秋華賞優勝のクロノジェネシスが狙えた理由とダノンファンタジー敗戦の理由に迫る!2019

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

秋華賞優勝のクロノジェネシスが狙えた理由とダノンファンタジー敗戦の理由に迫る!2019

昨日の大型台風もあり、京都競馬場は『稍重』開催となった。
正直、昨日の不良馬場からすると、「1日でこんなに戻るものなん??」と馬場造園課の方に脱帽だが、本当に凄い仕事ぶりだと思う。
はい。では早速レースを振り返るが、1000m通過58.3秒という稍重にしては『速いペース』であった。
その速いペースの中、ハナを切ったのがなんと「ビーチサンバ」と「コントラチェック」。
コントラチェックはなんとなく「前に行かないとダメたろうな〜」とは思っていたが、なんとビーチサンバがハナを切るとは思わなかった。
だが、伏線はあって、前走のローズステークスでビーチサンバは番手から先頭に立ってレースを作っていた。
馬場も少し重く、前残りを狙ったのだろうが、福永騎手の体内時計はあまり信用ならない。
ゆえに、58.3秒という速いペースで逃げてしまった。これは、2000mでは厳しいペース。60〜62秒以内で逃げれば可能性はあっただろうが、今回は厳しかった。外からコントラチェックがきたのもあり、ペースを落としきれなかったのだろう。
1000m通過時点でビーチサンバとコントラチェックは終了であった。
さて、ここからが大事だが、ダノンファンタジーからいこうと思うが、スタートが1番良かったダノンファンタジーはあろうことか、「上記2頭に付いていってしまった」
つまり、スタートが良かったことが逆に仇となり、ハイペースに巻き込まれてしまうハメになったのだ。
「それじゃ、手綱を引いて中団で折り合わせればいいのでは?」と思うかもしれないが、これはスプリンターズステークスの呪縛(内枠で缶詰にされた)が頭をよぎり、「もし手綱を抑えたら、また誰かに缶詰にされて撃沈してしまう」と川田騎手は思ったに違いない。
だから、スタート良くそのまま出していったのだと思う。だが、あのハイペースで付いていったら、そりゃ、ダノンファンタジーの力があっても最後は力尽きる
直線では、それが如実に出ていた。
ということで、

ダノンファンタジーの敗因は「スプリンターズステークスの呪縛」。

さて、では優勝したクロノジェネシスに。この馬は、阪神ジュベナイル力負けの2着、余裕のクイーンカップ優勝、不利を受けた桜花賞3着、北村の下手な乗り方オークス3着と実力はあったにも関わらずあまり報われなかった馬だということが「前提」としてある。
その上で、「夏にどれだけ成長したか?」が鍵となるが、陣営は「春はカイバ食いが良くなく、体が減るため、あまり調教の本数をこなせなかった」と話していた。
続けて、「夏の休養中はカイバ食いが良くなり、体重が増えたことから、調教を積めるようになった」と話している。
北村騎手は、「春までは力任せに、オリャー!!とガムシャラに走っていたけど、夏場からは良い意味で力を加減して走れるようになり、操縦しやすくなった」と話している。
つまり、ここから分かるのは、「実力を持っており、かつ、調教で更にパワーアップし、かつ、操縦性も高くなった」というスーパーホースに近付いてきたということ。
不安な点として、最終追い切りで「併走馬を抜けなかった」ことがあったと思う。確かに「手応え大丈夫か?」と思ったが、北村騎手は手綱をガッチリ抑えたままの状態で「いつでも追い抜けるけど、あえて追い抜かない」というようにも見える。捉え方の違いだが、見る人から見たら「先着してない」ことが「状態が良くない。バゴ産駒は早熟だからもう終わった」と判断した人が多かったのだと思う。
だからこその4番人気評価だったのだろう。本来なら実力的に2番人気くらいになっても良かっただろう。
そして、レースだが、中団やや前目でしっかり折り合い、直線に差し掛かるところでは、出したい外の進路にパッシングスルーがいたが、北村騎手が上手く外に出して進路を作った。この騎乗はスムーズで良い乗り方。
途中、追っているときに内側からカレンブーケドール津村騎手が狭いところを強引にこじ開けてくる。
 
この津村騎手の欧州の騎手のような強気な乗り方は凄い。(肘打ちかな?とも見えるが笑)
普通ならこじ開けられず、万事休すなところを自分の体をガツンと当ててまで進路を作ろうと頑張っている。そして、カレンブーケドールも負けず嫌いというか、狭いところを臆せず津村騎手のように当たりに行くのも凄い。これは人馬一体。よくぞ2着まで持ってきた。
写真を見てもらえば分かるが、ダノンファンタジーの川田騎手もムチを無意識だとは思うが、カレンブーケドールの進路を防いでいるようにも見えなくもない。
今回のレースは北村騎手が上手く乗ったのはあるが、それ以上に「津村騎手の本気度」が垣間見えたレースとなった。先週のアエロリットといい、腕は悪くないと思う。今後も頑張ってほしいと思う。
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019凱旋門賞のレース回顧〜エネイブル3連覇ならず!日本馬撃沈に迫る〜

2019凱旋門賞のレース回顧〜エネイブル3連覇ならず!日本馬撃沈に迫る〜 さて、日本のトッ

記事を読む

出世レースのアルテミスステークスを勝つのはリアアメリアか?それともサンクテュエール?オータムレッドか?〜2019〜

出世レースのアルテミスステークスを勝つのはリアアメリアか?それともサンクテュエール?オータムレッドか

記事を読む

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走理由及びダノンスマッシュ敗戦の謎に迫る〜

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走

記事を読む

サウジアラビアRC回顧〜大出世確実サリオスのレコード決着の裏側には驚きの事実があった〜

サウジアラビアRC回顧〜大出世確実サリオスのレコード決着の裏側には驚きの事実があった〜 は

記事を読む

no image

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み!

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み! さて、シンザン記念ですが、なんと

記事を読む

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

記事を読む

犬猿の仲ルメールVSスミヨンはルメール勝利!〜ルメールとスミヨンはなぜ仲が悪いのか?2人の過去のパンドラの箱を開ける〜

犬猿の仲ルメールVSスミヨンはルメール勝利!〜ルメールとスミヨンはなぜ仲が悪いのか?2人の過去の

記事を読む

no image

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧!   中山金杯&京都金杯

記事を読む

京都大賞典レース回顧〜3連単181万円高配当がなぜ生まれたか?ドレッドノータス優勝に隠されたチームプレーの秘密に迫る〜

京都大賞典レース回顧〜3連単181万円高配当がなぜ生まれたか?ドレッドノータス優勝に隠されたチームプ

記事を読む

2019 新潟記念の回顧〜なぜユーキャンスマイル勝てた?レイエンダ敗戦なぜ?

2019 新潟記念の回顧〜なぜユーキャンスマイル勝てた?レイエンダ敗戦なぜ? 今年の新潟記

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Comment

  1. ゆうネクッチ より:

    初めましてです。フォローいただきありがとうございました。私も昨日 カレンブーケドールを信じて3連複当てました。今日のフロンテアクイーンも素晴らしい騎乗を見せてくれた津村騎手
    今日もドゴール期待しています。これからもよろしくお願いします。

    • honnyomoune より:

      コメントありがとうございます!
      カレンブーケドールは勝浦騎手のおかげですね笑
      フロンテアクイーンの津村騎手は本当に上手かった!

  2. 71keisuke より:

    ブログ拝見しました。
    川田くん(ダノン)の考えは違いますが、津村くん(カレン)に関しては同様です。紫苑S上位組の敗因もあればよかったと思います。菊花賞の総括ブログの時にはぜひお願いします。

    • honnyomoune より:

      コメントありがとうございます✨
      菊花賞は総括していきたいと思います!
      ちなみに、ブログで書いた最新の府中牝馬ステークスの回顧はどうでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

阪神JFの過去5年のペースから見えてくる勝ち馬は?決め手の生きる展開で輝く上位3頭〜リア&ウーマン&クラヴァシュ〜

阪神JFの過去5年のペースから見えてくる勝ち馬は?決め手の生きる展開

阪神ジュベナイルFは怪物リアアメリアか?来年の牝馬クラシックを賑わせるのはリアアメリアか?それともウーマンズハートか?はたまたクラヴァシュドールか?〜上位馬診断〜

阪神ジュベナイルFは怪物リアアメリアか?来年の牝馬クラシックを賑わせ

チャンピオンズカップは3歳の怪物クリソベリルが勝利!!なぜゴールドドリーム負けた?インティは終わってない?なぜチュウワウィザード負けた?〜レース回顧〜

チャンピオンズカップは3歳の怪物クリソベリルが勝利!!なぜゴールドド

チャンピオンズCの印大公開!!〜勝つのはG1実績充分のゴールドドリームか?単騎逃げ武豊インティか?本格化チュウワウィザードか?3歳怪物クリソベリルか?インスタ事件のデットーリ騎乗オメガか?〜

チャンピオンズCの印大公開!!〜勝つのはG1実績充分のゴールドドリー

チャンピオンズCで勝つのはインティか?それとも3歳クリソベリルか?古馬のゴールドドリームか?〜上位馬診断〜

チャンピオンズCで勝つのはインティか?それとも3歳クリソベリルか?古

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑