マイルチャンピオンシップの本命馬大公開!!どっちのダノンだ?アーモンドアイ不在のメンバーならここは役者が違う!

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

マイルチャンピオンシップの本命馬大公開!!どっちのダノンだ?アーモンドアイ不在のメンバーならここは役者が違う!

はい、枠順が出ていない金曜日早朝に書いているが本命馬は枠順が出なくても決まった!!


ダノンに決まり!!


といっても、ダノン◯◯◯◯◯だ!


どっちも5文字だ笑


ということで、本命馬大公開!!


ちなみに、前回ブログはこれ→【ダノンキングリーの取捨は?】https://omorokeiba.net/420.html

◎本命馬大公開

◎本命馬ダノンプレミアム

京都外回り快勝しているダノンプレミアム


はい、この馬で決まり。

幼き頃から爪の状態が良くなく、使い詰めて使えなかったり、休養を余儀なくされたりしてきたダノンプレミアム。

しかし、実力は世代屈指で、同世代の怪物牝馬アーモンドアイだけには届かないが、さの実力はいかんなくこれまでも発揮してきた。

ダノンプレミアムの実力

2歳の頃、朝日杯FSでは後のマイルチャンピオンシップ勝ち馬ステルヴィオ相手には3馬身差以上つけて快勝している。


ちなみに、その前走である大出世レースのサウジアラビア杯でもステルヴィオに快勝。


弥生賞では後のダービー馬ワグネリアンに快勝。


ダービーは2400mというこの馬には厳しい距離と爪等の不安などがあり負け。

だが、勝ち馬とコンマ2秒差と負けて強しの内容であった。

ダービー後は爪の不安あり、ずっと休養。

今年春から復帰し、金鯱賞では後の宝塚記念オーストラリアG1勝ち馬リスグラシュー相手に快勝。

初めて京都競馬場の外回りコースを経験したマイラーズCでは、後の安田記念勝ち馬インディチャンプ相手に快勝。 

ここまでを見ると、共に戦って負かしてきた相手が出世するという何とも言えない幸運を運ぶ馬だ

なのに、ダノンプレミアム自身はG1を勝てないという悲しい限り。笑


安田記念ではアーモンドアイとの直接対決に注目が集まったが、武豊ロジクライに妨害されてジエンド。度外視できるレース。


そして、先月の天皇賞秋では、勝ったアーモンドアイが強すぎたが、それでも2着と実力はいかんなく発揮している。

最後に伸び切れないあたりは距離が長いかなと感じさせた。

そのため、本当はマイル〜1800mくらいがベストだと思う。


川田騎手はインタビューで、「マイルから2000mはこなす」と話していたが、確かに実力あるため、こなすだろうが、勝つのに1番ベストなのは2000mではないと思う。


勝つならマイルか1800mと個人的に思っている。


そして、今回、マイルの勝負ということで、ダノンプレミアムにとってはベストな距離であり、自分の得意な土俵で戦えるということになる。

状態は大丈夫か?


加えて、「不安視」されている「使い詰め(ローテーション)」だが、これは「問題無し」と判断する。


なぜなら、天皇賞秋からマイルチャンピオンシップへの流れは「体や爪の状態によって決まる」と陣営が考えていたと推測するからだ。
今までのダノンプレミアムなら少し休養挟んでということになるだろうが、春の3戦を見ても、また前走からここまでの中間調整を見ても、疲れや爪の状態は大丈夫だからこそ、「マイルチャンピオンシップへ」という流れになったのだと思う。


そうでなければ、ここは使わない。状態が良いからこそマイルチャンピオンシップへという流れと推測する。


ちなみに、ダノンキングリーは早い段階からマイルチャンピオンシップへというローテーションは決まっていた。

たぶん当初はキングリーで勝負と思っていたのだが、ダノンプレミアムの状態が思った以上に良かったからマイルチャンピオンシップへ出走し、馬主のダノックスとしてはどちらかの馬で勝ちたいということだろう。

3歳馬でなく?


一昨年はペルシアンナイト、昨年はステルヴィオと3歳馬が斤量の有利を生かして勝っているマイルチャンピオンシップのため、ダノンキングリーもこの流れに乗る可能性はある。

しかし、一つ抑えておかないといけないこととして、「ペルシアンナイトは輸送なく、かつ京都外回りを経験していたこと」、「ステルヴィオは札幌輸送経験し勝っていること」がある。

つまり、どちらも「輸送」という不安点はクリアして臨んだマイルチャンピオンシップだということ。

ここは抑えておかないといけない。


で、ダノンキングリーはというと、ずっと「東京と中山の関東でのレースしかしていない」。

これは、未知数であり、こなせるというある程度の保証というか見込みというか、判断がつかない。ギャンブルで「大丈夫だ!行けー!」という運任せの予想は私にはできない。


もちろん、ディープ産駒なので、京都は適性ありで末脚も良いのでありだとは思うが、「輸送」だけが引っ掛かる。


実際に天皇賞秋でも「輸送不安」で本命や対抗から外したサートゥルナーリアも的中させている。やはり、輸送不安は怖い。以下のリンクでそのサートゥルナーリアの輸送不安については書いているため、詳細はそちらを見てほしい。


→【天皇賞秋・最終結論】 https://omorokeiba.net/350.html
【天皇賞秋・勝つのはアーモンドかサートゥルどっち?】→ https://omorokeiba.net/320.html

ダノンプレミアム狙えるまとめ

ということで、これまで負かしてきた相手がものすごく強いこと、そしてダノンプレミアムの状態が良いこと、距離が向くこと、ディープ産駒の京都は合うこと、春の京都外回りコースで快勝していること、騎乗も乗り慣れた川田騎手であること、川田×中内田は黄金コンビで相性抜群なこと、中間の調整も順調なこと、ペースは逃げ馬不在のためスロー濃厚だがスロー対応できるし万が一ハイペースになっても対応できる万能型なこと、と狙える理由が揃った。

心配点1つ!!

一つ心配なのは、このブログを書いている時間が金曜日の早朝なため、「枠順がまだ発表されていない」こと。笑
だから、大外枠とかだと「まぢかよJRAさん、おれのブログ読んで嫌がらせしやがったな!!」となりかねないが(笑)、まあそれはないだろう。
枠順発表を楽しみにしながら、待ちたいと思う。

印大公開!!

そして、Twitterで30RT達成したので、土曜日か日曜日の朝にでも「印を大公開」するから、待っていてほしい!◎本命馬は「ダノンプレミアム」決定だが、他の馬も公開だ!!

【Twitter(オススメ度★4)】→ https://twitter.com/happyomorolife

ではでは、参考になれば嬉しく思う!GOOD LUCK!!

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

阪神ジュベナイルFは怪物リアアメリアか?来年の牝馬クラシックを賑わせるのはリアアメリアか?それともウーマンズハートか?はたまたクラヴァシュドールか?〜上位馬診断〜

阪神ジュベナイルFは怪物リアアメリアか?来年の牝馬クラシックを賑わせるのはリアアメリアか?それとも

記事を読む

混戦エリザベス女王杯で輝くのはクロノジェネシスか?それともスミヨン騎乗ラッキーライラックか?休み明けラヴズオンリーユーか?〜上位馬診断〜

今回は上位馬をしっかり判断していこうと思う。では行くぞ! クロノジェネシス 春

記事を読む

チャンピオンズカップは3歳の怪物クリソベリルが勝利!!なぜゴールドドリーム負けた?インティは終わってない?なぜチュウワウィザード負けた?〜レース回顧〜

チャンピオンズカップは3歳の怪物クリソベリルが勝利!!なぜゴールドドリーム負けた?インティは終わっ

記事を読む

マイルチャンピオンシップの過去レースラップからペースを予想!3歳世代代表のダノンキングリーをどう評価する?〜逃げ馬不在の2019メンバー〜

マイルチャンピオンシップの過去レースラップからペースを予想!3歳世代代表のダノンキングリーをどう評

記事を読む

2020愛知杯なのに小倉!?過去5年の傾向から予想!

2020愛知杯なのに小倉!?過去5年の傾向から予想! 今年は「小倉競馬場」で行われる

記事を読む

有馬記念の印大公開!!蹄鉄変えたアーモンドアイは?本格化したリスグラシューは?3歳最強サートゥルナーリアは?ジャパンC制覇スワーヴは?日本最強はどの馬だ?

有馬記念の印大公開!!蹄鉄変えたアーモンドアイは?本格化したリスグラシューは?3歳最強サートゥルナ

記事を読む

東京大賞典の印大公開!!◎本命馬はあの馬に決まり!!オメガパフュームがポリトラック?ゴールドドリームは引退近い?サウジ遠征がラストか?

東京大賞典の印大公開!!◎本命馬はあの馬に決まり!!オメガパフュームがポリトラック?ゴールドドリー

記事を読む

有馬記念の上位人気馬の状態は?アーモンドアイやサートゥルナーリア、リスグラシューの中間調整に迫る!!

有馬記念の上位人気馬の状態は?アーモンドアイやサートゥルナーリア、リスグラシューの中間調整に迫る!

記事を読む

2020日経新春杯の過去ペースから傾向予想!

2020日経新春杯の過去ペースから傾向予想! 日経新春杯のペース予想 結論から言うと、

記事を読む

単勝1.5倍のアーモンドアイが初馬券外にとんだ有馬記念レース回顧!〜なぜアーモンドアイは負けたのか?その敗因を探る〜

単勝1.5倍のアーモンドアイが初馬券外にとんだ有馬記念レース回顧!〜なぜアーモンドアイは負けたのか

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

2020中山記念の立ち位置を理解しよう!

2020中山記念の立ち位置を理解しよう! 中山記念の立ち位置と

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑