ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタの特徴を探る!父母は?

公開日: : 有力期待馬の考察

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

今回は、サートゥルに負けず劣らずな有力馬である、ジャスタウェイ産駒のアドマイヤジャスタに迫る。

まずは、血統から。父母や兄弟の特徴を見ていこうと思う。

父ジャスタウェイの特徴について

これはいうまでもなく強いため、説明がいらないだろう。しかし、個人的に馬券を獲った思い入れのある馬なので、勝手に説明する。笑

父がハーツクライということで、スタミナあり。そして、大器晩成型。若いときよりも、年齢を重ねてどんどん強くなっていくイメージが強い。ジャスタウェイもそれに当てはまる。2、3歳とパッとしない感じだったが、年を重ねて天皇賞秋で才能が開花。爆発的な脚でゴール板を駆け抜けている。しかも、あのジェンティルドンナに4馬身差も付けて圧勝している。まさに突き抜けたという表現が合うだろう。その後は、ドバイも勝利し、世界でも有名な馬となった。翌年のジャパンカップは2着。ラストレースの有馬記念は4着と安定した強さは見せている。適性距離は1600~2400mということだろう。中山適性はそこまで高くない。広い東京コースが合うタイプ。

 

母アドマイヤテレサについて

戦績だけ見ると、3着以内に入った7レース中全てが「右回り」。左回りは全く馬券になっていない。ここだけ見ると、右回りの中山コースは適性があるように思う。しかも、阪神でも勝っているため、急坂も苦ではないだろうことがわかる。レースはというと、ほとんど中団から脚を伸ばすパターンが多い。しかし、1000万勝ちに留まるため、そこまでの強さは見られていない。

 

母父エリシオの特徴について

アドマイヤジャスタの母父エリシオは日本勢がいまだ勝てていない凱旋門賞を圧勝している。重たい洋芝に強く、しかも前で競馬できる強みがある。日本で言うキタサンブラックのようなイメージが当てはまるのではないだろうか。凱旋門賞のレースを見ると、先頭で4コーナーを回ってきて、そのまま後続を全く寄せ付けない強さがあった。まさにキタサンブラック。完璧な横綱競馬ができる馬、それがエリシオ。

 

兄弟アドマイヤラクティの特徴について

アドマイヤラクティはダイヤモンドステークス勝ち、アルゼンチン杯2着、オーストラリアのG1勝ちと良績。レースは、中団で進めてじわりと脚を伸ばしていく感じ。切れる脚はないが、4コーナーで良い位置から進む。中山は2勝と相性よい。

 

アドマイヤジャスタの特徴について

阪神メイクデビュー戦

ブレイキングドーンに負けて2着。良い位置で進めて、4コーナー手前で他馬に外からかぶされるが、何とかそのまま進む。しかし、ルメールが内に進路を取ろうとしたが、空かずに急遽進路変更。そのロスもあり、加速が思うように行かなかった。少し臨機応変さには欠けているように映る。器用性や操縦性はもう一歩。そのため、内で詰まったり、馬群に包まれると出れずにタイミングが遅れ、着を外す可能性は見られた。このレース単体で見ると、軸として信用して良いタイプとは思えない。だが、最後はぐいっと伸びてポテンシャルは見せている。1000m通過63秒5とかなりのスローペースだったため、2番手につけていた勝ち馬のブレイキングは余裕の手応えで4コーナーまでいき、突き放している。そのため、このレースでアドマイヤジャスタが勝つためには、もう少し位置取りが前でないと苦しかった。

 

中京2歳未勝利戦

このレースは完勝といってもいい内容。前半少し掛かり気味であったが、福永騎手が外で手綱を引っ張って折り合いをつけ、レースを進める。そのまま、外を回って4コーナーでは良い手応えのまま進出。最後は抜群の末脚で突き放す。完璧な内容。前走のように進路取りに手間取らず、スムーズな競馬。この馬はこうした、外からスムーズな競馬が合うのかもしれない。内枠でごちゃごちゃすると、脚を残して敗北というのが負けパターンな気がするので、外枠がピッタリ。内枠だと少し割引。

 

京都 紫菊賞

これは、とても強いと感じたレース内容だと感じた。理由は、1000m60秒9という普通のペースにも関わらず、そして2000mの距離なのに、中盤から脚を使ってポジションを取りに行ったこと。まさにレイデオロのダービーのような感じ。ルメールが馬の力を信じきらないとできない荒技。普通、レース中盤は脚を溜めることに騎手は頭を使い、最後の末脚を伸ばすことを意識する。だが、そこを中盤から脚を使って3番手の良いポジションを取りに行き、最後の末脚もしっかりあった。これは、能力のある、強さのある馬でないとできない。それをやってのけたアドマイヤジャスタ。もし、内枠でなく、真ん中から外の枠を引いたら買い要素が高いかもしれない。しかし、上記にも述べたが、内枠だと力を残す懸念があるため、内枠だと少し割引。

 

アドマイヤジャスタの中山適性について

中山適性は右回りで勝っていることからあると思う。急坂も阪神や中京で脚を伸ばすところを見ると大丈夫だろう。しかし、懸念が一つ。それは、内回り。この馬は内回りでごちゃごちゃしている中を好走する馬とは決して言えないだろう。だから、堂々と買いとは言えない。むしろ、外回りや広い競馬場で悠々と走り、横綱競馬をするのが合うタイプと見る。ただ、能力は高いので、中京のときのような外を回ってドンと構える競馬ができれば良い成績が残せる可能性は高い。つまり、枠順次第であり、騎手次第なところはある。ただ、騎手がルメールだとその心配もいらないかもしれない。2戦も乗っているため、特徴はつかんでいるはず。ホープフルステークスでは、馬群に包まれにいくような真似はしないと思う。およそ、外をスムーズに回して、良いポジションを取って末脚を伸ばすイメージを持っているだろう。

 

まとめ

アドマイヤジャスタ

・右回りは大丈夫

・内枠は割引

・真ん中から外枠でスムーズな競馬なら買える

・急坂も大丈夫

・器用性はあまりない。

・レースを重ねるごとに操縦性は高まってきている。

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2020年中山金杯の出走予定馬解説!過去の傾向やデータ!

2020年中山金杯の出走予定馬解説!過去の傾向やデータ! 今回は印は打たない。というより、時

記事を読む

no image

2019中山金杯の有力馬分析と予想!ウインブライトに期待!

2019中山金杯の有力馬分析と予想!ウインブライトに期待!   前回のホープフルス

記事を読む

稼ぐ!2019関屋記念!ケイデンスコールは勝てるのか?

稼ぐ!2019関屋記念!ケイデンスコールは勝てるのか? 新潟1600mマイル戦 過去レー

記事を読む

2020フェブラリーステークス的中ゲット!本命軸馬公開!!

2020フェブラリーステークス的中はもらったぜ!! 50RTありがとう!!フェブラリ

記事を読む

2019京都大賞典で勝つのはエタリオウ?グローリー?ダンビュ?多頭数を制すのは?〜

2019京都大賞典で勝つのはエタリオウ?グローリー?ダンビュ?多頭数を制すのは?〜

記事を読む

2019毎日王冠の結果は津村騎手によって変わる?〜アエロリットとダノンキングリーはいかに?インディチャンプの状態は?〜

2019毎日王冠の結果は津村騎手によって変わる?〜アエロリットとダノンキングリーはいかに?インディチ

記事を読む

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それとも穴馬か?〜

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それ

記事を読む

2020フェブラリーステークスの相手はモズアスコットじゃない!!

100RT達成! 公言通り、◎本命馬の相手を公開するぞ! ではいってみよう!

記事を読む

毎日王冠の本命馬と穴馬決定!〜騎手がレースを左右する!?〜

毎日王冠の本命馬と穴馬決定!〜騎手がレースを左右する!?〜 今回の毎日王冠は凱旋門賞で

記事を読む

2020根岸ステークス予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙える!?

2020根岸ステークスの予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙い目だ! あまり気

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑