チャンピオンズカップで優勝するのは武豊インティか?〜JRA忖度か!?メイショウワザシ抽選外&絶好内枠でウハウハ!単騎逃げ濃厚な一戦で平均〜スローペース想定で展開向く〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

チャンピオンズカップで優勝するのは武豊インティか?〜JRA忖度か!?メイショウワザシ抽選外&絶好内枠でウハウハ!単騎逃げ濃厚な一戦で平均〜スローペース想定で展開向く〜

頭カチワレルほどの頭痛で寝込む数日


まず、ここ数日の発熱により全然競馬を見る、触れる時間が取れなく、ハンマーで叩かれ続けるようなものすごい頭痛に襲われ、ただただ頭が割れそうになって寝込んでいた数日。

先週はジャパンカップ完全的中!した喜びもつかの間、体がだるいと予想できないので結局ダブルで辛い。


ジャパンカップ大的中し、これで秋のG1は7戦6勝!!


ということで、体を温め、野菜鍋で温め、寝るで治した!


ということで、チャンピオンズカップのインティについて早速見ていく。

中京名物スパイラルカーブ

まず、最低限押さえておかないといけない必要不可欠ポイント!中京コース!


中京ダート1800mのコースだが、左周りの「スパイラルカーブ」だ。


これがまた厄介で、京都芝外回りコースみたいに直線にかけてのカーブは下り坂で加速していく。


その勢いのままに直線へレッツゴーなわけだが、スパイラルカーブは最初の入りのカーブが緩やかにフワーッと入る。

で、直線に近づくと急に鋭角になるという感じ。


なので、外にいる馬は自然と外へ外へと膨らむことになる。


そのため、内側インコースが空きやすく、去年のウェスタールンドのような驚きのシンガリからのイン突きズドンも決まることがあるコース。


まぁ、基本的にペースによるが、ハイペースになりそうなときは後方待機組からの末脚一気に要注意という感じの中京コース。

JRAの意図か?メイショウワザシ除外の余波


で、今回はなんとJRAさんの意図的な抽選?により「逃げ馬のメイショウワザシ」が除外という結果。


これにより、逃げる馬は「インティ」のみの想定となる。


しかも、インティは「逃げ馬には絶好の内枠」。


これはキタサンブラックの時の再来か?と思わせるくらい個人的に笑ってしまったが、インティ陣営としてはJRAに貢ぎ物を送らないといけないくらいアシストしてもらってることになる。


そして、インティという馬は「すっかけられるとムキになり、この野郎ー!!負けへん!!抜かせん!!」と気性の脆い馬。


だから、同型の「逃げる馬がいない」というのはものすごいラッキーすぎること。


たぶん、メンバー見てもワイドファラオもふわっと出そうだが、まあ、何がなんでもハナへ!ではない様子。

陣営も「内に速い馬(※インティのこと)がいるから、それを見ながら行けますね(※インティの横顔、そして最初のカーブではインティのお尻を見ながら折り合って行けますね)。」とコメントしている。※は独断の解釈だから絶対じゃないよ?笑

でも、まあたぶんワイドファラオはこの感じは逃げない。あっても番手。


だから、今回は体内時計はピカイチ武豊騎乗かつ陣営が「前走の負けの原因は斤量でもスミヨンアタック(不利)でも、デキの悪さでもない。川田が逃げなかったことだ!!」というコメントをしているため、「今回は逃げてもらう」と話している。


このことから、「インティの単騎逃げ」濃厚と想定。

過去3年間のペース

ちなみに、過去3年間のペースは60〜62秒程度。ハイペースから平均ペースが普通だ。
今回は単騎逃げだから、たぶん「平均ペース」で流れると思う。
そうなると強いのが「インティ」だろう。
走破時計も持っており、チャンピオンズカップの過去3年間の走破時計全て1.50.1というピタリな時計にも対応可能。

インティの不安点

不安点としては、「捲りが得意な馬に早めに捲りに来られること」。


だが、中京コースは直線が410mほどとまあまあ長い。しかも坂がある。スタミナがいる。だから、色気のある馬に乗るジョッキーは「仕掛けできるだけ遅らせたい」という心理が出やすい。


もし、これが函館ダートだと256mしかないため、「早めの捲りをしなければ!」という心理になると思う。

だが、舞台は中京。序盤からの捲りはハマりにくい。


ということで、今回のメンバーで捲りの馬がクリソライト含め何頭かいるが、まあそこまでガッツリ武豊を倒しにはこないのではないかと。


2月のフェブラリーステークスのように、みんな忖度して、武豊の単騎逃げが再度行われる可能性がとても高くなった。

メンバーの力差ハッキリしてる


ちなみに、相手メンバーは強豪揃いに見えるが、私の中でのジャッジはもう済んでいて、ハッキリ言って明確な差があると見てる。


だから、「◎と◯はどっちが上だ?」という悩みはあるが、インティとそのもう一頭は決定済。相手は3〜4頭だけで馬券は獲れそうだろう。


3連複なら3〜4点。3連単なら2頭軸マルチで18〜24点。


まあ、個人的にはオッズ見て回収率重視で馬券を組むことになるだろう。


先週もジャパンカップ大的中し、これで秋のG1は7戦6勝!!

【ジャパンカップ大的中ブログ!!どうぞ^_^】→https://omorokeiba.net/461.html

勝率85.7%と驚異的な数字を残している!

【Twitterでブログ更新や重要情報を発信中】→ https://twitter.com/happyomorolife→もしよければフォローよろしくお願いします。

今回は展開の鍵を握るインティについて書かせてもらったが、次回は上位馬について取り上げていこうと思う!


Twitterやってる方はぜひ「RT」よろしくお願いします!


「50RT」越えたら、チャンピオンズカップの印を大公開します!


では。

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

マイルチャンピオンシップの本命馬大公開!!どっちのダノンだ?アーモンドアイ不在のメンバーならここは役者が違う!

マイルチャンピオンシップの本命馬大公開!!どっちのダノンだ?アーモンドアイ不在のメンバーならここは

記事を読む

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か?

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か? 東京新聞杯は、昨年このレースを勝ったインデ

記事を読む

混戦エリザベス女王杯で輝くのはクロノジェネシスか?それともスミヨン騎乗ラッキーライラックか?休み明けラヴズオンリーユーか?〜上位馬診断〜

今回は上位馬をしっかり判断していこうと思う。では行くぞ! クロノジェネシス 春

記事を読む

ジャパンカップを制するのはどの馬だ?ワグネリアンやレイデオロは?スワーヴリチャードやシュヴァルグランは適性あるか?〜過去5年のペースから勝ち馬を読み解く〜

ジャパンカップを制するのはどの馬だ?ワグネリアンやレイデオロは?スワーヴリチャードやシュヴァルグラ

記事を読む

マイルチャンピオンシップ大的中レース回顧〜なぜインディチャンプ勝てた?なぜダノンプレミアム2着?なぜペルシアンナイト3着?なぜアルアイン大敗?〜

マイルチャンピオンシップ大的中レース回顧〜なぜインディチャンプ勝てた?なぜダノンプレミアム2着?な

記事を読む

ジャパンカップで勝つのはチーク装着スワーヴリチャードか?川田ワグネリアンか?天栄レイデオロか?3歳牝馬カレンブーケドールか?〜上位馬診断〜

ジャパンカップで勝つのはチーク装着スワーヴリチャードか?川田ワグネリアンか?天栄レイデオロか?3歳

記事を読む

ホープフルステークスの印大公開!良血オーソリティが暴れる!?印馬評価解説!

ホープフルステークスの印大公開❗️良血オーソリティが暴れる!?印馬評価

記事を読む

阪神ジュベナイルフィリーズ的中回顧!!なぜリアアメリア負けた?なぜクラヴァシュドール3着?レシステンシア優勝の秘密!

阪神ジュベナイルフィリーズ的中回顧!!なぜリアアメリア負けた?なぜクラヴァシュドール3着?レシステ

記事を読む

2020日経新春杯の過去ペースから傾向予想!

2020日経新春杯の過去ペースから傾向予想! 日経新春杯のペース予想 結論から言うと、

記事を読む

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディ

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は?

2020大阪杯出走の有力馬の中間の状態は? 先週の高松宮記念は

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの馬しかいない!!

2020高松宮記念は不良馬場で荒れる可能性あり!混戦を制するのはこの

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020高松宮記念で好走する馬は内枠に集中する?リピーターレース?

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!!

2020チューリップ賞は賞金を見れば的中できる!! は

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウインブライト?自己ベストのインディか?

2020中山記念を勝ちにきてるのはどの馬だ?ダノンキングリーかウイン

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑