2018有馬記念サイン予想&結果&回顧! ブラスト勝利!

公開日: : レース回顧(サイン&展開)

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

2018有馬記念サイン予想&結果&回顧! ブラスト勝利!

 

2018年の有馬記念は

ワイド馬券的中軸はレイデオロ!

 

2018年の有馬記念はレイデオロとシュヴァルグランのワイド的中!

レイデオロは中間を順調に過ごしおり、ここは力が上位。しかも、ノーザンファーム的には

 

「この馬を勝たせて種牡馬の価値を上げてやろう!!ヘッヘッヘッ」

 

と企んでいたに違いない。

 

だから、レイデオロは必ず1着、もしくは2着にはくるだろうと考えていた。だから、軸はすぐに決まった。

 

しかし、ここからが難しかった。何が難しいかというと、

 

紐はどうする?

 

当初、中間の内容から「シュヴァルグラン」がとても調子良い雰囲気だった。

追い切りを見ても、

 

2017年のジャパンカップを勝ったときよりも良い時計!!

 

だったのだ。だから、この馬を狙うことを考えていた。

しかし!!!

枠順抽選で、あろうことか、友道調教師が外枠の15番を引いてしまったのであった。

解説すると、中山2500mはインでいかに脚を溜めるかが勝負のポイントの一つであるということ。

つまり、外枠を引くと、おのずと良いポジションを取れず、内にもぐりこめなくなる。すると、終始外を周ることに。これはかなりの距離ロスが発生し、ハナ差やクビ差で決まる決着の多い競馬においてかなりの不利であることは言うまでもなく分かるだろう。

だから、シュヴァルグランが外枠を引いた時点で自分の心の中は

 

「まじかよー!!友道さん何してくれてんじゃい!!!おい!!」

 

という感じ。せっかく良い出来で騎乗もシュヴァルグランはこの騎手じゃなきゃ成績上がらないと思うほど合っているボウマン。もう買い要素でしかなかった馬が、外枠。私の心はズタズタに。

 

絶対プラス思考導入して前向きに!笑

 

しかし、少し考えてから、悔やんでてもしゃあない!ということで、

「絶対プラス思考」

を取り入れることに。これは、とにかくどんなこともプラスに解釈してやろう!というもの。すると、なんでも前向きになれる魔法の方法。

だから今回も、

「これは外枠が嫌われてオッズが下がり、配当が増えそうだ!逆にチャンス!!!」

と発想を変えた。

すると、全てが好転して見えてくる。

このときのシュヴァルグランの最終オッズは

 

単勝22.7倍

複勝3.4―5.6倍

レイデオロとのワイドは6.9倍

 

である。気づいただろうか?こんなに美味しいオッズとなっていた。

さすがに1着はないと思っていたので、単勝は消し。複勝とレイデオロとのワイドを考えていた。

しかし、上記にも述べたが、レイデオロは必ず1,2着にくることは確信していたので、ワイドへ。これだけ今回調子の良いシュヴァルグランなので、2,3着はありえるだろうと踏んだ。

 

そして、見事、ワイド馬券6.9倍をGET。

 

消したブラスト

 

ちなみに、勝ったブラストワンピースは消しにしてしまっていた。

これまでの過去レースを見て、池添騎手のダメ騎乗が目立ち、今回もさすがに、馬の能力はあっても、池添だからな~、こないだろうと思っていたからだ。

 

だが、1着だった。

自分が甘かった。

かなり自分を責めました。もちろん馬券は的中し回収率も上がったのでその点は良かったが、自分の予想が外れることに関して、自分を許せなかった。

しかも、ダメ騎乗の目立つ池添騎手であっても、能力のあるブラストワンピースだったから余計に許せなかった。この馬は個人的にとても好きで、ダービーは厚く買った記憶がある。そして惨敗した。笑

でも、勝ったワグネリアンよりも、ブラストワンピースの方が力は上だと今でも思っているし、かなり期待しているのも事実だ。

だが、今回は消してしまっていた。悔しすぎた。

 

なぜブラストを消したのか?

 

それは、前走の菊花賞で最後の直線が伸び切らなかったからだ。3000mの菊花賞で2枠3番という絶好枠を引いたにも関わらず、内で脚を溜めて最後の直線で末脚爆発させて勝利するはずの展開が、なんと伸びずの4着。確かにまずまず良い競馬をしてはいるが、最後に伸び切らないのはなんとも不甲斐ないものに映ったのだ。強さで言ったら、エタリオウの方が強い競馬をしているし、それに勝てないようでは、有馬記念でレイデオロに勝つなんてそんなのは無謀だろうと考えていた。

だが、有馬記念では、1着だった。

そこで、中間の情報を見ると、確かに気になった情報が!!!

 

騎手と調教師のコメント

 

池添騎手のコメント

「菊花賞から有馬記念までの短期間で背腰の筋肉が付いてきた。すごく良くなっている。」

というコメント発見!

菊花賞4着の内容から、更に上昇が見込めるコメント。

 

管理する大竹調教師のコメント

「追いきった後も順調。背腰が良くなっていますね。」

とこちらも、上昇のコメント。馬は背腰がしっかりしてくると、

 

「本格化」

 

と言って、見違えるように強くなる。人間でいうと、体幹がしっかりして軸がブレなくなる、疲れにくくなるような感覚に近いだろうか。

だから、菊花賞のレース内容だけで判断した私の決断は間違っていたのである。なんとも悔しい。

 

そして、当日は、

 

当日の馬場状況

 

「雨」が降っていた。馬場は「稍重」発表。

ここで私が考えたのが、「キセキ」と「ミッキーロケット」

おそらく、泥んこ菊花賞を勝っているキセキと、馬場の悪い宝塚記念を勝っているミッキーロケットなら力も馬場も相性良く、上位に食い込んでくるのではないか?と。

そこで、抑えとして、入れようかと考えていた。

だが、ここでも、ブラストちゃんは、すでに切っていたため、思考の土台にも上がってこなかった。悔しい。

ブラストちゃんは、

ハービンジャー産駒。雨で少し掛かる馬場はハービンジャーの得意舞台。

脚を伸ばしてくることは予想できたはず。だからこそ悔しい。

 

JRAのサイン

 

しかも、あろうことか、「サイン」も出ていたのだ。

JRAのフェイスブックでは、12月20日18:08分更新のペーシを参照いただきたいのだが、ここでは、「1990年の有馬記念」がアップされていた。

勝ち馬は、「オグリキャップ」

地方から中央へ来たオグリ。武豊が騎乗して勝利。

ここだけ見ると、真っ先に「オジュウチョウサン!!!」となるのだが、冷静に考えてその力はないというジャッジはさすがの私にもできていたので、そこは消し。だから、オジュウ&武豊はない。とすると、何がサインなのか?

JRAはただ単にオジュウチョウサンの人気にたかって、集客を図り、多くの売上をするためなのか?とも思い、

「この更新は、人気を煽るためのものか!なるほどね。オッズがバラけるからラッキーだな。」

くらいにしか捉えていなかった。

 

だが、違った。これはハッキリとしたサインであったのだ!!!

 

さて問題です!勝ったオグリキャップの枠は何色でしょう?

さて問題です!勝ったオグリキャップの馬番は南蛮でしょう?

さて問題です!2018年に勝ったブラストワンピースの枠は何色でしょう?

さて問題です!2018年に勝ったブラストワンピースの馬番は何番でしょう?

 

はい。これを見て、後からがっかりしました。かなり自分を責めました。気付け自分よ!!って何度思ったことか。そうだったんです。

気になる方は調べてみてください。驚きますので。

今回のサインは、

「枠の色と馬番」

でした。

はい、馬券は的中し、回収もしたけど、かなり反省した有馬記念でした。

あ~ワイド25.6倍獲れた…。3連複49.1倍獲れた…。

 

今後はそういうことのないように、あらゆる視点で考察しなきゃなと。

そんなことを考えた2018有馬記念でした。

 

2018年の有馬記念着順(5着まで)

 

1 ブラストワンピース(池添)

2 レイデオロ(ルメール)

3 シュヴァルグラン(ボウマン)

4 ミッキーロケット(マーフィー)

5 キセキ(川田)

 

 

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

no image

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧!   中山金杯&京都金杯

記事を読む

毎日王冠レース回顧〜ダノンキングリー勝ちの秘密!アエロリットとインディチャンプ及ばず〜

毎日王冠レース回顧〜ダノンキングリー勝ちの秘密!アエロリットとインディチャンプ及ばず〜

記事を読む

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?なぜ1番人気クレッシェンド

記事を読む

no image

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み!

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み! さて、シンザン記念ですが、なんと

記事を読む

菊花賞の◎本命馬ワールドプレミア快勝レース回顧!〜なぜヴェロックスは負けた?〜

菊花賞の◎本命馬ワールドプレミア快勝レース回顧!〜なぜヴェロックスは負けた?〜 はい。

記事を読む

京都大賞典レース回顧〜3連単181万円高配当がなぜ生まれたか?ドレッドノータス優勝に隠されたチームプレーの秘密に迫る〜

京都大賞典レース回顧〜3連単181万円高配当がなぜ生まれたか?ドレッドノータス優勝に隠されたチームプ

記事を読む

2019凱旋門賞のレース回顧〜エネイブル3連覇ならず!日本馬撃沈に迫る〜

2019凱旋門賞のレース回顧〜エネイブル3連覇ならず!日本馬撃沈に迫る〜 さて、日本のトッ

記事を読む

2019 G2オールカマー回顧〜レイデオロとウインブライト敗戦の真相とミッキースワロー狙えた理由に迫る〜

2019 G2オールカマー回顧〜レイデオロとウインブライト敗戦の真相とミッキースワロー狙えた理由に迫

記事を読む

レコード決着の2019ローズステークス〜ダノンファンタジー勝因とシャドウディーヴァ敗因の回顧〜

レコード決着の2019ローズステークス〜ダノンファンタジー勝因とシャドウディーヴァ敗因の回顧

記事を読む

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑