2018チャンピオンズカップの予想&結果&回顧!本命はアンジュデジール!

公開日: : レース回顧(サイン&展開)

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

2018チャンピオンズカップの予想&結果&回顧!本命はアンジュデジール!

 

チャンピオンズカップ予想&結果&回顧!

 

ここは、正直に書きます。このレースでは負けました笑

はい。悔しい気持ちしかないです。

 

「じゃあなんで書くの?当たったレースだけ書いて、おれスゲーだろってすればいいじゃんか?負けたレース書く意味ある?」

 

そう思った人もいるかもしれませんが、私自身も葛藤がありましたが、

悩んだ結果、

いちばん大事なのは、

 

「結果に正しく向き合い、今後の糧とし、馬券的中の精度を上げて、結果として回収率を高めること」

 

が意義。目的だ。

 

だから、自分の中では、的中も外れも関係なく、自分の予想と結果、回顧を載せたいと思う。そうすることで、今後のレース予想に役立つと考える。

 

では、書く目的がはっきりしたので、洗いざらい書こうと思う。

 

私の予想と結果は?

 

結論から言うと、

勝った馬券は

 

「アンジュデジールの複勝」

「アンジュデジールとルヴァンスレーヴのワイド」

である。

 

結果を見ての通り、

アンジュデジールは4着で、馬券は全て外れたことになる。

 

書いている今でもとても悔しい気持ちでいっぱいだ。だが書き続ける!!!

 

アンジュデジールを軸にした根拠

 

根拠①

安定した成績を残している

 

これは過去の結果を見ていただければ分かるが、アンジュデジールは馬券外になったレースでも4、5着が多い。

つまり、堅実な走りが期待できると踏んだ。

 

根拠②

前目で競馬できる

これが安定した結果に結びついている要因と思うが、芝ではなく、ダートだと、後ろから末脚を伸ばして勝つという方法があまりできない。というか、少ない。ほとんどが前目で競馬をして、脚を伸ばして勝つというのが王道である。だから、前目で運べるアンジュデジールは、1着はないかもしれないが、2、3着はありうると考えた。

 

根拠③

横山&昆厩舎

これはもう鉄板。2018年の重賞でも、日経新春杯ロードヴァンドール2着、エンブレス杯アンジュデジール1着、阪神牝馬ミスパンテール1着など、昆厩舎のときはかなり成績が良い。つまり、二人の間柄として、信頼関係があり、勝てる見込みのあるときは、横山騎手騎乗で勝負掛かり!と考えることができる。しかも、昆厩舎は横山騎手の息子である、横山武史騎手にも騎乗依頼を頼むことがあるのだ。これは、父の横山典からすれば、「息子の面倒も見てくれる昆さんは優しいな~。これは、結果でお返ししなきゃな。」と考えるのが普通だろう。しかも、競馬関係者の中では、「横山典さんは、昆厩舎の馬に乗るときは真面目!」と話す人もいる。それだけ真面目に真剣に乗っている。本来、横山典さんは「(レース中に」この馬厳しいな~。もう上位見込めないな。もう流して終わりにしよう。」というようなヤラズな乗り方も多い騎手である。なのに、「真面目で真剣に乗る」のだから、結果はついてくることが多い。

 

根拠④

東京1600mを勝っている。

これは左回りコースで直線の長い東京コースと中京が少し似ていることだ。

コース適性はあると見た。昆調教師も「左回りも得意」と話していた。

 

根拠⑤

距離も問題ない

アンジュデジールは1800m勝ちもあるし、1600m勝ちもある。そして、2100m勝ちもあることから、距離も問題ないだろう。

 

根拠⑥

前走の内容が強い。

これが一番大きい根拠と考えている。前走のJBCクラシックでは、牝馬の中での勝負ではあったが、大外枠かわ位置を取りに行き、道中5番手追走。そして4コーナーでポジションを上げていき、直線では先頭へ。勝負ありかと思いきや、外からミルコデムーロ騎乗のラビットランが差してきて、抜かされた。しかし、ここからが凄い。普通は一度差されたらそのまま流れてゴールまで行くのが通常の流れだが、アンジュデジールはあろうことか、「差し返した!!」のである。これは本当に気が強くて、勝負根性があり、能力も高くないとできない芸当。キタサンブラックなどがそうだが、それと同等の力を備えていることが見て取れた。ラビットランを差し返し、1着でゴール。かなり強い競馬をしていたのだ。これは、次のレースまで中間過程が順調なら、ルヴァンスレーヴには敵わなくとも、2,3着はあるだろうと考えた。

 

根拠⑦

中間の様子の良さ

昆調教師のコメント

「前走より体が増えて状態は更に上がっている。前走以上のデキで挑める。」

とコメントしている。つまり、前走の強い競馬から更に強くなっていることから期待しかないと考えた。また、体が増えているというのも好材料。おそらくカイバ喰いが良いということ。体調がすこぶる良いため、食欲があるのだろう。人間も元気なときは、焼き肉!!となるように、馬はカイバ食べるぞー!!となるようだ。で、カイバ喰いが良いと何が良いかというと、食べるだけなら「ただのデブ」でしかない。笑

しかし、食べて増えた体であれば、「何回もキツイ調教をしても体重が減らない」のが一番のポイント。

特に牝馬ならなおさらである。体重が減ってしまうと、思うような調教が積めず、筋肉が付かず、パフォーマンスが上がりにくいとなる。だが、アンジュデジールは、その点をクリア。ガツガツ調教を積み、更に上昇している今回は人気も落ちて買いだろうと考えた。

 

ちなみにこのときの人気は、

アンジュデジール単勝40.1倍。

アンジュデジール複勝5.2―9.6倍

アンジュデジールとルヴァンスレーヴのワイド 11.9―13.4倍

である。

かなり美味しい馬券であることが分かるだろう。

 

だが、このオッズの喜びもつかの間、レースでは、逃げを打って

 

4着

 

1000m61秒9というスローペースの落とした横山騎手は乗り方としてはまずまず良し。直線では先頭になり、これはもしやけるのでは!!!と思ったが、隣にはルヴァンスレーブが追い込んできて、馬体を併せてきた。おそらく前走のように勝負根性で乗り切れるかと思いきや、相手が悪かったようだ。そこはルヴァンの圧に圧倒され、すぐに差され、その後も伸びてはいるが、走る気力が無くなっていったのがよくわかった。しかし、9番人気ながら、大健闘の4着。もし、ルヴァンスレーヴが隣じゃなく、外よりなら、もっと脚が残り、3着にはきたであろう。しかも、2着のウェスタールンドもルヴァンスレーヴの真後ろを通り、まさに勝ち馬に乗っかった2着であった。内が少しでも進路なければ掲示板にも乗らないような乗り方であった。

だから、そう考えても、今回の結果は、ハズレだったので、悔しいのだが、

いろいろなケースが重なっての4着だったと思っている。

実際、5着の馬は強いオメガパヒュームである。しかも2馬身半も差を付けて圧倒している。そういうことを考えても、私の予想は外れたが、「予想の方向性はこのままで良い」と思っている。

この敗戦を糧に、今後のレースでは的中につなげていき、結果を出していきたい。

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

記事を読む

京都大賞典レース回顧〜3連単181万円高配当がなぜ生まれたか?ドレッドノータス優勝に隠されたチームプレーの秘密に迫る〜

京都大賞典レース回顧〜3連単181万円高配当がなぜ生まれたか?ドレッドノータス優勝に隠されたチームプ

記事を読む

no image

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み!

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み! さて、シンザン記念ですが、なんと

記事を読む

菊花賞の◎本命馬ワールドプレミア快勝レース回顧!〜なぜヴェロックスは負けた?〜

菊花賞の◎本命馬ワールドプレミア快勝レース回顧!〜なぜヴェロックスは負けた?〜 はい。

記事を読む

出世レースのアルテミスステークスを勝つのはリアアメリアか?それともサンクテュエール?オータムレッドか?〜2019〜

出世レースのアルテミスステークスを勝つのはリアアメリアか?それともサンクテュエール?オータムレッドか

記事を読む

no image

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧

2019中山金杯と京都金杯のレースの分析&解説!回顧!   中山金杯&京都金杯

記事を読む

2019 エルムステークス回顧!結果分析!

2019 エルムステークス回顧 1000m通過が58.5秒という鬼ハイペースだった今回。

記事を読む

no image

2018有馬記念サイン予想&結果&回顧! ブラスト勝利!

2018有馬記念サイン予想&結果&回顧! ブラスト勝利!   2018年の有馬記念

記事を読む

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?

中山金杯のレース回顧!〜なぜウインイクシードを激アツプッシュできたのか?なぜ1番人気クレッシェンド

記事を読む

2019 新潟記念の回顧〜なぜユーキャンスマイル勝てた?レイエンダ敗戦なぜ?

2019 新潟記念の回顧〜なぜユーキャンスマイル勝てた?レイエンダ敗戦なぜ? 今年の新潟記

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置と

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑