2018ホープフルステークスの勝ち馬はサートゥル?的中を届ける有力馬の詳細分析情報!

公開日: : 有力期待馬の考察

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

始まりました!

ホープフルステークス!!

今年最後のG1です(^o^)

以下に

全頭の分析

を書きましたが、有力馬についてはブログに書いていますので、そちらもご参照ください。

では早速行きましょう!あっ、ちなみに、文字数が

「6000字!!!」

を越えていますので、とても長いです笑

読みにくいし疲れます。

ですが、渾身の思いで分析して書きましたので、ぜひ少しでも馬券につなげていただきたいと思います。しかも、今後の、というか、来年以降の皐月賞やダービーにもつながる内容だと思いますので、長い目で見て、呼んでいただければ幸いです。

◎▲の星は一番最後に書いております。

では、覚悟してください!長々といきますよ(^o^)笑

キングリスティア

前走のメイクデビュー阪神での騎乗は、2018年大ブレイクのキセキでお馴染み「川田」ジョッキー!

先頭で終始レース運びを行い、1000m通過61秒2と平均ややスロー。そこを手応えよく最終コーナーまわると、川田がグイグイ押していってはいるが、ムチは使わずそのまま5馬身差をつけての圧勝劇。もし、ムチを使ったらどうなったんだろう?と思わせる内容。走破時計も2分1秒2とまずまず。

レースが2周間前で感覚が詰まっていることや長距離輸送など克服すべき課題はあるが、レース内容だけ見れば「アリ」と見れるだろう。内回りの中山2000を先頭もしくは4番手以内で進めることができそうなのは大いに評価できる。中山の舞台は「いかに4コーナーで前目のポジションにいるか」が重要。4コーナーで後ろから末脚を!という馬は取りこぼすことが多い、もしくは届かず脚を残して終了が一般的なパターン。そのため、キングリスティアは中山が合う舞台と考えられる。そして前走のタイムやレース内容ができれば馬券に入れて抑えたほうがよい馬となるだろう。

レース後も体調良く、カイバ食いも良いという。そして前走のダメージもないようだ。河内調教師も期待している。水曜の最終追いもCWでラスト11.9と良い脚。とtめお期待できる。

しかし、重要問題発生!

なんと、騎手乗り替わり!!!

これには驚き!

だが、川田ジョッキーは28日(金)は阪神競馬場で騎乗。

理由はおそらく、有力馬がいるから。ということで調べると、いました!!!

阪神6R「サトノルークス」池江調教師。これだなと。

川田「キングリスティアがいてG1に出れるけど、今後を考えると、サトノルークスに乗って今後のG1路線につなげたほうがいいな」と思っているかもしれませんね。まあ、前々から先約が入っていたのかもしれませんが。

ですが、先頭を走るであろう重要なペースメーカーの役割をするジョッキーが内田騎手だと少し頼りない。しっかりとスローペースに落としてくれるのだろうか。未知数。怖い。

そのため、上手く乗れれば馬券内に突っ込んでくる可能性は大アリだが、間違ってハイペースで爆走するとオワリ。。。

だから、馬券的には抑えても良いが、なんとも買いにくいというのが本音。

ちなみに今週は、火曜日に左回りのWコースで併せ馬。未出走馬相手とはいえびっしり追われて大きく先着と中1週でも手加減せずにやれており、叩き2戦目での上積みも見込めそうではあるがなんとも微妙だ。

サートゥルナーリア

詳細は、ブログの記事に書いたのでそちらを参照ください。ここでは、中間経過を述べておこうと思います。

前走後は放牧を挟み、12月4日に栗東帰厩。坂路を入念に乗り込まれており、調整過程は極めて順調。先週はM.デムーロ騎手を背にWコースで古馬と併せ、終い軽く追われると大きく突き放して楽々先着。今週は助手を背に坂路単走で、中間地点から強めに追われてラスト400m11.9-11.9秒の好時計をマーク。仕上がりは万全。

この馬に関してはもう言うことなし。たぶん、というか馬券内にくることはほぼ間違いないだろう。長距離輸送が当日どうかだが、パドックや返し馬でチェックして問題なければ素直に買いだろう。オッズ妙味はたぶんないが笑  だが軸としては申し分ないのではないだろうか。私は◎として扱う。

ニシノデイジー

この馬に関してもブログに書いているため詳しくはそちらを参照願いたい。

前走の5日後には坂路入りを再開してきちんと乗り込まれており、調整過程は順調そのもの。ここ2週は勝浦騎手を背にWコース併せ馬で、先週は強めに追われて併入も大きく追走してのものだけに内容的には問題なし。今週は前半抑えて終いだけ軽く追われたが、軽快な動きで反応も上々。馬体もすっきり仕上がっており、実力をきっちり出せる状態であろう。これは、馬券内に来る可能性が高い。しかし、サートゥルに勝てるかというと、それはなかなか難しいのではないかというのが見立て。しかし、適性はあるし、勝負根性ありなので、内枠で詰まりさえしなければ良い勝負。勝ち切るには、サートゥルと併せ馬の形に持っていくのが理想。それができれば良い勝負。

アドマイヤジャスタ

この馬に関してもブログに書いているため詳しくはそちらを参照願いたい。

前走後は放牧を挟んで11月下旬に栗東へ帰厩。11月28日の初時計から軽めのものを含めると10本以上の追い切りをこなしており、調教量は十分。先週は小林騎手を背にWコース3頭併せで、終い軽く追われただけで楽に最先着。23日の日曜が実質的な最終追いで、小林騎手を背に坂路併せ馬で先着し、800m52.2秒の好時計をマーク。前走からの上積みを見込める好仕上がり。騎乗が中山得意のルメールなのでそれだけで買いなのだが、いかんせんあまり器用なタイプではなく、広い阪神や東京コースが一番フィットしていると思う。だが、能力はあるので、そしてルメールなので、スムーズな競馬をして馬券内にくることは大いにある。抑えておきたい馬であろう。

ブレイキングドーン

この馬に関してもブログに書いているため詳しくはそちらを参照願いたい。

この中間もWコース、坂路、プールを併用して入念に乗り込まれており、調整過程は順調。ここ2週は福永騎手を背に追い切られ、先週はWコースで僚馬を追走して4角で追いつき、直線半ばから追い出されると一気に突き放して大きく先着。今週は坂路単走で800m57秒と軽めの内容だったが、荒れた馬場をものともせずに力強い脚どりで登坂。状態面は万全と見てよさそうだ。この馬は中山適性ありでスムーズなら馬券内はあるだろう。しかし、サートゥルに勝てるかというと難しいのでは。中竹調教師2頭出しだが、評価は当然サートゥルが上。2、3着に突っ込んでくることはあるだろうし、3着の福永という呼び名が付くくらいのジョッキーということもあり、もし来るとしたら3着では?と思っている。

ヴァンドギャルド

今乗りにノッてる藤原調教師の馬。前走後は放牧を挟んで12月4日に栗東へ帰厩。9日から24日にかけて週2本ずつ、合計5本の追い切りをこなしており、調教量に不足はない。先週は荻野極騎手を背にWコース3頭併せで、格下馬2頭相手に余裕残しの手応えで併入。今週は助手を背に坂路単走で終い重点に追われ、ラスト400m12.8-12.4秒とまずまずの時計内容だった。現状の力は出し切れる仕上がり。しかし、前走を見ると、中団後ろから、脚を伸ばしており、4コーナーもポジションを上げずそのまま。ゴチャついた馬群をなんとか進路を見つけて間を縫っていったん先頭に立ったが、後ろからニシノデイジーにすんなりかわされ、外の馬にも詰められている。距離も1800mでこの内容なので、脚質的に2000mは長いと感じる。マイルの藤原厩舎なので、今後は1600mで活躍していくのではないだろうか。今の時点で、前走と同じようなレースをするならば買わなくてもよいと考えている。

 

ミッキーブラック

先週Wコースで格下馬と併せて併入も、手応え劣勢で時計も平凡。今週は助手を背に坂路でオープン馬と併入したが、素軽さが感じられず、前走からの上積みはどうか。

前走の内容を振り返ると、出馬しているメンバーが強いラジオNIKKEI京都2000mだった。1000m62秒3とスローペース。4コーナーまでの位置取りはスムーズで前目と中山適性はありそうに映る。しかし、スローの前目でいったんは先頭に立ち「おっ!!」と思わせたが、その後は脚がにぶり馬群に沈んでいった。他馬にもあっさりとかわされ、評価できない内容である。むしろ、今回出場するブレイキングドーンが強かった!と思わせる内容であり、買うならこっち。ミッキーブラックは立て直しが必要であると考える。そして、前走に乗ったCデムーロがヴァンドギャルドへ乗り替わり。ミッキーブラックはOマーフィーへ。たぶんCデムーロも前走の内容からみるに、ヴァンドの方が見込みがあると感じているのだろう。

 

コスモカレンドゥラ

先週、今週と2週続けてWコース併せ馬で、ともに楽な手応えで先着と動きも良く、状態面は万全。

この馬は9月に未勝利戦ながら中山1800mを勝っている。しかもこのときのレース内容が良い!戸崎ジョッキーが上手く導いている。3コーナーまで3番手ほどを進み、最終直線では先頭へ。そのまま脚を伸ばしゴールへ。中山を勝つならこういう競馬だよ!というのをお手本のように見せてくれた。

東京アイビーSでは、1000m通過60越えのスローペースの中2番手追走。最終直線では、持ちこたえて走りきったが、勝ち馬のクロノジェネシスにあっさりかわされ、2馬身差の敗北。最後は一杯になっていたが、堂々と走りきっている。ただ、2000mは少し長いか?と思わせる内容であったことは間違いない。ただ、プラス材料として、このレースを勝ったクロノジェネシスが阪神JFを2着と大健闘していることだ。距離は心配だが、前で運べるレース内容で、戦ってきたメンバーも強いので、良い勝負ができそうである。

前走の京都2000m黄菊賞はモレイラ騎乗で1着。いつもの内容の通り前目から直線先頭でそのまま抜け出しゴール。良い競馬したし、距離OKだったが、いかんせん相手が弱すぎる。なんとも言えない内容。しかも坂のない京都。そして、走破時計も2分2秒6。1000mも62秒7とスローで脚を溜めれたこともあるため、評価が難しい。これで1000mが60ジャストもしくは59秒台で直線も伸びていれば評価できる内容だが、そうではないのでなかなかコメントに困るレースだ笑 ただ一つ言えるのは、騎乗に「モレイラ」を乗せるあたり、「すごい期待の馬」であることは間違いない。

まとめると、レースぶりを見て、中山適性は大アリ。騎乗の戸崎も1着は難しくても、2,3着は狙ってくるだろう。突っ込んでくる可能性はあるため、馬券には抑えたい。

 

 

ヒルノダカール

メイクデビュー京都1800mは位置取りは良かったが、最後の直線で追い込めないあたり、距離が長いと映る。しかも坂のない京都。中山は急坂があるため、止まる可能性が大アリ。前走の未勝利戦京都2000mは1着。平均ややスローを4、5番手で追走し、最後は脚を伸ばして勝利。このレースは前回よりもかなり良い内容であった。おそらくひと叩きされて締まってきたのだろう。ただ、坂を走っていないのはどうだろうか。また、いかんせん戦ってきた相手が弱い。そこがどうか。そして、騎手が松田というのも心もとなし。しかも松田騎手は今日の中山では「ヒルノダカールしか乗らない」。プラスに捉えれば「渾身騎乗!」だが、冷静にみると、成績からも騎乗依頼がほとんどないというのが本音だろう。だが、本人は意気込むはずなので、馬同様イレ込まなければよいのだが笑 しかし、中山向きのレース運びができるので、抑えで勝ってもよいかも。

 

ハクサンタイヨウ

今回はお客さん。戦ってきた相手は強いが、その強いメンバーが出走しており、大差で負けていることを考えればここはない。以上。もし来たらミラクルということで笑

 

ジャストアジゴロ

メイクデビュー新潟は超絶スローの中、32秒7の末脚で2着。ただ、勝った馬が次の中山のレースで10馬身差の大敗をしている。前走は騎乗がモレイラ。期待されている。レースは平均ペースの中、後ろを追走。直線で手応えよく脚を伸ばし、33秒6の末脚で駆け抜けた。

この2つのレースを見るに、完全に東京や阪神など、広くて直線の長い競馬場が合うことがわかる。中山のような直線の短い競馬場で後ろから差すというのはなかなか難しいと考える。ただ、後ろから伸びてきて3着に!ということもなくはないが。ただ、今回は、騎乗が中山得意の田辺ということもあるが、なかなか難しいのではないか。チャンスがあるとするならば、今回前目の馬が多いホープフルステークスなので、みんなが飛ばし、ハイペースで流れ、前目の馬たちの脚が鈍ったところを差していくことは考えられる。そのため、ペース次第。あとは、田辺がどう乗るか。2走をみるに、捲くる競馬は教えていないため、おそらく後ろから進めていくだろう。もし3コーナーから押していくとなると脚が鈍る可能性もある。そのため、未知数な馬ではある。なんとも買いにくい馬である。

 

マードレヴォイス

前走ハイペース57秒6を後ろから追走し、末脚を伸ばすかと思いきや全然伸びず。中山向きではないレース運び。しかも距離が1600mで後ろから運んで馬群に沈むのだから距離は持たないだろう。乗った福永も乗り替わりで有力ブレイキングドーンへ。マードレは三浦皇成へ。ここはいらないだろう。来たらミラクル。

 

タニノドラマ

前走は超スローを後ろから追走し、直線脚を伸ばす。しかし、途中内の馬に少し寄られると外へふらつく。そして、左にムチを入れられ、更に外へふらつく笑

でも最後は脚を伸ばしてゴール。まだ若いな~というのが本音。でも良い馬なので、今回は別として、今後、付くべきところに筋肉がついて背骨もしっかりしてくれば狙いたくなる馬。レース運び的には中山向きではなさそう。今回はおそらくないだろう。来たらミラクル笑 何度ミラクル言ってんだって話だね(^o^)笑

 

ということで、

出走馬一頭ずつの特徴洗い出し分析終了。

 

 

 

 

ここからは、ホープフルステークス本題へ。

まず力関係やコース適性、血統など、多くの要素で買いなのが、

◎「サートゥルナーリア」

 

これはもう疑いようがない。馬券内は確実だろう。負ける場合はアクシデントや包まれて進路なく終了パターンくらい。でもそこはミルコ・デムーロ。百戦錬磨の腕でなんとかしてくれるだろう。本命はこの馬で決まり。

 

あっさり決まった◎であったが、ここからが難解。

2、3着に突っ込んできそうな馬がやたらと多い笑

たぶん、普通の平場のレースなら見送るレース笑

 

有馬記念やジャパンカップ、エリザベスなど、他のG1の方が全然予想しやすく的中させられる自信がある。今回は、サートゥル以外は正直なんとも言えないし、どの馬も展開次第で突っ込んでくる可能性がある。だから、以下に来そうな馬は列挙するが、馬券的にはあまり買うレースではないだろう。もっと他のレースの方が的中精度良く、また回収率も高まるだろうということは一応話しておきます。

 

◎サートゥルナーリア

△ニシノデイジー

△ブレイキングドーン

△アドマイヤジャスタ

△ヴァンドギャルド

△コスモカレンドゥラ

▲キングリスティア

ぜひ検討し、このブログを見て少しでも参考になればとても嬉しい!

見ている方の的中を心から願う!!

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ!

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ! 新年明けましておめでとうございます!

記事を読む

稼ぐ!2019札幌記念の陣営のジャッジはいかに!?フィエールマンやブラストワンピースの状態や穴馬は⁇

稼ぐ!2019札幌記念の陣営のジャッジはいかに!?フィエールマンやブラストワンピースの状態や穴馬は⁇

記事を読む

天皇賞秋の狙える穴馬傾向を掴め!5番人気推定スワーヴリチャードが意外と狙える?

天皇賞秋の狙える穴馬傾向を掴め!5番人気推定スワーヴリチャードが意外と狙える? さて、今回

記事を読む

2019京都大賞典で勝つのはエタリオウ?グローリー?ダンビュ?多頭数を制すのは?〜

2019京都大賞典で勝つのはエタリオウ?グローリー?ダンビュ?多頭数を制すのは?〜

記事を読む

2019稼ぐ!愛知杯!分析と予想!レイズアベールが!

ランドネ 前目から勝負でき、今回平均ペース濃厚の中、もしかすると残る可能性あり。アーモンドアイが出

記事を読む

2019秋華賞は◯◯馬を狙え!〜台風に負けるな!〜

2019秋華賞は◯◯馬を狙え!〜台風に負けるな!〜 さて、大型台風で開催自体が怪しい状況だ

記事を読む

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それとも穴馬か?〜

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それ

記事を読む

稼ぐ!2019中山牝馬ステークス!ワンブレス&アドマイヤ他!

稼ぐ!2019中山牝馬ステークス!ワンブレス&アドマイヤ他! 今回は高配当狙いのレースじゃ^_

記事を読む

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

記事を読む

稼ぐ!2019関屋記念!ケイデンスコールは勝てるのか?

稼ぐ!2019関屋記念!ケイデンスコールは勝てるのか? 新潟1600mマイル戦 過去レー

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020京都記念でクロノジェネシスが好走する?

2020京都記念でクロノジェネシスが好走する? 京都記念にクロ

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か?

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か? 東京新聞杯は

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!?

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!? 今回

2020根岸ステークス予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙える!?

2020根岸ステークスの予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリー

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑