ジャパンカップで勝つのはチーク装着スワーヴリチャードか?川田ワグネリアンか?天栄レイデオロか?3歳牝馬カレンブーケドールか?〜上位馬診断〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

ジャパンカップで勝つのはチーク装着スワーヴリチャードか?川田ワグネリアンか?天栄レイデオロか?3歳牝馬カレンブーケドールか?〜上位馬診断〜

さて、まずは、お礼から!


50RTありがとう!!!

「印を大公開」するから次回ブログを楽しみに待ってほしいが、本当に感謝!!ありがとう!!

今回は上位馬の診断をするが、なかなか濃い内容にしている。ぜひ馬券の参考にしてほしい。
ではいくぞ!!

スワーヴリチャード

チークピーシズ装着で走る気持ちが整ってきた感じがある。レースでも付けると話していた感じを見ると、良い走りが見られそう。ジャパンカップの歴代勝ち馬を見ても「総合力の高い馬、馬力もある馬場」が合うところを見ても、ここは人気が落ちれば買いかもしれない。

チークピーシズ装着有
チークピーシズ装着無

また、坂路調教に追い切りをシフトしているところもプラスで、東京の長い直線を走るのに坂路調教は合う。タイムも出ているため、体が締まってきていることが分かる。完成期は今回だと思う。

しかし、不安なのは「ポジション」だ。どうしてもポジションがいつも中団から後方になるが、スワーヴリチャードは「速い脚がない」。そのため、ヨーイドンは向かない流れ。前回ブログで書いたように「平均〜スローペース濃厚」なため、それだと、ポジション次第では残念なことになりかねない。

【前回ブログ(ジャパンカップのペース)】→ https://omorokeiba.net/448.html

たぶんだが、キタサンブラックなキセキのようにハナを切って、総合力勝負に持って行ったら「勝てる」と思う。だが、陣営からはそのような言葉はないため、たぶんいつも通り中団で進めるだろう。そうなると微妙なところ。逃げる宣言をしてくれれば分厚く買うのだが、そうでないと、東京の高速馬場のよーいどんはきつい。そこをどう判断するか。

ワグネリアン

2枠2番と良い枠を引いた。前走は「枠に泣いた」形となった。外枠から東京2000mでポジション取りに行くのは厳しかった。前半にあれだけ脚を使っていくと普通は最後の直線で伸びないのだが、ワグネリアンは伸びていた。あの内容を見ると距離が伸びた方がこの馬には向くと思った。しかも、ゴール後にはさらに脚を伸ばして余裕な様子だった(パトロール映像で確認してほしい)。
ちなみに、話が逸れるが今回のジャパンカップは「ディープインパクト追悼競走」という名目だ。他にもディープ産駒の馬はいるが、この馬も該当。
さて話は戻るが、ワグネリアンは気性は多少テンションは高いし、輸送もあってパドックなどはうるさいと思うが、レースが始まって逃げ馬の後ろにピタッとつけたら大丈夫だろう。
川田騎手乗り替わりは大丈夫だと思う。むしろ、最近だと乗り味はヴェロックに感覚が似ていると思う。
個人的には「ラブリーデイ」のような雰囲気なのがワグネリアンと感じるところもあるが。

まあ、どっちにしても堅実に走りそうな感じがある。
陣営も前目のポジションで勝負すると話していることから、やはり好勝負だろう。

レイデオロ

今回陣営が最近で1番調子が良いと太鼓判している。ノーザンファーム天栄で調整されてここメイチにしてきた。しかし、判断難しいのは、この馬は中団後方からの競馬をすること。ポジションが悪いと勝ちきれない可能性がある。そこをどう克服してくるのか。
また、気性が問題で、なかなか本気で走れていない。これがどう改善するのか。
前走は、反応どころで反応が鈍い。3コーナーから捲りの中で思うように進まない様子が見られた。古馬になって年齢を重ねていく中でズブくなってきている面もあるのだろう。良いポジションで進められないところもそうだと思う。

状態面が良いのは確かだし、陣営が勝ちに来ているのも分かるが、いかんせん判断が難しい。
もちろんこの馬は東京コースは合う。輸送がないのもテンション的には1番良い。買うなら関東圏のレースなだけに今回悩ましい存在。

カレンブーケドール

1枠1番と最高の枠を引いた。しかし、追走は良いが、先週の東京コースの勝ち馬はほぼ真ん中から外の馬場を走った馬が多いことを見ると、インベタで回ると最後の直線で脚が鈍る可能性がある。ここは津村騎手がどう乗るかで順位がいかようにも変わりそうだ。1番理想はインベタの前の方のポジションで脚を溜めて直線は真ん中に持ち出して脚を伸ばすパターン。これなら馬券内にくるだろう。
しかし、1コーナーから外の牡馬たちにゴリゴリに押されてポジション悪くなるときつい。
また、大丈夫かもしれないが、この馬だけ牝馬。気持ち的におどおどしないか心配。ここ最近は牝馬戦しか走ってないため、久しぶりの牡馬目にしておどおどしないかちょいと気がかり。
輸送がないのはプラス。オークスも外を回っていたにも関わらず余裕で走っていたし、ラヴズオンリーユーがきても粘っていたし、あれは乗り方次第でオークス馬になれた証。能力は高いため、かつ斤量の恩恵を受けて好勝負だろう。

ユーキャンスマイル

前走の上がりは凄かった。あのメンバーであの末脚は見事。もともも左回りは得意というか適性があるため走るが、右手前の方が強いのだと思う。右周りが弱いというのは、直線の左手前が弱いもしくは手前が変えられないのどっちかが原因にあることが多いが、この馬は「手前替え」不安だ。(ちなみにミスターメロディも右周りだと「手前替え」が上手くできない。今回出ないメンバーだから要らない情報かもしれないが思いついたから買いておく笑)

まあ、今回は得意の左回りだから良い感じに走っえきそうだが、なにせ個人的に一番不安なのは「レースの位置取り」だ。この馬は馬群の中で競馬をするタイプではなく、「後方一気」しかほぼやってない。だが、高速馬場の東京コースで後方一気は厳しいはず。ある程度のポジションは必須。ゆえに良い脚で追い込んでくるだろうが、勝ち切れるかは微妙と思う。

シュヴァルグラン

残り2戦で引退予定。この馬は正直ピークが終わったと個人的に思っている。ピークはやはりこの馬がジャパンカップを勝った時。あの時が一番成長のピークだろう。完成期を経て下降線なのは否めないだろう。しかし、能力は高いので、相手なりに堅実に走っては来ると思うが。ボウマンなら悩ましい存在だが、スミヨンのため、やや評価を下げる。この馬は調教が動かないため、いくら追い切りにスミヨンが跨っても、レースに乗らないと感覚が掴めないはず。あって3着あたりではないか。

ムイトオブリガード

調教がべらぼうに動く馬。だが、今回は馬が出来上がっているためか、この馬にとっては優しい微調整の中間というところ。ルメールが上手く乗って良いところまでくるかもしれないが、勝ちきれないのではないか。そして、戦ってきた相手がやはり弱い。今回メンバーレベルが上がってどこまでというところ。

ルックトゥワイス

この馬は戦ってきた馬が弱いということが1番。東京左回りは抜群に合いそうなので、デットーリが上手く乗って良いところまではきそうだが、それでも今回のメンバーを倒せるかというと厳しいのかなと。前走もブログで中間調整が微妙だし、怪我があって回復の経過を見る中での競馬とお伝えした通り。そのため、不安視したが、その通りの結果で4着に敗れている。前走のゴール直前の伸びはとても良く見えて回復傾向なのは分かったが、それでもなんとも買いにくい。これで持ってきたらデットーリの腕前がすごいということ。

エタリオウ

今回は以前使用したことのある「深い」ブリンカーを装着予定とのこと。これにより、集中力が増していく可能性は高いが、それでも気性難が出やすいことには変わりないと思う。能力はかなり高いが、気性が難しい馬なので、積極的に買いにくいというのが本音。しかも、横山典ちゃんだ。この馬こそ外人ジョッキーが絶対的に合うはずなのに典ちゃん。笑
たぶん陣営も一か八かの気性だからゆえに、結果も最近出ていないしということで、多少諦めも入っているというか、見切りをつけているかもしれない。
能力は高いので、なにかのきっかけで爆発的に覚醒することもあるが、それが今回かと言われるとちがうかなと。今回間違ってきたら、そのときはその時と割り切ろうと思う。

と、ここまで。
他の馬は書かない。笑

色々と察してくれ。笑

ということで、上位馬を見てきたが、「不安材料の少ない馬」を買うのがベターだろう。というかその馬が本命軸馬となる。


よく、「買い材料が多い」という表現をする予想が家は多いが、それは大きく勝つ場合と大きく負ける場合とが出やすい言葉だと思う。


個人的には「不安材料が少ない」の方が「馬券で負けない」戦いができると思っている。


他のスポーツでも、不安材料が見当たらないチームは強い場合が多いが、買い材料が多いチームが勝つ可能性は高くはないと思う。

なぜなら、買い材料がいくら多くても、少ない不安材料に足元をすくわれる可能性が存在するから。


投資やギャンブルはいかに「負けない」かが大事。もちろん、勝つだけなら、「勝ち逃げ」が最強だが、それは1発のみで、継続して馬券を今後も買っていくという長い目で見た時には「負けない」ための予想をしていくことが欠かせないと思う。


今回のジャパンカップも「不安材料」について色々と述べてきたが、逆説的だが「負けない」可能性の高い馬を選択した方が良いと思う。その方が、短期的には負けても、長期的には「勝てる」と思う。

昨年の結果は回収率172%。年間に100万円以上注ぎ込んでいるから、それだけでも72万円以上のプラス収益が出ている。


ちなみに、秋のG1は6戦5勝と絶好調!!大幅プラスとなっている。今年もほぼほぼ負けないと思う。


ということで、最後はなんだか、話が変な方向にいった気もするが、自論なのでスルーしてもらって構わない。

まずは、明日朝頃までには「印大公開ブログ」をアップしようと思う。お楽しみに(^^)!

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

2020京成杯を過去傾向から予想!馬券のカギは適性とアレだ!

2020京成杯を過去傾向から予想!馬券のカギは適性とアレだ! 京成杯のペース 昨年はス

記事を読む

【2020天皇賞春過去3年分析・考察】

【2020天皇賞春過去3年分析・考察】 今回は『天皇賞春』だ!!今年をもって、京都競馬場が改

記事を読む

混戦エリザベス女王杯で輝くのはクロノジェネシスか?それともスミヨン騎乗ラッキーライラックか?休み明けラヴズオンリーユーか?〜上位馬診断〜

今回は上位馬をしっかり判断していこうと思う。では行くぞ! クロノジェネシス 春

記事を読む

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか? インティ 自己ベ

記事を読む

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か?

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か? 東京新聞杯は、昨年このレースを勝ったインデ

記事を読む

エリザベス女王杯大的中レース回顧!!〜ラッキーライラックの勝因は?スカーレットカラーなぜ負けた?◎本命馬ラヴズオンリーユーはなぜ3着止まり?〜

エリザベス女王杯大的中レース回顧!!〜ラッキーライラックの勝因は?スカーレットカラーなぜ負けた?◎

記事を読む

阪神JFは人気決着しない?リア差し切れる?ウーマンズはイン突き?クラヴァの力は?伏兵はあの馬?〜レース本番想定してみた〜

阪神JFは人気決着しない?リア差し切れる?ウーマンズはイン突き?クラヴァの力は?伏兵はあの馬?〜レ

記事を読む

2020 天皇賞春予想と◎◯等の印・買い目公開!!

2020 天皇賞春予想と◎◯等の印・買い目公開‼️ 今回

記事を読む

エリザベスは府中牝馬1着スカーレットカラーが狙える激アツ情報!!〜なぜ天皇賞秋を選択しなかった?馬主は誰だ?〜

今回は後半に激アツ情報を載せておいたから要チェックしてほしい!! まぁ、知ってる人は

記事を読む

2020東海ステークス展開予想!ハナは誰?

2020東海ステークス展開予想!ハナは誰? 今回の東海ステークスは、「京都コース」。

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

優駿牝馬オークスの予想公開!!◎本命馬と高配当呼び込む激走穴馬!

優駿牝馬オークスの自信の予想公開!! 詳しくは以下を見

2020優駿牝馬オークス的中の鍵は位置取り❗️〜今年は上位馬崩れの可能性あり❗️その理由とは⁉️〜

2020優駿牝馬オークス的中の鍵は位置取り❗þ

2020 NHKマイルの予想と見解・買い目公開‼️穴馬高配当アリ‼️

2020 NHKマイルの予想と見解・買い目公開‼&#x

2020 天皇賞春予想と◎◯等の印・買い目公開!!

2020 天皇賞春予想と◎◯等の印・買い目公開‼

【2020天皇賞春過去3年分析・考察】

【2020天皇賞春過去3年分析・考察】 今回は『天皇賞春』だ!

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑