

次に、2着のタワーオブロンドン。

正直、私が1番驚いたのだが、「よく馬券内きたな〜」という一言。
なぜなら、ポジションが後ろ過ぎたからだ。
実際、「えっ?そこからは届かなくね?詰まったら終わりやろ〜」と思っていた。
だが、その馬群を縫って脚を伸ばしてこれるのが、ルメール様の騎乗技術の賜物。
素晴らしいとしか言いようがない。
正直、上手すぎる。
他の騎手なら、掲示板すら怪しかっただろうし、馬群に詰まって撃沈だったと思う。
それを2着に持ってくるんだから、本当ルメールは上手い。
なんていうか、進路を確保する技術が上手いということなのかもしれない。
あとは、折り合いをつける技術もある。走りながら、馬をなだめる様子も様々なところで見受けられる。
返し馬を見ても、とてもスムーズ。
日本人ジョッキーも川田は上手いが、他の騎手にも頑張ってほしいと願うばかりである。

最後に、リナーテ。

一言で言えば、強い内容で、欲を言えば勝ち切れた。
終始、勝ち馬ダノンスマッシュの後ろで折り合い、脚を溜め、直線もダノンスマッシュの隣。
直線勝負だったが、1つポジションが下がっていた分、差し切れなかったと思ったが、それだけの理由ではなさそうだ。
パトロールビデオを見て弱点を発見!!
それは、「真っ直ぐ走れない」だ。
もっと言うと、「体をバランスよく使って走れない」ということ。
これは非常に残念。
まぁでも、改善すれば更に末脚に磨きが掛かるということで、伸び代とでも言っておこうか。
惜しい競馬であった。
あとは、これまた騎手の話に戻ってしまうのだが、武豊騎手は正直あんまり追えない騎手だ。
ルメールや川田と比べると、物足りなさが映る。
たしかに、乗り方は綺麗で他の騎手からフォームが綺麗と言われていると思うが、それが勝負の世界において、上手いがどうかというと、否だ。
勝つためにはグイグイ押し通さなければならない場面が多いが、武豊は綺麗にクリーンに乗ることばかりに重点が置かれているように見える。
これは、調教で馬に走り方やレースを教える場合は大いにありだ。
しかし、馬券で勝負していらファンを思えば、もっと追ってほしいというのが本音だ。
馬への教育と馬券勝負しているファンとのジレンマがあるが、その点も踏まえて馬券購入は買わねばならないだろう。
ということで、騎手の話ばかりになってしまったが、そういうレースだったということ。
本番は次。
どんなレースを見せてくれるのか今から楽しみである。
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走理由及びダノンスマッシュ敗戦の謎に迫る〜

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走

記事を読む

no image

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧!   中山金杯&京都金杯

記事を読む

no image

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み!

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み! さて、シンザン記念ですが、なんと

記事を読む

犬猿の仲ルメールVSスミヨンはルメール勝利!〜ルメールとスミヨンはなぜ仲が悪いのか?2人の過去のパンドラの箱を開ける〜

犬猿の仲ルメールVSスミヨンはルメール勝利!〜ルメールとスミヨンはなぜ仲が悪いのか?2人の過去の

記事を読む

2019 新潟記念の回顧〜なぜユーキャンスマイル勝てた?レイエンダ敗戦なぜ?

2019 新潟記念の回顧〜なぜユーキャンスマイル勝てた?レイエンダ敗戦なぜ? 今年の新潟記

記事を読む

2019 伝説の神戸新聞杯回顧!サートゥルナーリア圧勝劇の裏側を紐解く!!

2019 伝説の神戸新聞杯回顧!サートゥルナーリア圧勝劇の裏側を紐解く!! 【ラップ分析】

記事を読む

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?なぜ1番人気クレッシェンド

記事を読む

2019凱旋門賞のレース回顧〜エネイブル3連覇ならず!日本馬撃沈に迫る〜

2019凱旋門賞のレース回顧〜エネイブル3連覇ならず!日本馬撃沈に迫る〜 さて、日本のトッ

記事を読む

シンザン記念のルーツドールの敗因を探る!

シンザン記念のルーツドールの敗因を探る! ルーツドールはシンザン記念であっけなく負けた。

記事を読む

サウジアラビアRC回顧〜大出世確実サリオスのレコード決着の裏側には驚きの事実があった〜

サウジアラビアRC回顧〜大出世確実サリオスのレコード決着の裏側には驚きの事実があった〜 は

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置と

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑