出世レースのアルテミスステークスを勝つのはリアアメリアか?それともサンクテュエール?オータムレッドか?〜2019〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

出世レースのアルテミスステークスを勝つのはリアアメリアか?それともサンクテュエール?オータムレッドか?〜リアアメリア8馬身差圧勝の伝説の新馬戦回顧から見えてくる凄さと不安点〜

まず、このレースを勝った馬たちの活躍から見ていこう。なかなかハイレベルな馬たちが揃っていることが分かる。

アルテミス馬券内馬過去のハイレベルな馬たち

2018年
1着シェーングランツ
→G1阪神ジュベナイルF出走
→G2チューリップ賞出走
→G1桜花賞出走
→オークス出走
→秋華賞出走
2着ビーチサンバ
→G1阪神ジュベナイルF3着
→G3クイーンカップ2着
→G1桜花賞出走
→G1オークス出走
→G2ローズステークス2着
→G1秋華賞出走
3着エールヴォア
→G3フラワーカップ2着
→桜花賞出走
→オークス出走
2017年
1着ラッキーライラック
→G1阪神ジュベナイルF優勝
→G2チューリップ賞優勝
→G1桜花賞2着
→G1オークス3着
→G2中山記念2着
→G2府中牝馬ステークス3着
2016年
1着リスグラシュー
→G1阪神ジュベナイルF2着
→G3チューリップ賞3着
→G1桜花賞2着
→G2ローズステークス3着
→G1秋華賞2着
→G3東京新聞杯優勝
→G2阪神牝馬3着
→G1ヴィクトリアマイル2着
→G2府中牝馬2着
→G1エリザベス女王杯優勝
→G1香港ヴァーズ2着
→G2金鯱賞2着
→G1クイーンエリザベス2世カップ3着
→G1宝塚記念優勝
ちなみに、
2015年
2着メジャーエンブレム
2014年
2着レッツゴードンキ
ということで、過去の馬券内馬を見ると、その後の大きなレースに出走している、もしくは大きなレースを勝っていく馬が多いことがハッキリ分かるだろう。
つまり、このレースで勝つ見込みのある馬は、その後を追いかけても損はないということ。
特に、今回出走する「リアアメリア」は、新馬戦の前から「かなり期待されており評価の高かった馬」

2歳最強牝馬はリアアメリア?

そして、前走の新馬戦では信じられないくらいの強さを見せた。
その信じられないリアアメリアの新馬戦のレースを回顧してどれほど強かったのか考察していこうと思うが、まず「川田騎手のあえて出遅れさせる」ことについてから。

能力ゆえにあえて出遅れさせる川田騎手

公式コメントで川田騎手が「出遅れさせました」と発表しているように、強すぎるがゆえに、「今後のG1桜花賞やオークス、秋華賞等を見据えて、後ろから脚を溜める競馬を覚えさせることに徹した調教競馬を実施」した。
この時点で、新馬戦を勝ち上がることは「当然のこと」として陣営は描いており、先の見通しを持ったレースをプランニングしている。これは、それだけ大きな舞台を勝てると思っている裏返し。
そうでなければ、「あえて出遅れさせる」ことなんてしない。それをする時点でかなりの能力を秘めた馬だと分かる。

馬なり8馬身差の圧勝

次に、ビビったのは、2着に8馬身差をつけているものの、「全て馬なりだった」ということ。川田騎手は「ずっと手綱を持ったままでムチは一切使わなかった」。
これでムチを使ったらどれだけ伸びるんだ?と期待が膨らむが、おそらくかなり伸びるだろう。
しかも、ゴール後も脚が全く止まらず、独走。笑
これだけ強いリアアメリアだが、心配な点もないことはない。

不安点①「掛かる」

まず、「掛かる可能性がある」ことだ。写真を見てもらえれば分かるが、頭を上げて抵抗し、口も割っている。川田騎手は「行くな!折り合うことを覚えろ!」と手綱をガッチリ引いているが、能力がありすぎて前にいきたがっている。そのため、ハイペースで流れればスムーズに追走できそうだが、スローペースだと、掛かる面が顔を出して無駄な体力を使いかねない。この辺りは気性面とも繋がりが大きく、レース当日のテンション次第では怪しくなるかもしれない。そこが不安なことの一つ。

不安点②「輸送」

二つ目の不安点として、「輸送」だ。
新馬戦は阪神で実施したため輸送がほぼなかったが、今回は東京競馬場でレースがある。そのため、輸送がある。輸送があると、2歳牝馬としてはイレ込んだり、おかしなテンションになったり、カイバを食べなくなったりと様々な不都合が起きなくもない。その点が、不安点である。まあ、でもリアアメリアはそれを簡単に克服する実力とポテンシャルを持っているとは思うが。

不安点③「内に刺さる」

最後の不安点としては「内に刺さる」ということ。
写真を見て欲しいが、直線で大外から最内まで「大斜行」している。しかも、これは「ムチを使っていない」。つまり、馬なりで最内に刺さるということは「走るバランスが良くない」ということ。直線で左手前に替えてから伸びてはいるものの、内に刺さる面があり、これは東京の左回りだと外に外に逸れていきそうで力のロスの可能性が考えられる。また、ムチが入って斜行する可能性も高い。新馬戦は余裕の走りの中で斜行していたが、今回は相手関係のレベルが上がるため、ラップも速くなる。その中で、スタミナを消耗し、更にムチを使えばおそらく「真っ直ぐ走る可能性は低くなる」だろう。その点が心配である。
まあ、能力に間違いはないため、ポテンシャルで全ての不安点をカバーしてしまうことは容易に考えられるが、頭鉄板というわけではないと思う。取りこぼして2着という可能性は大いにあると思うので、軸としては良いと思うが、その点は要検討が必要だろう。
今回は、1番人気濃厚な「リアアメリア」について見てきたが、この馬も「シルク」。アーモンドアイのお膳立てができるかどうか非常に楽しみな一戦だ。
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走理由及びダノンスマッシュ敗戦の謎に迫る〜

2019スプリンターズステークス大的中回顧〜タワーオブロンドン勝利の裏側公開とモズスーパーフレア好走

記事を読む

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

2019 セントウルステークス〜タワーオブロンドン圧勝&ファンタジスト2着の謎を解く〜

記事を読む

2019東京新聞杯はインディチャンプが有力!!出世間違いなし!

東京新聞杯 期待の2頭の分析!!   インディチャンプ   毎日杯で

記事を読む

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それとも穴馬か?〜

2019 スプリンターズステークスで狙えるのはどの馬だ?〜ダノンスマッシュかタワーオブロンドン?それ

記事を読む

no image

ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタの特徴を探る!父母は?

今回は、サートゥルに負けず劣らずな有力馬である、ジャスタウェイ産駒のアドマイヤジャスタに迫る。

記事を読む

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置とは? 何のこっちゃ??っ

記事を読む

2019毎日王冠の結果は津村騎手によって変わる?〜アエロリットとダノンキングリーはいかに?インディチャンプの状態は?〜

2019毎日王冠の結果は津村騎手によって変わる?〜アエロリットとダノンキングリーはいかに?インディチ

記事を読む

2019 秋華賞泥んこ不良馬場開催の本命馬大公開!狙うは道悪巧者オルフェーヴルの血が騒ぐ!?〜

2019 秋華賞泥んこ不良馬場開催の本命馬大公開!狙うは道悪巧者オルフェーヴルの血が騒ぐ!?〜

記事を読む

秋華賞優勝のクロノジェネシスが狙えた理由とダノンファンタジー敗戦の理由に迫る!2019

秋華賞優勝のクロノジェネシスが狙えた理由とダノンファンタジー敗戦の理由に迫る!2019 昨

記事を読む

no image

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み!

2019シンザン記念のレース回顧! 勝利要因と敗戦要因を深読み! さて、シンザン記念ですが、なんと

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑