過去5年で4勝2着3回3着5回の◯◯馬をエリザベス女王杯では狙え!!〜輸送を制するものが女王の座に〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

過去5年で4勝2着3回3着5回の◯◯馬をエリザベス女王杯では狙え!!〜輸送を制するものが女王の座に〜

はい。水曜日は最終追い切りが実施される予定のため、非常に楽しみな火曜夜だが、予想もどんどん進みにつれ、◎本命馬が浮かび上がってくる。
昨日は前回ブログhttps://omorokeiba.net/382.htmlで、「ペースとラップ」という視点で考察していったが、今回は、「◯◯馬」だ。
皆さんならお分かりだろう。そう、「関西馬」だ。簡単すぎたかな??

関西馬と関東馬の成績

過去の成績を見てみよう。
2018
1 リスグラシュー(関西馬)
2 クロコスミア(関西馬)
3 モズカッチャン(関西馬)
2017
1モズカッチャン(関西馬)
2クロコスミア(関西馬)
3ミッキークイーン(関西馬)
2016
1クイーンズリング(関西馬)
2シングウィズジョイ(関西馬)
3ミッキークイーン(関西馬)
2015
1マリアライト(関東馬)
2ヌーヴォレコルト(関東馬)
3タッチングスピーチ(関西馬)
2014
1ラキシス(関西馬)
2ヌーヴォレコルト(関東馬)
3ディアデラマドレ(関西馬)
というわけで、「関西馬が圧倒」している。これがなぜかというと、1番は「輸送」が関わっている。

京都競馬場までの輸送どれくらい?

栗東トレセンから京都競馬場までは、約30キロほど。しかし、美浦トレセンから京都競馬場までは、400キロ越え。約13倍の距離のため、時間も相当掛かる。美浦トレセンは茨城県なので、高速バスで最低でも約6時間は掛かるだろう。
高速バスに何度も乗ったことがある人は分かるだろうが、高速バスで6時間も揺られて到着した日のコンディションは絶好調とはいかない。むしろ、「足のむくみが!」とか「疲れたな〜」などのような感じになる。これは、人間だけでなく、馬も同じ。6時間も揺られて、到着した日にレースだとしたら、多少なりとも本調子では走れまい。ハナ差やアタマ差で決まる競馬の世界で、この「輸送」はかなり大きな問題なのだ。
しかも、繊細でデリケートな牝馬ならなおさら輸送の有無が響く。カイバ食いが減り、体重が減り、コンディションが落ち、イレ込んだり、直線でなぜか伸びず等、何かしらの弊害が出てくる。
そのため、上記で挙げた過去5年の結果に表れているように、過去5年で4勝2着3回3着5回となるのだと思う。

馬券内の関東馬の特徴

ちなみに、馬券内に2度入ったヌーヴォレコルトは3歳のときはオークス馬であり、秋華賞も2着と実績十分で臨んでの2着。4歳の時も、前走牡馬相手のオールカマーで1番人気に推されての2着とここでも実力を発揮して臨んだエリザベスで2着。つまり、関東馬でも、「一線級の実力を示していれば、輸送も気にならない」ことが分かる。
マリアライトは稍重馬場が味方しての勝ちだが、これはかなり運に恵まれた形。コンマ1秒差に6頭もいたことを考えれば、負ける可能性もあった。
つまり、「関東馬で抑えるべきは世代屈指の実力を兼ね備えていること」が欠かせない。加えて、「馬場が渋った時に評価の上がる馬」は注意ということになる。
しかし、それ以外は難しいレースを強いられるということ。「輸送」が思った以上に響き、手応えが思うようにない、伸び切れない等の結果になるのではないだろうか。

今回の関東馬の出走を見ると?

ちなみに、今回の出走馬の中で、「関東馬」を見ると、
ウラヌスチャーム(中山牝馬S2着最高)
ゴージャスランチ(秋華賞8着)
シャドウディーヴァ (秋華賞4着)
フロンテアクイーン(府中牝馬2着)
ポンデザール(オープン勝ち)
レッドラフェスタ(3勝クラス2着)
とまあ、こんな感じ。ざっと見てもヌーヴォレコルトと同じようなレベルの実力の持ち主はハッキリ言っていない。秋華賞勝ち馬のクロノジェネシスにすら及ばないあたりを見ると、現在の立ち位置からクロノジェネシスを逆転できるかと考えると厳しいと言わざるをえない。どんなにすごい成長度だとしても、この差は埋まらないだろうと思う。埋まるとしたら「外国人騎手の腕」となるだろうが、残念なことに、ゴージャスランチ騎乗予定のデットーリが騎乗停止になったため、厳しくなりそうだ。

関東馬で狙えるのはフロンテアクイーン

この関東馬の中で狙えるとしたら、「フロンテアクイーン」と見る。
昨年のエリザベスは勝馬からコンマ6秒差の7着。だが、前走で勝ちに等しい2着。勝ったスカーレットカラーの末脚はバケモノ級であったし、ラッキーライラックに先着できたのは心強い限り。ラッキーライラックと互角に戦えるなら、ここでも勝負になっても良いはず。しかも、陣営の情報によれば、「かなり調子が良く状態が良い」とのこと。津村騎手が上手く乗れば、馬券内に飛び込んでも不思議はない。
ということで、今回の「◯◯馬を狙え!」は「関西馬を狙え!」であった。補足で狙えるとしたら、「フロンテアクイーン」かというところ。予想の基本線は「関西馬」のため、関東馬は軽視する。メンバーを見てもヌーヴォレコルト級の実力馬はいない。
さて、明日以降は「関西馬」を中心に絞っていくぞ!そして、最終追い切りの内容も入れて、更に絞り込んでいくからよろしく!!
いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

no image

2019シンザン記念の有力馬を詳細分析!良血馬の取捨は?

2019シンザン記念の有力馬を詳細分析!良血馬の取捨は?   シンザン記念 &nbs

記事を読む

2019東京新聞杯はインディチャンプが有力!!出世間違いなし!

東京新聞杯 期待の2頭の分析!!   インディチャンプ   毎日杯で

記事を読む

天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか?

天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか? 今回

記事を読む

no image

2019中山金杯の有力馬分析と予想!ウインブライトに期待!

2019中山金杯の有力馬分析と予想!ウインブライトに期待!   前回のホープフルス

記事を読む

2020フェブラリーステークスの相手はモズアスコットじゃない!!

100RT達成! 公言通り、◎本命馬の相手を公開するぞ! ではいってみよう!

記事を読む

no image

ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタの特徴を探る!父母は?

今回は、サートゥルに負けず劣らずな有力馬である、ジャスタウェイ産駒のアドマイヤジャスタに迫る。

記事を読む

2020年中山金杯の出走予定馬解説!過去の傾向やデータ!

2020年中山金杯の出走予定馬解説!過去の傾向やデータ! 今回は印は打たない。というより、時

記事を読む

稼ぐ!2019京都記念!全頭詳細分析!!マカヒキ復活か!?

稼ぐ!2019京都記念!全頭詳細分析!!   先週は3連勝と完璧で、大いに回収した

記事を読む

府中牝馬ステークス予想!プリモシーンとラッキーライラックの状態は?ジョディーが逃げ残る?

府中牝馬ステークス予想!プリモシーンとラッキーライラックの状態は?ジョディーが逃げ残る?

記事を読む

菊花賞の伏兵穴馬公開!〜馬券内に突っ込んでくるのはどの馬だ?〜

菊花賞の伏兵穴馬公開!〜馬券内に突っ込んでくるのはどの馬だ?〜 対抗 ◯ヴェロックス

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑