2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

セントウルステークスは予定通りタワーオブロンドンが勝ち。あんなに圧勝するとは思わなかったが、さすがの大型馬で、叩き3戦目にピークがきたのと、直線が長い阪神に舞台を移したのも良かったのだろう。脚質的に後ろからズドンという競馬なので、直線の短い函館や札幌ではちょいときつかっただろうが、それでも馬券内を確実にしていた点で、今回は抜群の舞台設定だった。
だが、それよりも凄いと感じたのは「輸送」克服だ。夏のシリーズ中、美浦から北海道へ行き、函館ー札幌と輸送し、そこから阪神へ行きと移動距離半端ないが、それをものの見事に克服したタワーオブロンドンの底力、そしてやはりだが藤沢厩舎の厩舎力は素晴らしい。厳しい環境でも厩舎の経験と腕利き厩務員等の働きが活きている結果。サンデーやキャロットなど、大物クラブ馬主からも有力馬を託されているのもうなづける。
さて、レース回顧にいくが、これまたタワーオブロンドンに関してはお決まりだが、「ルメールさん」さすがで終わってしまう。笑
これを見てほしい。
位置として中団後方馬群内側でタワーオブロンドン。1200mで詰まるとジ・エンドなパターンが頭をよぎるが、レースを見ていた方は、微妙に
「あれ?中団の内側って詰まんないでくれよ?大丈夫か?おい!頼むぞ!!」
という心の声があったのではないだろうか?私はちょいとよぎっていた。笑
だが、その不安も次の写真を見てもらえば安心に変わる。
はい、ルメールさんさすがの一言。これだから、ルメールさんに強い馬が集まるんだよ。ほかの日本人ジョッキーだとこうはいかないことが多い。この差が外人ジョッキー信仰の理由。そして、話は逸れるが、この秋はスミヨンとデットーリが来るらしい。つまり、日本人ジョッキーは追いやられるということ。その意味を日本人ジョッキーには強く感じて、外人ジョッキーから騎乗技術を盗みに盗んでほしいと願う。
話を戻す。
最初、ルメールは中団後方内側にいた。
それが、直線向くまでに外の進路が確保できるポジションに移動。
文言だけだとあまり凄さが伝わらないが、行間を読んでほしい。
ちなみにペースは最初の3ハロンが33.0と速い。これは200m11.0ペース。上がり3ハロンでもなかなか出ねえぞという快速タイム。笑
ルメールは中団後方内側で
1ペースの速さに気付き
2内で脚を溜める選択をし
3隙間を見つけ
4徐々に外へ持ち出し、
5直線では脚を伸ばすだけのポジション確保
という過程を経ている。
どうだろうか?
これまた、細かいことを言えばきりがないのだが、これは毎レース違う。騎乗馬のデキ、相手関係や脚質やペース、馬場、パドック、返し馬の雰囲気、ゲートの出来によっても違う。それらを全て総合した上での判断。
この判断力をいとも簡単にしてしまえるルメールの騎乗技術。だからこそ、G1を勝てるような馬ばかりがルメールに集まる。
日本人ジョッキーにも見習ってほしい。
さて、ということで、タワーオブロンドンに上記に述べたことが全て。言うことなしの圧勝。
次に、前走パドックで寝かけたファンタジストへ。
2着にきたファンタジストは梅田調教師も話していたが、全ては「気持ち次第」の馬。
気持ちが乗らなければ「寝る」笑
もしくは「遊ぶ」笑
 
 
気持ちが乗れば快速飛ばして馬券内!笑
ほんと極端な馬だ。
だが、今回はメンコを外すという選択を厩舎はした。
そして、
事前に、梅田調教師は「ファンタジストがパドックで前走みたいに寝かけたら、おれがガツンと喝入れたるわ!!」と話していた。(本当はもっとパブリックな感じで丁寧にコメントしていた)
追い切り自体は相当に動きすぎるくらい動く馬なので、本気で走れればもう通用するしかない馬。実際、デビューから1200や1400は勝っている。前回のブログでも書いたと思うが、もともと短距離適性がある馬。血統としても、父ロードカナロア、母父ディープインパクトと完璧すぎる良血馬。走って不思議はない。
やっと今回目覚めたファンタジスト。だが、気持ちで走る馬なので、返し馬までの雰囲気はしっかり見ないと買えない馬ではあるため、なかなか難しい馬。前日買いする馬券予想の方にとっては泣かせどころだろう。
レース内容で言えば、もう何も説明はいらないと思う。ゲート出て、二の脚速く3番手に付け、そのままゴール前も粘って2着。和田も気合いの乗ったファンタジストは乗りやすかっただろう。というか、何もしなくても良いポジション取れて、そのまま脚を伸ばして終わりという単純明解な簡単な乗り方で良かった。楽だっただろう。そして、ラッキーだったね。むしろ、心苦しかったのは武豊。マテラスカイ騎乗のためやむなしだったが、今まで全て騎乗してきたファンタジストが和田に変わった瞬間馬券内という悲しい結果に。
マテラスカイは大目標が次ということで、まぁしゃあないと言えばしゃあないのだが、武豊が乗った3戦連続二桁着順で終わっていたファンタジストが、和田に乗り替わった瞬間に2着。
さて、棚からぼたもち和田騎手。
心は泣いている武豊。
そして、話を戻すがサマーシリーズチャンピオンのタワーオブロンドン賞金4000万円ゲットおめでとう!馬主のゴドルフィンもさぞかし喜んでいるだろう。
色々なドラマがあったセントウルステークスであった。次は、ローズステークス。これまたおもしろい。
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019 エルムステークス回顧!結果分析!

2019 エルムステークス回顧 1000m通過が58.5秒という鬼ハイペースだった今回。

記事を読む

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?なぜ1番人気クレッシェンド

記事を読む

no image

2018有馬記念サイン予想&結果&回顧! ブラスト勝利!

2018有馬記念サイン予想&結果&回顧! ブラスト勝利!   2018年の有馬記念

記事を読む

秋華賞優勝のクロノジェネシスが狙えた理由とダノンファンタジー敗戦の理由に迫る!2019

秋華賞優勝のクロノジェネシスが狙えた理由とダノンファンタジー敗戦の理由に迫る!2019 昨

記事を読む

2019 G2オールカマー回顧〜レイデオロとウインブライト敗戦の真相とミッキースワロー狙えた理由に迫る〜

2019 G2オールカマー回顧〜レイデオロとウインブライト敗戦の真相とミッキースワロー狙えた理由に迫

記事を読む

アルゼンチン共和国杯ムイトオブリガード勝利レース回顧!〜なぜ勝てた?&本命馬公開なぜしなかったか?〜

アルゼンチン共和国杯ムイトオブリガード勝利レース回顧!〜なぜ勝てた?&本命馬公開なぜしなかったか?〜

記事を読む

2019府中牝馬ステークス!〜スカーレットカラーの勝因は勝浦騎手?ラッキーライラックとフロンテアクイーンは勝浦にやられたの巻〜

2019府中牝馬ステークス!〜スカーレットカラーの勝因は勝浦騎手?ラッキーライラックとフロンテアクイ

記事を読む

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走理由及びダノンスマッシュ敗戦の謎に迫る〜

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走

記事を読む

シンザン記念のルーツドールの敗因を探る!

シンザン記念のルーツドールの敗因を探る! ルーツドールはシンザン記念であっけなく負けた。

記事を読む

天皇賞秋大的中のレース回顧〜スミヨンの妨害にも負けず冷静に進路を選択した好判断のルメールが輝く〜

天皇賞秋大的中のレース回顧〜スミヨンの妨害にも負けず冷静に進路を選択した好判断のルメールが輝く〜

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置と

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑