チャンピオンズCの印大公開!!〜勝つのはG1実績充分のゴールドドリームか?単騎逃げ武豊インティか?本格化チュウワウィザードか?3歳怪物クリソベリルか?インスタ事件のデットーリ騎乗オメガか?〜

いつも御礼のポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

チャンピオンズCの印大公開!!〜勝つのはG1実績充分のゴールドドリームか?単騎逃げ武豊インティか?本格化チュウワウィザードか?3歳怪物クリソベリルか?インスタ事件のデットーリ騎乗オメガか?〜


さあチャンピオンズCも近づいてきた!!

前回までのブログ記事も合わせて読んで理解を深めてほしい。

【チャンピオンズCのペースを握るインティ武豊】→ https://omorokeiba.net/466.html


【チャンピオンズCの上位馬診断】→ https://omorokeiba.net/469.html

では行くぞ!!


チャンピオンズCの◎本命馬大公開!


◎本命馬ゴールドドリーム


最後までインティと迷ったが、1番不安材料のないゴールドドリームを◎本命馬とした。


成績見ても安定感が半端ないが、その理由は、「左右周りどちらも対応可」・「ハイペースもスローペースも対応可」・「小回り外回りどちらも可」・「実力抜群」・「気性◯」・「手前替えスムーズ」・「どのポジションからも差せる末脚」・「最高のエスコート役に日本リーディングのルメール」・「前走よりも抜群の状態デキ」・「中京◯」など、何て言えばいいのか困るが、もう「隙がないというか、弱点がない馬」それがゴールドドリーム


だから、ここまでの成績を残せてると思う。今回もそう崩れはしないだろう。

安定感半端ない


中間の状態も非常に良かった。一週前追い切りでは、ルメールが騎乗し確認作業。時計も良かったが、動きが非常に良かった!!


G1馬ケイアイノーテックが必死に手綱を動かして追っているにも関わらず、ゴールドドリーム騎乗のルメールは手綱を全く動かさなくともスーッと進んで先着。

抜群の反応ゴールドドリーム


もう文句ない動き。

仕上がったというしかない。

前走の南部杯のときは、怪我明けというのもあり、全然中身が出来上がってなかったが、今回はまるで違う。ここを獲りにきてる感じがする。


唯一不安なのは、「スミヨンからのいじめに近い不利」だ。

スミヨンは妨害させたら右に出るものはいないくらいに妨害が上手すぎる。だから、天皇賞秋のアーモンドアイ封じのときのようなことが起きるとやばい。

詳しくはこちらの過去記事を見てほしい。


【スミヨンのアーモンドアイ潰しに掛かる事件】 https://omorokeiba.net/358.html

だが、ラッキーなことに、スミヨン騎乗のウェスタールンドはゴールドドリームよりも内枠に入った。


そのため、まだましだが、何せウェスタールンドは後方待機からの捲り一気の馬。


もし、後方からゴールドドリームを外から被せて潰しないかないとも限らない。


それだけが怖いが、あとは不安材料がない。そのため、◎本命馬はゴールドドリームとする。

◯対抗インティ


結局、迷って迷って◯対抗にしたインティ。


◎本命馬としようかとも考えていたが、何せ前走までの不甲斐ない結果の影響が出ないとも限らないため、いろんな不安材料を考えたらやはりゴールドドリームよりは評価を下げざるを得ない。


しかし、前回ブログまででお伝えした通り、「展開向く」・「単騎逃げ」・「逃げのミスター武豊」・中京◯」・「持ちタイム◯」・「フェブラリー勝ちでゴールドドリームも倒した実力の持ち主」・「絶好枠」・「陣営の逃げ宣言」と今回買える材料は揃っている。


前走の大敗を不安視する人がいるが、前走は同型の逃げ馬の存在でムキになって操縦不能となり、掛かりっぱなしでスタミナ無くなり、最終コーナー行くぞ!!ってタイミングで内側から、スミヨン騎乗のウェスタールンドが強引に斜交し、手綱を引いた川田さん終了となった。


そのままインティが急激に下がっていき、シンガリらへんの馬がインティの後ろ脚につまずいて落馬というオチとなった。


しかも、59キロの斤量背負っていたのもある。今回は57キロと2キロも軽くなる。


武豊が「掛からずに」なだめながら1コーナーを通過させられれば、勝機は見えてくると思う。


逆に、近走のように微妙な感じの入りをしてしまうと、後続馬に突かれて、インティの「気性✖︎」がモロに出て終わる可能性もある。


だが、今回は武豊が「良い形で逃げてくれる」と信じてインティを◯対抗とした。


頼むぞ武豊!全てはあなた次第!!

★チュウワウィザード


3番手評価のチュウワウィザード。

理由は「安定した成績を残せる真面目な気性」と「本格化」だ。


生まれて馬、馬券内を外したことがないといういぶし銀な活躍をし続けている。


それも、「真面目に走る気性」が1番の理由。もちろん能力も高いのだが、3歳までは緩い体であったが、ここにきて馬体が締まってきて、本格化してきた。それにより、前走のJBCクラシックではオメガパフュームを倒してのG1優勝となった。


本格化した今、チュウワウィザードは1月の東海ステークスでインティに2馬身差で敗れているが、良い勝負となるはず。そのインティは2月のフェブラリーステークスで優勝したのだから、それくらいの実力があるという証拠。


ここは好勝負できるだろう。


この馬はどこのポジションからでもレースができる対応力があり、なんというか走るセンスを感じさせる馬。


器用なのは言うまでもないが、よく小学校とかでクラスに1人はいるセンスあって何でもそつなく出来ちゃうタイプのような存在なのがチュウワウィザード。


だから、おそらくどんなペースでもどんな位置でもどんな相手関係でもそれなりに走れてしまうチュウワウィザード。


もちろん、勝ち切れるかというと、それはその時々によるが、好走はしてくるであろうと。
本格化した今、ここは買い。

▲クリソベリル


4番手評価。オメガパフュームの位置まで評価を下げようかとも考えたが、川田騎手が「チュウワウィザードでもインティでもなく」、「クリソベリルを選んだ」という事実により4番手評価に。


この馬は確かに3歳の中ではズバ抜けて強い。それは誰もが認めるところ。

問題は「古馬一線級とどうか?」というところ。


私はやはり「強調材料が少ない」と思う。


斤量55キロは魅力だが、いかんせん戦ってきた相手が弱い。


前走で倒したロンドンタウンやノンコノユメ程度では何の比較にもならないだろう。


タイムの裏付けがないのも心配ではある。

G1の速い流れに付いていけるのかどうか?

中京のスパイラルカーブで捲りが通用するのかどうか?

クリソベリルは過去レースはほぼ捲りの競馬で勝ってきている。

そのため、今回も捲りをしてくるだろうが、直線400メートルもある中京コースで捲りをする場合、何メートル前から捲りをするのだろうか?と。

600メートル前から捲りをする場合、直線の急坂があるため、追走だけでも速いG1の流れをした上でスタミナは持つのか?ということ。


なかなかに疑問点というか、不安点が私の頭の中をぐるぐるしており、結果として4番手評価。
昨年勝ったルヴァンスレーヴは南部杯でゴールドドリーム相手に勝ったという結果があったから、「チャンピオンズカップも勝負になる」という理論は分かる。


だが、クリソベリルは「未知数すぎる」。もちろんクリソベリルが本物の怪物で古馬を倒して優勝する可能性もあるとは思うが、本当にできるのかというと、個人的には現段階では難しいというジャッジ。


中京コースも初めてだし、ここは様子見の4番手評価。

△オメガパフューム


5番手評価。前走のJBCクラシックは2着。デムーロが勝ったアピールしてたが、あれは残念な感じになってたな笑


左周り問題なんだけど、安田調教師は「大丈夫!問題ない!」と話しているが、本当にそうだろうか?と。


左周りだと、明らかにコーナーワークがスムーズじゃないだろう。

なんていうか、結果にも現れているが、左周りは苦手なんだと思う。

人間もそうだけど、コーナーワーク走るのが上手くて速い人もいれば、コーナーワークは苦手だけど直線は速いぞみたいな人いるよね。


オメガパフュームは明らかに右回り好きな馬。買うなら右回り。


前走で左周り克服とかいう話もあるけど、前走は捲りをしただけで、それまでは道中後方待機組だったことからも分かるように、「(得意ではない。苦手克服はしつつあるけども)大丈夫」という感じで安田調教師はコメントしたのだと思う。


だから、今回も後方からの捲りをするはず。もしくは、直線一気。


だが、インティの単騎逃げの平均〜スローペースのラップの中において、後方から一気は厳しすぎる。


つまり、今回のレースは完全に「前有利」となる。そのため、早めにポジション確保するため「捲り」をする馬が目立つと思う。


後はスタミナ勝負だろう。捲りはよほどスタミナに自信がないと中京コースでは終いがバタバタしてしまう。


どの地点から捲りをするか?が勝負の分かれ目となるだろう。騎手の腕の見せ所。


騎手といえば、オメガパフュームにはデットーリが騎乗する。

しかし、デットーリはインスタ更新をしてJRAからお咎めを受けることになるだろう。気持ち的にもナーバスなはず。


土曜日のギベオンも、調教で「完璧」と話していたのに、詰まって出れず終了という悲しいパターンだった。


デットーリが明日巻き返すのかどうかは気になるが、それ以上に気になるのが、
「デットーリは中京初」しかも「チャンピオンズカップまでダートは一度も騎乗なし」というブッツケ本番競馬でのG1。


これは酷でしかない。

本当に陣営が勝たせたければ、午前中にでも1度ダート馬用意して馬場見せさせてあげれば良いのにと思う。


これでオメガパフュームが優勝したら完全に「デットーリの腕ヤバすぎ!!神!!」ってなるが、その可能性は低いと見る。

ということで、チャンピオンズカップの印を大公開したが、結果が楽しみでしょうがない。


あくまで馬券の参考程度にしてほしい。


GOOD LUCK!!

いつも御礼ポチっとありがとうございます!
競馬コラムランキング

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

関連記事

12月21・22日のレースから次走狙える穴馬4頭!!

12月21・22日のレースから次走狙える穴馬4頭!! さて、今回は先週の中山と阪神の全レース

記事を読む

朝日杯FSはハイペースか?過去5年と今年のメンバー構成から見えてくるものは?大出世レースを制するのはどんな馬だ?

朝日杯FSはハイペースか?過去5年と今年のメンバー構成から見えてくるものは?大出世レースを制するの

記事を読む

2019年秋のG1予想結果振り返り〜163.8%の回収率〜

2019年秋のG1予想結果振り返り〜163.8%の回収率〜 今回は2019年の秋のG1の予想

記事を読む

朝日杯FSの上位馬診断!〜ビアンフェの作るハイペース適性があるのはどの馬だ?サリオスやタイセイビジョンは?危険な人気馬も紹介!!〜

朝日杯FSの上位馬診断!〜ビアンフェの作るハイペース適性があるのはどの馬だ?サリオスやタイセイビジ

記事を読む

阪神ジュベナイルフィリーズ的中回顧!!なぜリアアメリア負けた?なぜクラヴァシュドール3着?レシステンシア優勝の秘密!

阪神ジュベナイルフィリーズ的中回顧!!なぜリアアメリア負けた?なぜクラヴァシュドール3着?レシステ

記事を読む

2020東海ステークス展開予想!ハナは誰?

2020東海ステークス展開予想!ハナは誰? 今回の東海ステークスは、「京都コース」。

記事を読む

阪神ジュベナイルフィリーズの◎◯印大公開!!〜リアアメリア勝つ?クラヴァシュは?中内田厩舎が鍵を握る!!〜

阪神ジュベナイルフィリーズの◎◯印大公開!!〜リアアメリア勝つ?クラヴァシュは?中内田厩舎が鍵を握

記事を読む

混戦エリザベス女王杯で輝くのはクロノジェネシスか?それともスミヨン騎乗ラッキーライラックか?休み明けラヴズオンリーユーか?〜上位馬診断〜

今回は上位馬をしっかり判断していこうと思う。では行くぞ! クロノジェネシス 春

記事を読む

ホープフルステークスのペース予想から適性ある馬を判断!2019はスローペース確定!?スローに強い馬はどの馬だ??

ホープフルステークスのペース予想から適性ある馬を判断!2019はスローペース確定!?スローに強い馬

記事を読む

ジャパンカップは金子オーナーのワグネリアンが好走する!!〜平成を賑わせたディープインパクト&キングカメハメハ追悼に感謝と熱い思いを乗せて〜

ジャパンカップは金子オーナーのワグネリアンが好走する!!〜平成を賑わせたディープインパクト&キング

記事を読む

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020京都記念でクロノジェネシスが好走する?

2020京都記念でクロノジェネシスが好走する? 京都記念にクロ

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か?

2020東京新聞杯は賞金加算必須の2頭が有力か? 東京新聞杯は

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!?

2020きさらぎ賞は賞金的にアルジャンナに逆らえない!? 今回

2020根岸ステークス予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリーデが狙える!?

2020根岸ステークスの予想公開!ワイドファラオとブルベアイアイリー

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

2020東海ステークス予想公開!アイファーイチオー坂井は逃げるのか?

→もっと見る

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑