2019シンザン記念の有力馬を詳細分析!良血馬の取捨は?

公開日: : 有力期待馬の考察

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

2019シンザン記念の有力馬を詳細分析!良血馬の取捨は?

 

シンザン記念

 

昨年、このシンザン記念を勝って三冠馬になったアーモンドアイが出たため、とても注目度の高いレースとなっている2019年。

今年はどの馬が勝つのか?いつものように詳細分析を行い、的中精度を高めたい。そして、大人ながら、お正月のお年玉をガッツリとGETしたいと考える。

では、早速詳細分析を行っていきたいと思う。

 

クリノガウディー(藤岡佑)

新馬戦は内目の良い位置を確保し、中団をそのまま追走。直線は進路がある外へ持ち出し、ムチを一発入れると、キレキレの末脚健在。良いレースができていた。

2戦目は3番手外目を追走。直線ではトップに立つも、少し仕掛けが早すぎた。そのため、戸崎も馬も、甘くなった。そして、甘くなったところを外から差された。この馬は中団から前に馬を追いて目印にし、末脚を伸ばすほうが会っているタイプ。課題が見え、次につながる競馬をしている。

そして、朝日杯FSでは、2着。道中4番手追走。4コーナーで進路が狭くなる不利を受けているが、物ともせず、良い進路を取ると、そのままアドマイヤマーズを目印にして末脚を伸ばし2着へ。新馬戦を見ていれば勝っておくべき馬だったことが分かるため、9番人気は美味しかったのではないだろうか。しかし、今回は人気になるだろうから、少し検討が必要である。間違ってスタートよく、他の馬が前に行かない場合で先頭もしくは2、3番手で追走し、直線でトップに立つと気を抜いてしまうため、できる限り中団で抑え、4コーナーで良い位置を確保し、前に目標を追いて末脚を伸ばす展開に持っていけるかどうかが鍵。騎手の腕次第なところはあるだろう。しかも、1600mなので、内で詰まったら出てこれない、もしくは仕掛けが遅くなることも考えられるため、そこは考慮したい。しかし、操縦性良く末脚も良いため、ここでは上位評価は当然だろう。

 

アントリューズ(川田)

父が2018年を騒がせたロードカナロア産駒。

新馬戦は後ろから追走。1000m越えたところで位置を取りに上がっていく。しかし、思うように進んでいかず、そのまま手応えなく沈んでいった。見応えない新馬戦の内容。

2戦目は、スタートよく、3番手追走。直線では前の馬を見て進め、押していきながら、最後はグンと脚を伸ばし勝利。とても良い内容の勝利。

3戦目は、4番手追走。直線では押してポジションを上げ、ムチを使わず押すだけで勝ち。この内容はとても強いものであった。好位で進めて終いが良いとなると、とても買いたくなる馬なのは間違いない。2、3戦目を見る限り、非常に有望な馬であることは間違いない。しかも、騎手が戸崎から川田へ乗り替わり。川田の方が上手く乗れるのは間違いないため、騎乗強化とみる。今回は勝負に来ているかもしれない。買い。

 

ドナウデルタ(福永)

こちらも父が2018年を騒がせたロードカナロア産駒。母はドナウブルーと名牝。ドナウブルーの母はディープ。そのため、ドナウデルタは、ローロカナロアの血とディープの血が入っている良血馬。しかもサンデーレーシング。かなりの期待を感じる馬である。

メイクデビューは、8番手追走。直線はすごい末脚で迫るが捉えきれずの2着。しかもレース映像を見る限り、本気で走っていないように見える。もし本気で走るとどれくらいのものなのか気になる内容であった。

2戦目は、後方から進めたが、途中でポジションを押し上げ、中団へ。直線は良い位置から脚を伸ばし、余裕の差し切り勝ち。このレースもまだ本気で走ってないように見えた。まず、首が高い。もっと沈むように踏み込んで走れば更に良い脚を使えると思う。まだ成長途中でとても期待できる。しかも、最初に後ろのポジションから押し上げて脚を使っているにも関わらず、最後の末脚もとても良いものであった。これは大いに評価できる内容である。

3戦目は、7番手ほどで追走。3コーナーから押しているもののポジションが上がらず。4コーナーでは外の馬に当たりそうになり急遽進路変更で内へ。一旦ブレーキをかけたためか、伸びてはいるもののスムーズさに欠けたレースであった。騎乗はモレイラだったことから、相当な期待があったと思うが、厳しかった。そして、勝った馬がアドマイヤマーズであり、レースレベルは今までと違い、高いものであった。負けたものの、道中のポジション取りや直線の不利がなければ3着はあっただろう。少しの修正ができれば、本来の走りはできるだろう。長い目で見て追いかけていきたい馬である。そして、今回は、前走の負けが嫌われてのオッズんら良い馬券になるかもしれない。

 

ゴータイミング(武豊)

父はディープ。

新馬戦は、雨の中、外の7番手ほどを追走。直線は、ムチを入れられると末脚を伸ばし、捉えきる強い競馬。しかも捉えた相手が良血サトノルークス。ディープのリッスン。なかなかに強い競馬であった。

2戦目は外の8番手ほどを追走。道中は折り合わず掛かり気味に進んでいく。直線は全く反応せず沈んでいった。おそらく、道中でポジションを上げていったせいで、(掛かったせいで)最後の末脚が不発だったのだろう。レイデオロのように押し上げていって末脚も発揮という力があるのではと進めていったのかと思うが、まだその力はなかったのだと思う。まだ若い。今回のシンザン記念はしっかり中団で折り合わせ、末脚勝負に持ってくるはず。そうすれば、良いレースができるのではないだろうか。

 

ニホンピロヘンソン(浜中)

新馬戦は、道中3番手追走。手応え良く直線へ。そのまま脚を伸ばして完勝。

2戦目は、ハナをきる。1000m62秒のスローペース。そのまま先頭で直線へ。後続に詰め寄られず完勝。2番手の馬にもすっかけられてプレッシャーを受けているはずだが、物ともせず脚を伸ばしたところが強い。

3戦目は朝日杯FS。スタートで内の馬にぶつかりにいってしまう。そのため、ポジションが取れず中団から追走。道中ポジションを押し上げ脚を使う。そのため、最後の直線で末脚が使えず大敗。この敗戦はスタートで決まった。この馬は前目で楽に追走させて脚を伸ばす競馬が合っていると思う。今回のシンザン記念はどんなレースを浜中がするのだろうか。そこが未知数だし、スタートも未知数。なかなか買いにくい馬だが、能力はある。そして、今見て納得したのだが、父が気性難のルーラーシップであった。たぶんその血が騒いだのだろう。最近ではダンビュライトが放馬したが、あんな感じの血統である。買いにくい馬だ。難しい。

 

 

ヴァルディゼール(北村)

父が2018年を騒がせたロードカナロア産駒。母の父はハーツクライ。良血馬。

新馬戦は3番手ほどを追走。直線はムチが入ったが、余裕の手応えで脚を伸ばし完勝。馬は本気を出していない。底がまだ見えていない。しかし、このレースだけを見ると内容が良いので買いたくなる。1000m通過が61秒3とスローだったが、この流れでキッチリ脚を伸ばして完勝するあたり、ポテンシャルは相当に高い。今後も長く見ていきたい馬である。しかも、母父がハーツクライなので、晩成型で歳を重ねて更に強くなるかもしれない。今後に期待。今回のシンザン記念は、スムーズな競馬ができれば買い。北村がどう乗るか。もしスムーズに手応えよく乗れれば、馬券内にくることはあるだろう。

 

ハッピーアワー(秋山)

父はハービンジャー。母父はディープの良血。なんだか今回のレースは良血ばかり。去年のアーモンドアイの影響がかなり出ていると思われる。凄いメンバーである。

新馬戦は道中5、6番手追走。徐々にポジションを上げていき、直線は脚を伸ばすも2着。勝った馬がその後に活躍していないところを見ると、レースレベルは低いだろう。

2戦目は、道中2番手で追走。直線で先頭へ。そのまま押し切るかと思いきやクビ差で捉えられる2着。先頭に立つのが早すぎたため、馬が本気を出さず差された。秋山のミス。

3戦目は、5番手追走。手応えよく直線へ。ここはしっかり前に目標を追いて末脚を伸ばし捉えきり勝利。

4戦目は、8番手ほどを追走。4コーナーで押し上げていき、直線はしっかり脚を伸ばして勝利。

5戦目は、8番手追走。4コーナー溜めて、直線でぐんぐん脚を伸ばして3着へ。勝った馬は強いアドマイヤマーズ。そこにコンマ5秒差ならまずまず。今回も同じような競馬ができれば、馬券内に突っ込んでくることはあるだろう。

 

さて、有力馬7頭について詳細分析をしてきたが、他の馬はもう少ししたら見ていこうと思う。この7頭の中で軸にできる馬がいると思う。

あとは、当日の気配や枠順を見て、更に詰めて予想していきたいと思う。

今日はここまで。

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それとも穴馬か?〜

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それ

記事を読む

2019 秋華賞泥んこ不良馬場開催の本命馬大公開!狙うは道悪巧者オルフェーヴルの血が騒ぐ!?〜

2019 秋華賞泥んこ不良馬場開催の本命馬大公開!狙うは道悪巧者オルフェーヴルの血が騒ぐ!?〜

記事を読む

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ!

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ! 新年明けましておめでとうございます!

記事を読む

稼ぐ!2019エルムステークス有力馬診断!!

稼ぐ!エルムステークスの有力馬診断!! グリム エルムS(日曜=11日、札幌ダート1700メート

記事を読む

アルゼンチン共和国杯で優勝するのはどの馬だ?不確定要素の多いメンバーに予想が難解で困るぞ!

アルゼンチン共和国杯で優勝するのはどの馬だ?不確定要素の多いメンバーに予想が難解で困るぞ!

記事を読む

名牝の血を引く『ルーツドール』がシンザン記念で快勝する!?

名牝の血を引く『ルーツドール』がシンザン記念で快勝する!? さて、今回は今週12日(日)に京

記事を読む

2019新潟記念 〜レイエンダの状態は?カデナの末脚発揮?穴はフランツ?〜

ー1週前の状態から雰囲気を探るー     レイエンダ 美浦・藤沢和雄厩舎 牡4 父キン

記事を読む

no image

2019日経新春杯! 稼ぐ的中のための詳細分析!!

日経新春杯   レースラップ 1000m通過は約60秒ジャストから62秒

記事を読む

世代王者はアーモンドアイなのか?〜天皇賞秋でサートゥルとバトル〜

世代王者はアーモンドアイなのか?〜天皇賞秋でサートゥルとバトル〜 はい、今週は天皇賞秋とい

記事を読む

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

菊花賞の本命馬大公開!軸馬は武豊ワールドプレミア!!ヴェロックスに逆転可能!!〜2019〜

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020京都記念でクロノジェネシスが好走する?

2020京都記念でクロノジェネシスが好走する? 京都記念にクロ

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か?

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か? 東京新聞杯は

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!?

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!? 今回

2020根岸ステークス予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙える!?

2020根岸ステークスの予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリー

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑