アルゼンチン共和国杯で優勝するのはどの馬だ?不確定要素の多いメンバーに予想が難解で困るぞ!

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

アルゼンチン共和国杯で優勝するのはどの馬だ?不確定要素の多いメンバーに予想が難解で困るぞ!

いよいよ次週からは、年末の有馬記念まで7週連続のGI開催となる(12月28日のホープフルSを加えれば8週連続)。
今回は「自信がない」ため、さらりとした見解まで。楽しみにしていた人には悪いが、自信ないレースで本命公開したくはないんだよ、ごめんよ。
自分が使って微妙な商品を人に勧められるか?と言われると、私は勧めれない。ということで、見解まで。馬券を買う人には、参考になるところがあれば嬉しい。

アルゼンチン共和国杯のペースはどうなる?

毎年のペースは平均〜スローペース。なぜなら、2500mだから。長距離で飛ばしたらそりゃバテるから当然だ。
今年のメンバーを見ると、逃げ濃厚な馬がいないため、先行馬争いでペースが上がることは無さそうだ。ということで、このメンバーなら「スローペース」で予想を組み立てて良いのではないだろか。
ちなみに、スローペースだと、直線500mのヨーイドンのスピード持続力勝負となる。そうなると、当然、一瞬のキレよりも、良い脚を継続てきる馬が馬券に飛び込んできやすい。
過去の勝馬で、スワーヴリチャードやシュヴァルグランを見れば分かるだろう。血統で言えば、トニービンの血内包だろう。ハーツクライなど。
ちなみに、スローペースで怪しい馬は、「上がり3ハロンの末脚が遅い馬」。これはちと厳しい。東京コースはただでさえ高速馬場が見込めるだろうから、上がりを出せない馬はその時点で難しいだろう。

予想難解すぎるから雑談へ(笑)

ルックトゥワイス

中間の調整が狂っているルックトゥワイス。
皆さんはもちろん知っていると思うが、秋は3連単281万円だった京都大賞典から始動する予定が、『調教中に外傷を負った』ため回避し、ここから始動することに。外傷後は放牧して治療し、改めてここ目標にということだが、個人的に中間に一頓挫あった馬は狙いたくないなと。よく、怪我明けの馬は、「無理させず、回ってくれば良いよ」という出るだけでOKとする陣営もあるため、ここの判断は難しい。ただ、一つ確実に言えるのは、本命にはしないほうが良いよ、ということ。能力はあるが、怪我明けで中間の調整が狂った馬は微妙だ。
藤原英昭調教師は「目立つ時計は出ない馬だからね。前回も悪くなかったけど、休ませて体調が良くなっていると思う。ステゴ産駒ということで、難しいところはあるけど、舞台は合う。はまったときはいいパフォーマンスができるので、体調さえ整えば」とコメントしているが、「はまったときは」って一か八か発言をしている。
これは、藤原調教師は「(大きな声では言いたくないが、怪我して目標の京都大賞典出れなかったんだよ〜。だから、ルックトゥがどこまで回復するかと相手メンバー関係でもしかすると好走するかもしれないし、そうじゃないかもしれない。だから、)はまったときはいいパフォーマンスができる」と言ってるように聞こえなくもないかい?笑
次だ!笑

アフリカンゴールド

 
アフリカンは春の烏丸Sで2着後に『去勢手術』をした。ここにきて、その効果が出てきており、前走の六社ステークスはとても良い走りで余裕があった。このアルゼンチン共和国杯も前走六社ステークスで走った馬がよく絡む。叩き2戦目なのもローテーション的には良いだろう。しかも、前走はスローペースの中、終始インで脚を溜めて直線で長く良い脚を伸ばして勝ち切った。2着馬のトラストケンシンとコンマ2秒差と差がないように見えるが、レース映像やパトロール見てもらえれば分かるが、トラストケンシンはふらふらして走っているが、アフリカンゴールドは手綱押すだけでグイグイ進んでいる。欲を言えば、福永騎手がムチを数発入れているが、「ムチを入れなくても勝てたんじゃないか?」と思わせる内容であった。そして、今回はルメールに乗り替わりでプラス、かつ、枠も1枠1番を引き、前走と同じように走れば結果はついてきそうだ。しかも、今回の乗り替わりはルメールが、「乗りたい」と言った流れのようである。普通は馬主が騎手(エージェント)に「よろしく!」とお願いするところだが、
「ルメールが乗りたい」と言ったのは心強い。そう言った手前、恥ずかしい競馬はできないだろう。
 
 
 

でも、いったいなぜルメールが乗りたいと?

 
 
理由はいくつか考えられる。一つ目として、スプリンターズステークスで優勝したタワーオブロンドンの馬主であるゴドルフィンと懇意にしたいという思い。これは、今後ゴドルフィンが日本で伸びてきて、そのときに騎乗依頼がもらえるようにアピールしたいという思い。
 
 
二つ目として、アルゼンチン共和国杯で乗り馬がいなかったため、どうにか乗れる馬をエージェントと探したこと。そこで、ルックトゥワイスとアフリカンゴールドで被った福永騎手の後釜を狙ったこと。
おそらくこのあたりが理由ではないだろうか。
 
 
 
西園調教師は、「前走はいい勝ち方でした。久々を1度使ってグンと調子は上がってきています。もともと気性面が課題で、セン馬になってようやく力を発揮できるようになってきました。GIに行くためにも、ここで賞金を加算したいです」と強気のコメント。ルメール騎乗で前走良くて、中間の追い切りも良く、CWで大外を馬なりで走り、内側を走る馬を楽々に突き放している。強いメンバー相手に結果を出していないことは心配だが、レースまでの過程を見ると上位評価となるだろう。

アイスバブル

 
臨戦過程に誤算が生じたアイスバブル。本来はオクトーバーSで始動する予定だったが、台風で延期となったため、ぶっつけでこことなった。
池江調教師も、「叩き良化型なので一度使いたかったですね」とコメント。最終リハにまたがった浜中も「休み明けという感じはしましたね」とこぼしている。
能力はあっても、本命とはしずらい中間の過程である。最終追い切りでは久しぶりに先着しているが、ずっと追い切りは走らない馬。ここにきて調子は上向きつつあるようだが、それでも色々と疑問が残る。
 
 
 
 

ムイトオブリガード

 
この馬は、アイスバブルと違って調教がかなり動く馬。6ハロン78秒台という超速いペースで何度も走っている。普通はG1馬でも80〜83秒程度が良いところ。
 
しかし、懸念なのは「速い上がりが使えない」こと。ここ4走全て上がり3ハロン35.0〜37.0あたりと、東京の高速馬場で耐えうる上がりの能力かと言われると難しいところ。昨年のアルゼンチン2着の頃の良いときなら、32〜34秒台の上がりが使えていたので、その点がどうか未知。速い上がりが使えるようになっているかどうかがカギだが、そこの判断ほ難しい。
 
ただ、今年のレースはG1など大きいところを使っているため、メンバーレベルが相当に強い。ダノンプレミアムが勝った金鯱賞やアルアインの勝った大阪杯など、レベルの高い相手と戦ってきたことを考えると、能力的には上位。
 
悩ましいところ。
 
 
ここまで、オッズで上位評価されるであろう馬を見てきたが、正直本命を打てないメンバーだ。どの馬も不安が残る。こういうレースのときは、「ケン」して、来週以降のG1に備えるのも手だ。
 
JRAの馬券は、馬券を買った瞬間25%大元に取られる。ということは、「賭けた瞬間に25%負けている」ことになる。そこから、的中して勝ちに転じるか、大敗になるかは個人によるが、基本的に負けやすいものであるということは頭に入れておかねばならない。汗水流して働いた大事なお金だと思うからこそ、悩ましい不確定要素の多い今回のようなレースを買うのではなく、自信を持って本命を打てるときにガツンと勝てば良いと思う。それが、勝ち続けている人の馬券のセオリー。間違っても12レース全て買うということはしちゃいけない。毎週絶対馬券を買うこともしてはいけない。ここぞと決めた自信あるレースにベットして勝つのが常勝の鉄則。
 
 
アルゼンチン共和国杯は個人的にケンして、来週以降のG1連戦に備えようと思う。では。
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2019 新潟2歳ステークス〜有力馬モーベットはハープスター級なのか??〜

2019 新潟2歳ステークス〜有力馬モーベットはハープスター級なのか??〜 2歳戦なので、

記事を読む

2019稼ぐ!愛知杯!分析と予想!レイズアベールが!

ランドネ 前目から勝負でき、今回平均ペース濃厚の中、もしかすると残る可能性あり。アーモンドアイが出

記事を読む

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ!

2020年中山金杯の追い切り予想!枠順もうすぐ! 新年明けましておめでとうございます!

記事を読む

毎日王冠の本命馬と穴馬決定!〜騎手がレースを左右する!?〜

毎日王冠の本命馬と穴馬決定!〜騎手がレースを左右する!?〜 今回の毎日王冠は凱旋門賞で

記事を読む

no image

稼ぐ的中分析!京都金杯で勝つのはサラキアかカツジか?パクスやラブも?詳細分析の競馬予想!

稼ぐ的中分析!京都金杯で勝つのはサラキアかカツジか?パクスやラブも?詳細分析の競馬予想! 京都金杯

記事を読む

2019 キーンランドカップの出走馬の状態〜タワーオブロンドンの適性は?〜

2019 キーンランドカップの出走馬の状態〜タワーオブロンドンの適性は?〜 1400m覇者

記事を読む

2020根岸ステークス予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙える!?

2020根岸ステークスの予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙い目だ! あまり気

記事を読む

天皇賞秋の不動の本命軸馬はアーモンドアイ!!天皇即位の祝砲は女性時代を象徴する牝馬の優勝!!日本最強牝馬がここに現る!!

天皇賞秋の不動の本命軸馬はアーモンドアイ!!天皇即位の祝砲は女性時代を象徴する牝馬の優勝!!日本最強

記事を読む

2020AJCCの予想公開!追い切りや過去データから読み解く!

2020AJCCの予想公開!追い切りや過去データから読み解く! ◎本命馬はこの馬に決定!!

記事を読む

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置とは? 何のこっちゃ??っ

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑