稼ぐ的中分析!京都金杯で勝つのはサラキアかカツジか?パクスやラブも?詳細分析の競馬予想!

公開日: : 有力期待馬の考察

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

稼ぐ的中分析!京都金杯で勝つのはサラキアかカツジか?パクスやラブも?詳細分析の競馬予想!

京都金杯(1600m)外回り ハンデ戦

 

今回は2019年開幕の京都金杯を詳細分析したいと思う。まだ、騎手や枠が出ていないので星については今後また公開しようと思う。ご期待あれ。しかし、以下の馬についての内容を見ると、「コイツ意外と…」「なんだ期待していたのに、買わなくていいんだ」と気付きがあるかもしれない。ぜひ読んで、馬券的中につなげ、大いに稼いでいただきたい。では詳細分析にうつる。

 

ロードクエスト

父マツリダゴッホは中山コースの鬼。京都は天皇賞春のみで、そのときは11着と結果は出ていない。ロードクエスト自身も4戦1勝、3戦は大敗となっている。1勝はデムーロのエスコートによるもの。ちなみに、デムーロは3戦して、1着2回、2着1回と完璧な成績。つまり、ロードクエストはジョッキーによって力を発揮できるかどうかが大きいところもある。しかし、今回はデムーロがバカンスへ。つまり、難しい状況であると考える。

 

乗り方としては、3コーナーから捲っていき、4コーナーで末脚を伸ばすことが勝利パターン。だが、スムーズにそれができるかどうか。騎乗による。不安定要素がある。

つまり、上手く乗る騎手であれば、馬券内に入ることはある。しかし、そうでない場合は厳しい。特に、内枠を引いて内で進路なく詰まり、脚を残すようなことがあると大敗もありえる。取捨が非常に難しい馬であることは間違いないであろう。この馬は、ミルコデムーロが乗ったときが買い。今回は福永が騎乗で未知数。

キャンベルジュニア

非常に評価がにしくい馬。父はスプリンターズステークスを制した香港のウルトラファンタジーと同じであり、その素質はありそう。そのためか、8、9月と1200m戦を使っている。しかし、切れる脚がそんなになく、パワー型の素質があるためか、レースを見る限りそんなに適性があるようには見えない。休み明けは苦にせず走るタイプであるが、今回はどうだろうか。この馬も騎手によって変化がありそうだし、流れ一つで馬券内か圏外かがきまりそうな不安定な感じ。評価が難しい。しかも、まだ騎乗が決まっていない。

ヒーズインラブ

父がハーボンジャーで少し荒れた馬場は得意。ペルシアンナイトやモズカッチャン、ブラストワンピースと父が同じ。前走のG1マイルCSのレースで8着も、メンバーレベルが高く、とても内容のあるものであった。道中12番手で後ろから追走。内で脚を溜めて最後の直線も藤岡が進路を選んだのは内側。勝ったステルヴィオとペルシアンナイトの進路を通り、グンと脚を伸ばしているところは、とても評価できる内容であった。勝った馬がステルヴィオで、ペルシアンナイト、アルアインと続くメンバーであるため、負けて強しと言ってよいだろう。タイム的にも、コンマ4秒しか負けていない。同じようなレースができれば、このメンバーの中では有力の一頭と言えるだろう。

カツジ

父がディープインパクト。強い3歳世代。前走のマイルCSも4着と強い内容。3着のアルアインとタイム同じ。ステルヴィオとはコンマ2秒差と、枠が外でなければ勝っていた可能性がある。それくらい強い内容であった。ちなみに、3ハロン33.4はメンバー最速の上がり。1600m勝ちも2つ、2着1回ありと良い。そして、今回、池添兼調教師は、「京都金杯で賞金を加算したい(そして、大きいレースにゆとり持って出たい)」という内容の話をしているところを見ると、確かに買いな気がする。個人的にも、マイルCSであれだけ強い競馬ができるのだから、能力はあるし、まだ3歳ということを考えての成長分や経験を考えると、ゆくゆく大きいところのG1かG2を獲れる力の持ち主だと思う。ここは通過点にしないといけないのではないか。しかし、1600m戦は出遅れや内で包まれて脚を残した、なんてこともありうる。しかも、騎乗は松山。そこまで信頼はできない。つまり、力はあるし、良い勝負をするだろうけども、展開や松山次第では馬券外に沈む可能性もありうるということだけは確認しておきたい。これが、デムーロやルメールだったら明確に買い!とジャッジできるのだが、2人ともバカンスのため残念ながら不在。そうなったら、星は上位に留める。

マイスタイル

逃げ馬。前走の中日新聞杯では、1000m58秒7で通過。とても疑問なことに、騎乗の田中勝春は後ろの馬に突っつかれていないのに、なぜこんなにハイペースにしたのか?ということである。逃げ馬に乗る場合は、できるだけ1000m60~63秒位におさめてスローに落とし、最後の直線までにラップを上げていき、直線で突き放すというのが勝ちパターンだと思うが、それをしないでいる。私の読みだと、これは残念ではあるが、「ラップを体で刻めない」のだと思う。武豊や川田、ルメールだと1000m60~63秒の感覚というか、体内時計とでも言うのだろうか、そうしたものが備わっており、正確にスローペースに落とすことができる。だが、恐らく田中勝春はそれができない。技術がないとでもいうのだろうか。そのため、単騎逃げなのにハイペースにするという暴挙に。これでは、馬券内にくるものもこなくなる。今回も、直線の長い京都外回りで、ハイペースにしてしまうともうその時点で終わり。キタサンブラックやキセキのような怪物級のスタミナが備わっているのであれば話は別だが、マイスタイルにそんな力はないだろう。勝ったレースを見ても、直線の短い函館や福島であり、多少スタミナが切れても、そのまま差される前にゴールするというのが勝ちパターン。あとは、逃げるときじゃなくて、2番手や3番手で息を入れて4コーナー先頭で押し切るパターン。この馬を買うときは小回りで直線短いときだろう。今回はさすがに適性があまりないと見る。もし来たときはミラクルということで笑

パクスアメリカーナ

前走の内容が強い。休み明けにも関わらず4馬身差の圧勝。しかも、阪神外回りコースと、坂はあれど、今回とコースが似ているため、期待できる。騎乗も川田が乗るため、信頼できる。しかも、今回は、前走使った上積みが見込める。中間の調整も順調のようである。

ここは突き抜ける競馬をしてほしい。今のところ、この馬が馬券内を外すイメージがあまりないと見る。前走の余裕勝ちと上積みならば買い

ミエノサクシード

父ステイゴールド。馬場が荒れるもしくは雨なら更に良い。前走は9着だるが、1着の馬とコンマ4秒差。これは詰まるだろう。ただ、後ろからの競馬をするのであれば、もう少し外に出してスムーズに末脚を伸びるように位置取りしてほしい。そうすれば、馬券内も見えてくると思う。この馬は堅実という馬。真面目なのだろう。大きく負けることのない馬。とても安定感がある。こうした堅実に走る馬は、勝ち切ることは少ないかもしれないが、3着以内に絡むことは想定しておく必要があろう。おそらく今回も2,3着は大いにありうる。オッズ妙味があるなら、狙ってみてもおもしろい馬であろう。

グァンチャーレ

前走勝ったが、そのメンバーが強いため評価できるであろう。プロティガルサンやデンコウアンジュ、ブラックスピネルなどである。中団で追走し、内で脚をためる。その後、直線で外へ持ち出し、進路を見つけて伸び切る。前々走は3着。だが、勝った馬とコンマ1秒差でああり、2着のモズアスコットは香港に行くくらいの期待馬。そことほぼ同等に戦ったことは素直に評価したい。切れる脚があるという感じではないが、前目で運べて、かつ位置取り良く、内を突いてくるのがレースパターン。3着以内にくることは想定しておいた方がよさそうである。

リライアブルエース

京都外回り1800mで未勝利勝ちあり。前走は伸びてはいるが、位置取りが後ろ過ぎた。今回の騎乗は坂井予定。前々走も最後方から脚を伸ばし、3着へ。すごく良い脚は持っているが、果たして差し切れるだろうか。前走の内容だと少し厳しいように見える。

ゴールドサーベラス

父スクリーンヒーローの典型的な中山巧者。前走の内容だと厳しいか。後ろの位置取りからそんなに伸びなし。前々走は、これぞ中山巧者というレース運び。長く良い脚というタイプではないように見えるため、今回は難しいかも。中山なら買いたい

サラキア

秋華賞の末脚はとても良い。アーモンドアイはバケモノだから比較はしない。4着だったが、負けて強しな内容。ローズステークスも末脚良く良い内容。外を回って最後の直線でまとめて差し切りもあるだろう。一つ心配なのは、休み明けなのと、体重が減っていないかどうか。成長分としてプラスで出れればよいが、なにせ440キロ前後と華奢だ。これでは、思うような負荷を掛けたトレーニングができない。すると、最後の末脚が甘くなる。もちろん、そこはディープの仔なので能力の違いでカバーするだろうが。しかし、まずは体重を増やして、調教に耐えうる体つくりが最初なのかもしれない。そのための休みだったのか。能力に疑いはないので、体がどうかだけ。成長した体で出走してきたら、迷わず買い。ガリガリに痩せていたら、星を下げたほうが良いかもしれない。当日の体重とパドックの様子が鍵をにぎる。

 

アドマイヤアルバ

京都コースは3戦走って1着1回、2着2回と優秀。適性あり。勢いのあるアドマイヤの近藤オーナーの馬。前走はしんがりから脚を伸ばし5着。しかし、どうしても心配なのが、位置取りである。ほとんどしんがりのあたり追走。これでは、なかなか前の馬の脚が落ちない限り厳しいのではないか。ただ、ジョッキーが岩田。そこはカバーできるかもしれない。実際に、京都新聞杯では、2着に持ってきている。そのときのイメージで乗れば、たぶん結果はついてくるはず。多少評価が難しい。当日の雰囲気と枠順見て。

アサクサゲンキ

前走2着。勝ち馬は今回出走するパクス。パクスがどう見ても強い。買うならパクス。この馬は平均して良い脚ではあるが。前々走は1200m。行き足が付くようにあえてそうした方法を取ったんだろう。前走だけ走ると怖い存在。勝つことはなくても、3着以内はあるだろう。

ツーエムマイスター

少し今回は厳しいと見る。回ってきて終わり。騎手も決まっていない。

スマートオーディン

期待されていたダービーで負けて厩舎を変えたスマートオーディン。松田国英調教師から池江調教師へ。大川オーナーの強い思いがあったのだろう。前走は最後の直線で全く手応えなし。落ちていった。今回も厳しいような気がするが、もしかすると、良いときのオーディンに戻るかもしれない。ここは、調教を入念に見ながら大事に取捨をしていきたい。前走叩いての上積みはあると思う。ただ、難しい。池江調教師が本気出したらココでくるかもしれないが、前走の内容だと厳しいように見える。確かに休み明けでプラス体重だったので、前走は完全な「総練習」だった。もしかすると、ココを狙ってきたとも考えられる。しかも騎乗は京都に強い武豊。なんだか臭うが、もしかすると、もしかするかもしれない難しい馬。

トゥラヴェスーラ

前走は先頭で逃げた。1000m58秒8通過。騎手は藤岡佑介。少し早かったか。

そのため、最後の末脚が鈍った。しかし、前走くらい走ると仮定すると、意外とこわい存在かもしれない。意外としぶとく残っている。たぶん、阪神コースの坂があったからかもしれない。これが今回、京都なので、坂がない。すると、意外とそのまま抜けてくる可能性は大いにある。消すのは怖い存在だと思う。特に平坦京都で逃げ馬は。ただ、騎手次第なところがある。今回はまだ騎手未定。そうすると、やはりわからないと言うか、なんともいえない。ただ、騎手によっては買い!だし、反対に微妙で星を下げる、消すということもありうる。これは出馬表決まって、騎手も決まってからしっかり再度検討が必要な馬

補足として、この馬は前走は確かに逃げたが、その前までは1200mで走っている。これはおそらく距離が長いこと、前々走までの進んでいかない特徴を考慮してのこと、1600mで走らせたいけど流れについていけないこと、それで、試しに取り組んでいると思う。新馬戦は1600mで勝っている馬であり、本来はマイルで走らせたいのが本音ではないか。そして今回はマイル。星が汚れており、人気はそんなにしないと思うが、展開次第では危険な穴馬的な存在。もし仮に、スタート普通出て、前走のように前目で競馬をできて、ラップが1000m60~63秒であれば、おそらく3着以内は可能性があるだろう。抑えておいて良いかもしれない。ただ、上記にも述べたが、騎手次第だところはある。直前にもう一度検討必要な馬である。

コウエイタケル

安定した競馬を続けている。騎乗は小牧。個人的に小牧は好きではない。なぜなら、他の騎手なら3着以内に残せるないようなのに、着外が多い騎手だからだ。しかも、個人的に一番やめてほしいのは、向こう正面からグイグイと押していくところ。これはダービーのレイデオロのように能力あってスタミナもある程度信用できて、かつ手応え良くてであれば問題ないのだが、そうではなく、自分の型に馬を当てはめて乗っており、馬がそれに突いてこれず全くと言っていいいほどスムーズさに欠ける競馬を何度もするからだ。直線で追ってもムチの入れ方や追い方が上手くない。そのため、伸びるべきところで伸びてこない。なので、個人的にこのコウエイタケルという馬自身は評価していきたいが、騎手で大割引。ちなみに、2018年の成績を見ても、小牧は勝率が0.022の確率である。いかに勝てない騎手かが分かる。しかも、3着以内率は0.138と10回に1回ほどしか馬券に残せていないということ。これを見ても馬券を買う側からすると、いかに買いにくいかが分かるだろう。難しい存在だが、小牧という名前だけでわたしは切りたい。だが、これはあくまで、私の個人的な今までの経験則なので、馬券は読者に任せようと思う。馬自身は何度もいうが、3着内に来る、来れるだけの力はあると思う。

ストーミーシー

京都外回りで結果の良いアドマイヤムーン産駒。京都1600外回りも錦ステークスで勝っているため、適性はあるだろう。今回はテン乗りの吉田騎手予定。前走は後ろの位置取りから最後は良い進路を取って伸ばしてはいるが、伸び切らず。昨年骨折しており、その影響からか、本来の走りが戻りきっていないように映る。だが、東京で脚を伸ばして勝っていることからも、能力はあるのだと思う。あそらく、前走の内容を見ると、今回は消しで良いと見る。確かに骨折前だけ走ると怖い存在だが、今回は戻りきってないと判断したい。騎手は吉田騎手へ乗り替わりということもあり、陣営はなんとかしたのだろうが、期待できる内容には至っていない。微妙な存在。

 

さて、ここまでm長々と詳細分析をしてきた。

しかし、詳細分析をしてわかった結論!

このレースは非常に難しい!!笑

なぜなら、ハンデ戦ということもあるが、出走馬がそれぞれまだ適性距離を探っている時期だったり、騎手がコロコロ変わったり、決まっていなかったり。また、脚質も決まっていなくて前からか後ろからか試していたりと、これはどのような展開になるか非常に読みにくい。しかも、1600mのハンデ戦なので、出遅れや包まれたなどを考慮すると、かなり予想が難解。もっと予想が簡単で的中しやすいレースはいくらでもあるというのが私の結論だ。ただ、そのため、穴馬が突っ込んでくる可能性があり、配当がガーッと跳ね上がる可能性は確かに考えられ、名前の通り「金杯」で乾杯できる可能性もある。そこは、あとは自分で判断すべきところ。個人の信念は何かによって買う買わないが決まると思う。わたしは、オッズと直前の雰囲気を見て、ワイドや3連複あたりで、軽めの金額で遊んで、高配当を狙うのが良いレースではないかと感じている。間違っても3連単は買わない。買い目がふえるだけだ笑 高配当は確かに狙いたいが。でも、少点数で高配当ならおもしろいレースだ。そう割り切って、外れてもまあだよな~お前がきたか~くらいで笑うレース。間違っても大金突っ込むレースではない。

 

予想の参考になればと思う。

ぜひこのサイト参考にして的中して稼いだ!!!って人がいたらツイッターやブログのお問い合わせでもなんでもいいので教えていただけるとかなり嬉しい!!!笑

期待しています!!

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!! ◎セイ

記事を読む

2020年京都金杯のレース傾向と追い切り予想!

2020年京都金杯のレース傾向と追い切り予想! 【中山金杯の予想はこちら】→http

記事を読む

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置とは? 何のこっちゃ??っ

記事を読む

2019【AJCC】で稼ぐ!的中につながる全頭詳細分析!!

AJCC全頭詳細分析   少頭数になったAJCC。オッズを見て高配当の予感がプンプ

記事を読む

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!?

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!? 今回は人気になるだろうが、きさらぎ

記事を読む

2019秋華賞は◯◯馬を狙え!〜台風に負けるな!〜

2019秋華賞は◯◯馬を狙え!〜台風に負けるな!〜 さて、大型台風で開催自体が怪しい状況だ

記事を読む

no image

超良血名牝シーザリオの仔サートゥルナーリアの父はアーモンドアイと同じロードカナロア!

超良血名牝シーザリオの仔サートゥルナーリアの父はアーモンドアイと同じロードカナロア!  

記事を読む

稼ぐ‼︎中山記念はウインブライト‼︎

稼ぐ!中山記念はウインブライト‼︎ メイチで仕上げてココを取りにくる陣営とドバイ

記事を読む

2019稼ぐ!愛知杯!分析と予想!レイズアベールが!

ランドネ 前目から勝負でき、今回平均ペース濃厚の中、もしかすると残る可能性あり。アーモンドアイが出

記事を読む

過去5年で4勝2着3回3着5回の◯◯馬をエリザベス女王杯では狙え!!〜輸送を制するものが女王の座に〜

過去5年で4勝2着3回3着5回の◯◯馬をエリザベス女王杯では狙え!!〜輸送を制するものが女王の座に〜

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑