2019セントウルステークス〜勝つのはミスターメロディ?タワーオブロンドン?ダイメイプリンセスか〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

2019セントウルステークス〜勝つのはミスターメロディ?タワーオブロンドン?ダイメイプリンセスか〜

セントウルステークスは過去10年で1番人気が馬券圏内率90%という、強い馬は人気通りに走る傾向のあるレースだ。
それもそのはず。
セントウルステークス本番は3週間後。
叩き台としては短いため、ここが中間追い切りを兼ねての総練習的な位置付けになるため、ある程度仕上げているということが、1番人気好走の要因だろうと思う。
他のレースでいう叩き台であれば、約1ヶ月程度本番と叩き台レースの間隔を空けるが、スプリント戦なので馬を仕上げやすいのだろう。
ちなみに、1200m戦は、人間の陸上競技でいう100m戦に近いと思うので、3週間前には8〜9割出来上がっているとみて問題ないだろう。
今回1番人気濃厚なのは
タワーオブロンドン
ミスターメロディ
この二頭。
タワーオブロンドンに関しては、勝てばサマーシリーズチャンピオン
ちなみに、
タワーオブロンドン9ポイント
カイザーメランジュ12ポイント
ダイメイプリンセス11ポイント
こんな感じの現在。
勝てば賞金4000万円です。
4000万円。
この賞金欲しさに多少無理して出走してきたのがカイザーメランジュ。
サマーシリーズ4戦目という過重労働。
人間世界ならブラック企業と言われてしまうかも笑
でも、出走するだけで1ポイントもらえるので、あわよくば上位入って優勝するぞという狙いだろう。
だが、まずまずのメンバーと先行馬の多い今回はなかなかそう簡単には問屋が卸さないって感じかも。
逆に、タワーオブロンドンは騎乗がルメールという抜群の鞍上。
ダイメイプリンセスにおいても、騎乗が川田とほばサマーシリーズチャンピオン獲得した短距離得意の鞍上。
この2頭に関しては軸でも紐でも、確実に抑える必要があると思う。
馬主視点で考えれば分かるが、本番のスプリングステークスで勝ちたいのは誰もが同じだが、相手関係は確実に上がる。
というか、短距離王決定戦なわけで、グランアレグリアやステルヴィオも参戦も視野に入ると、なかなか厳しい戦いになるのは誰が見ても分かる。
しかも、スプリンターズステークスで、ルメールはグランアレグリアとタワーオブロンドン(出走するか不明)どちらを選択するか??
はい。グランアレグリアです。
ということは、ルメール騎乗のタワーオブロンドンはココが100%仕上げでくることが見込まれる。
しかも、前走よりも斤量が軽くなり、スタートもスムーズならば上位は固い。
一つ心配点を挙げるならば、「輸送」だろう。
ただでさえ、レース間隔が詰まっていて疲れがあるにも関わらず、北海道から阪神競馬場まで輸送。
これは精神的に辛い。人間も同じだが、というより、人間よりもひどい環境の中での移動だが、トラックに乗って何時間も揺られるのだ。肉体的にも精神的にも辛いのでストレスが掛かり、凡走するということももちろんあるかもしれないが。
そこは、以下のコメント基に判断するしかないため、なんとも言えないが。
タワーオブロンドンはメイチで勝負度合いは高いが、疲れによる凡走のリスクもあるということを知った上で馬券を買う必要があるだろう。
ダイメイプリンセスについては、騎乗川田で必勝態勢。乗れてる騎手なので、大いに賛成だ。
豪腕発揮されれば、後ろからグイグイ伸びてくるだろう。
先行馬がまずまずいる速い流れになりそうなのも展開が向く可能性が高い。
しかし、心配なのは差し損ない。
開催週の阪神競馬場は美しい馬場でかつ野芝のみ。
普通は野芝と洋芝混合で多少は重くなるのが通常だが、今開催だけは「野芝のみ」。
野芝は、簡単に言うと強靭な強さを持つ芝。そして、洋芝よりも手入れが楽。造園業の方はとてもありがたい。
えー、造園業の方のくだりはいらんですね笑
はい、一言でいうと「野芝は軽い馬場になる」。
毎週馬券勝負をしている方には、その情報だけで良いですかね?
ということで、軽い馬場になる阪神競馬場では、差し損なうリスクがある。
タワーオブロンドンもダイメイプリンセスも。
そこはリスク管理しながら馬券を買うことをオススメする。
なので、「メイチだから絶対くる!鉄板の軸だー!」とかテンションに任せてやってしまうと万が一のリスクがきてチーンとなることもあるので気を付けたいところ。
好走する可能性は高いが、リスクがあるので絶対ではないというのが、今回の馬券購入の難しいところ。
さて、ミスターメロディはどうか?に移りたい。
ミスターメロディは高松宮記念で勝ち、一気に名を轟かせた。父のスキャットダディーはG12勝や2着2回など活躍。しかし、今は亡くなりもういない。
「後は息子よ頼むぞ!」と言われたかどうかは知るところではないが、ミスターメロディが活躍。
大事なスプリント界の後継種牡馬になる存在。
ファインニードルと肩を並べて種牡馬生活を送ることはほぼほぼ決まっているだろうが、セントウルステークスもスプリングステークスも、はたまた香港でも勝ちを重ね、種牡馬としての勝ちをぐぐっと上げてから引退したいところ。
こんなところで負けてられないというのも本音だろう。
中間も春よりも成長しているということから、期待ができるし、それなりに走ってくるだろう。
心配点を挙げるなら、藤原厩舎。
藤原厩舎は皆さんご存知の通り、「叩き台は調教練習」と割り切って臨んでくる厩舎。
「本番勝てれば(良い成績残せれば)いいやろ」というのがひしひしと伝わる厩舎。総じて、叩き台の作りが甘いことはままある。
だが、本番のメイチ仕上げたるや半端ないため、神ってる域に突入するのだが。
なので、今回叩き台のミスターメロディも好走はしてくるだろうが、安心かと言われると難しいなと。
様々なリスク承知で、1番リスクのない馬を軸にするのが賢明だろう。
健闘を祈る
ミスターメロディ
栗東・藤原英昭厩舎 牡4
父Scat Daddy、母Trusty Lady、母父Deputy Minister/前走高松宮記念は3人気1着

福永祐一騎手は「1週前追い切りでは、ラストに少し負荷をかけたけれど息づかいは悪くなかったです。力を出せるデキにあると思います。春にGIを勝ったことで馬が自信をつけたのか、ドシッとしてきました」とコメント。

藤原調教師は「順調に来ている。どっしりとして精神的に落ち着き、集中するようになった」とコメント。
タワーオブロンドン
藤沢調教師は「中1週で、先週北海道から帰ってきたので、今日は調整程度でいい。状態は良さそうだから、使おうと思う」とコメント。
さらに、「札幌からの輸送もクリアしたし、けさの感じもいい。中1週だけど大丈夫でしょう」「前走は道中はノメっていた面もあったが、しまいの伸びは良かった。直線も長くなって、直線に坂のある阪神の方がむしろ競馬はしやすいと思う」ともコメント。
ダイメイプリンセス
森田調教師「(追い切り)いい動きだったし、相変わらず元気で、時計も思いのほか速かったね」「冬場に落ちていた筋肉が回復。レースは川田騎手に任せる」「今年は脚元もすっきりしており、6歳にして力もつけている。サマースプリントチャンピオン(現在は首位と1点差の2位)もかかっているから」とコメント。
アンヴァル
栗東・藤岡健一厩舎 牝4
父ロードカナロア、母アルーリングボイス、母父フレンチデピュティ/前走北九州記念は5人気3着

藤岡健一調教師
「前走は厳しいポジションからよく伸びて頑張ってくれました。引き続きデキはいいです。相手は強力ですが休み明けが多く、こちらは使ってきた強みを生かしたいですね。うまく差し脚を生かせる競馬ができれば」

ファンタジスト
栗東・梅田智之厩舎 牡3
父ロードカナロア、母ディープインアスク、母父ディープインパクト/前走北九州記念は4人気14着

梅田智之調教師
「これまで2000mの距離に対応できるよう調整してきたせいか、前走は馬が戸惑っていました。まったく競馬をしていませんでしたからね。パドックでは寝かけたくらいで、スイッチも入っていませんでした。さすがに次はそういうことはないでしょう。力を出せれば、ここでも通用するはずです」

マテラスカイ

このセントウルSをステップに米GI・BCスプリント(11月2日=サンタアニタパーク競馬場、ダート1200メートル)に向かう異端の存在がマテラスカイ。もちろん、次への叩き台であり、「ほかに使うレースもないので」(高野助手)という後ろ向きな理由もあるにはあるのだが…。その一方で「前からもう一度、芝を使いたいと思っていた」とも。

なんでも主戦の武豊が「芝スタートのところが一番速いな」とダート戦のスタート部分の芝の行きっぷりの良さをいつも褒めているのだという。

「以前に芝を使った時(2016年京王杯2歳S=9着)とは馬が違いますし、力をつけた今、芝でどれだけやれるのかを見てみたい」(高野助手)

もしかしたら、マテラスカイが今年のセントウルSを引っかき回す存在になるかもしれない。

イベリス
浜中を背に坂路でエポック(古馬OP)との併せ馬。後方からじっくり追走し、しまい強めに仕掛けられて1馬身半先着した(4ハロン51・3―11・9秒)。終始力強い脚取りを見せ、順調な仕上がりをうかがわせた。鞍上もアーリントンに続く重賞制覇に期待を寄せた。

浜中騎手「最後まで我慢してサッと抜け出てくれました。以前は他の馬を気にするところがあったが、だいぶ解消されてきています。前走(マイルC=16着)は長かったけど、1200メートルはベストな距離。古馬に交じってどうかだけど、開幕週の馬場、斤量差などいい条件でできるので」

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

no image

中山得意のヴィクトワールピサ産駒ブレイキングドーンの特徴は?

中山得意のヴィクトワールピサ産駒ブレイキングドーンの特徴は? 今回は、ブレイキングドーンについて見

記事を読む

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ!

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ! 新年明けましておめでとうございます!

記事を読む

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は5頭推奨して2頭馬券内(推奨し

記事を読む

稼ぐ‼︎中山記念はウインブライト‼︎

稼ぐ!中山記念はウインブライト‼︎ メイチで仕上げてココを取りにくる陣営とドバイ

記事を読む

2020フェブラリーステークス的中ゲット!本命軸馬公開!!

2020フェブラリーステークス的中はもらったぜ!! 50RTありがとう!!フェブラリ

記事を読む

天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか?

天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか? 今回

記事を読む

2019秋華賞は◯◯馬を狙え!〜台風に負けるな!〜

2019秋華賞は◯◯馬を狙え!〜台風に負けるな!〜 さて、大型台風で開催自体が怪しい状況だ

記事を読む

no image

2019日経新春杯! 稼ぐ的中のための詳細分析!!

日経新春杯   レースラップ 1000m通過は約60秒ジャストから62秒

記事を読む

2019新潟記念 〜レイエンダの状態は?カデナの末脚発揮?穴はフランツ?〜

ー1週前の状態から雰囲気を探るー     レイエンダ 美浦・藤沢和雄厩舎 牡4 父キン

記事を読む

2019サウジアラビアRC〜昨年勝ちグランアレグリア一昨年勝ちダノンプレミアムの大出世レースで勝つのはどの馬だ??〜

2019サウジアラビアRC〜昨年勝ちグランアレグリア一昨年勝ちダノンプレミアムの大出世レースで勝つの

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

優駿牝馬オークスの予想公開!!◎本命馬と高配当呼び込む激走穴馬!

優駿牝馬オークスの自信の予想公開!! 詳しくは以下を見

2020優駿牝馬オークス的中の鍵は位置取り❗️〜今年は上位馬崩れの可能性あり❗️その理由とは⁉️〜

2020優駿牝馬オークス的中の鍵は位置取り❗þ

2020 NHKマイルの予想と見解・買い目公開‼️穴馬高配当アリ‼️

2020 NHKマイルの予想と見解・買い目公開‼&#x

2020 天皇賞春予想と◎◯等の印・買い目公開!!

2020 天皇賞春予想と◎◯等の印・買い目公開‼

【2020天皇賞春過去3年分析・考察】

【2020天皇賞春過去3年分析・考察】 今回は『天皇賞春』だ!

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑